のはら書店

「萌えなし燃えあり容赦なし」な、ハードSFファンタジーまんがを出版しております。

のはら書店

冊数 1

紙本 0

更新 2016.03.05

ジャンル コミック1

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『戦場のサンタさん。1』

    のはら福著

    のはら福出版発行

    コミック

    2016.03.04

    d本:14㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    216円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    ある時、ある北国。 少年兵の命は銃より軽い。 少女であればなおさら、その運命は過酷をきわめた…。 そんな国で出逢った、戦うサンタさんと少女兵のものがたり。1巻め。 2016年1月のコミティアにて「おはぎ堂」より発行の自費出版誌です。 ※子どもへの軽度の虐待シーンがあります。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    購入

    『戦場のサンタさん。1』

    のはら福著

    のはら福出版発行

    コミック

    -

    ある時、ある北国。
    少年兵の命は銃より軽い。
    少女であればなおさら、その運命は過酷をきわめた…。

    そんな国で出逢った、戦うサンタさんと少女兵のものがたり。1巻め。

    2016年1月のコミティアにて「おはぎ堂」より発行の自費出版誌です。

    ※子どもへの軽度の虐待シーンがあります。

    データ本:216円

のはら福@オレンジおはぎ

ただいま、「萌なし燃えあり容赦なし」な内容の、SFハードファンタジーまんがを描いております。

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • ダブルピースで決めっ!

      バイトしている工場について友達に電話で話しているハジメ君。 ハジメ君がしでかすミスから工場はとんでもない事態に陥るが・・・。その工場が作っているものとは? ハジメ君は本当は何者なのか? そして、そこには衝撃の結末が待っていた。 ※ちょっと読みにくいかもしれません。くだらない感じですし。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • ポップンルージュ

      一方通行ってバックで走ったら逆走になるのかな? ふと浮かんだつまらない疑問を解消すべく警察に行った主人公。 そこで出会った警部の勘違いから、思わぬ事態に。 これはSFなのか? ※くだらないのでご注意ください。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 小さいぞうと小さいりんご

      小さいぞうがおいしいりんごを持ってピクニックに出かけました。ところが勢い余ってりんごを落としてしまいコロコロ転がって深い穴の中へ。さあ大変!どうなるのでしょうか?

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,674円
      購入
    • MAXIMUM ART、無限とともに生きる

      材料と材料を組み合わせひとつの作品として統合するのではなく、それぞれの材料はそれぞれに無限であり続けているので、決して統合はできないあり方について述べた自作論。「無限」という迷宮から脱出するのではなく、その中で暮らすという事を、主にE・レヴィナスの著書『全体性と無限』からは物質としての作品に、如何にして人と対面する時と同じような「顔」を見出せるかどうかというテーマと、福本伸行作『賭博黙示禄カイジ』からはギャンブルにおけるコミュニケーション「通信」をキーワードに引き出し、読み解きながら人間も絶対に統合してはならないというあり方を模索した。長谷川清 著 ………………………… 2014年5月9日更新 2014年5月9日更新 追記:一部(付記と略歴、住所)を修正しました。 2013年10月19日更新 追記:みなさま ご覧いただきありがとうございます。紙本版での本文に改行等がスムーズでない箇所がありましたので文章も含め、一部を修正しました。 よろしくお願い申し上げます。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,988円
      購入
    • 無罪のボクが女体化性裁?

      【あらすじ】 「被告人、清須静雄を、『同害刑』に処す」  それは「同害刑」、あるいは、「同害報復」とも呼ばれた。  内容を一言で言うなら「目には目を、歯には歯を」。  つまり、被害と同一の加害によって報復を行う刑罰のことである。  清須静雄の場合は、「強姦には強姦を」となった。  静雄は裁判中、一貫して無罪を主張していた。  かれは義姉・冬美と関係を持ったが、それは互いに同意を得てのはずだった。  しかし、彼女は一転して強姦を主張し、静雄を刑事裁判に追い込んだ。  静雄には、事実上の極刑である「同害刑」が執行されることとなった。  ナノマシン技術の発達により、性転換はより簡便な技術となった。  静雄は自身の身体を、強引に女体化させられた。  そして、行われる刑の執行――。  凄惨を極める、その内容……。  そして、被害者・冬美の真意が明かされる。 【目次】 プロローグ 第一章 女体化 第二章 輪姦 第三章 同害報復 エピローグ 【登場人物】 ●清洲静雄(20)  強姦事件の犯人として「同害刑」の判決を受けた若者。  しかし、実際は合意の上での行いであり、裁判中は常に無罪を主張していた。  判決後、ナノマシンによって女体化され、同害報復を受ける。 ●駿河冬美(22)  静雄の義姉。静雄の兄と結婚し、同居していた。  静雄とは合意の上で寝たはずが、一転して強姦を主張し、刑事裁判となる。  彼女の真意は、物語の最後で明らかとなる。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入
    • 超びんかん 男の娘アイドル

      2015年4月17日更新 「EPUB設定」にて、目次のチェックを外して再度発行。 ………………………… 二本松パオルは、中学二年生の男の娘。 今日も女装姿でストリーミング配信中、スカイプで男性であることをバラされてしまう。 その男こそ、パオルが憧れていた女装のギタリスト・湊征士郎だった。 「二人で、アイドルをやらないか?」 征士郎はパオルにとんでもない相談をもちかけてくる。 しかも、二人はやがて、相思相愛の恋人となり……?

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入