文学をやっております。

書肆 小熊堂

冊数 28

紙本 1

更新 2017.09.21

ジャンル 文芸25 写真2

このエントリーをはてなブックマークに追加

粛々と、書きあげた小説を公開していきます。

  • FishBowl

    佐藤清春 渾身の長編小説『FishBowl』――完結しました

  • 『FishBowl プロローグ』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.09.11

    d本:34㌻ 新書版

    紙本:48㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    940円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『その中には僕の求めていたものが含まれていた。父さんがどういった人物であったのか? というのと同じように僕が求めていたもの――父さんはどうして死んでしまったのか? に近づけたような気がしたのだ』 売れっ子芸人を父に、男にだらしない女優を母として 生まれた《僕》 のちに彼は 性転換者の陶芸家や、書けない小説家、 若くして才能豊かな劇作家、 父親を航空機事故で亡くした『タネ違い』の妹 などとともに 暮らすようになります―― 『プロローグ』においては、 これからはじまる長い物語を前に 《僕》がこれを書くことになった 幾つかの動機が提示されます。 すべてを読み終えることで理解できる動機もあれば、 よりわかりやすい動機も含まれます。 最もわかりやすいのは―― 『父さんはどうして死んでしまったのか?』ですかね。 それを縦軸にして、また 数多の人々が横軸となり、 物語は進んでいきます。 「じゃあ、それで、どうなるんだ?」に至るまで――です。 ………………………… 2017年9月11日更新 一部改訂 句読点整理 2017年4月4日更新 誤字訂正 句読点整理 2016年10月16日更新 一部訂正 2016年8月17日更新 改頁の訂正

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    940円
    購入

    『FishBowl プロローグ』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『その中には僕の求めていたものが含まれていた。父さんがどういった人物であったのか? というのと同じように僕が求めていたもの――父さんはどうして死んでしまったのか? に近づけたような気がしたのだ』

    売れっ子芸人を父に、男にだらしない女優を母として
    生まれた《僕》

    のちに彼は
    性転換者の陶芸家や、書けない小説家、
    若くして才能豊かな劇作家、
    父親を航空機事故で亡くした『タネ違い』の妹
    などとともに
    暮らすようになります――

    『プロローグ』においては、
    これからはじまる長い物語を前に
    《僕》がこれを書くことになった
    幾つかの動機が提示されます。

    すべてを読み終えることで理解できる動機もあれば、
    よりわかりやすい動機も含まれます。
    最もわかりやすいのは――
    『父さんはどうして死んでしまったのか?』ですかね。

    それを縦軸にして、また
    数多の人々が横軸となり、
    物語は進んでいきます。
    「じゃあ、それで、どうなるんだ?」に至るまで――です。

    …………………………
    2017年9月11日更新
    一部改訂
    句読点整理
    2017年4月4日更新
    誤字訂正
    句読点整理
    2016年10月16日更新
    一部訂正
    2016年8月17日更新
    改頁の訂正

    データ本:無料

    紙本:940円

  • 『FishBowl vol.1』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.09.16

    d本:80㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『1.呪われた名前からの逃走/父さんの芸人化』 第一章は、《僕》を生むことになる二人―― 父親と母親の物語です。 父親はいかにして芸人となったのか? 母親はどのようにして女優になったのか? が語られます。 そして、 その二人はどこかの時点で結びつくことになるわけですが、 それは第二章で語られることになります。 ………………………… 2017年9月16日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.1』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『1.呪われた名前からの逃走/父さんの芸人化』

    第一章は、《僕》を生むことになる二人――
    父親と母親の物語です。

    父親はいかにして芸人となったのか?
    母親はどのようにして女優になったのか?
    が語られます。

    そして、
    その二人はどこかの時点で結びつくことになるわけですが、
    それは第二章で語られることになります。

    …………………………
    2017年9月16日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.2』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.09.21

    d本:78㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『2.誕生と崩壊/「雨を降らす女たち」』 第二章は、《僕》の誕生にまつわる物語と、 彼の経験するはじめの《家族》がいかにして崩壊するかの過程です。 あと、この物語全体に深く関わることになる二人――《真昼ちゃん》と《シゲおじさん》の来歴が書かれています。 『崩壊』後にそれぞれがどうなるかは 第三章で語られます。 ………………………… 2017年9月21日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.2』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『2.誕生と崩壊/「雨を降らす女たち」』

    第二章は、《僕》の誕生にまつわる物語と、
    彼の経験するはじめの《家族》がいかにして崩壊するかの過程です。

    あと、この物語全体に深く関わることになる二人――《真昼ちゃん》と《シゲおじさん》の来歴が書かれています。


    『崩壊』後にそれぞれがどうなるかは
    第三章で語られます。

    …………………………
    2017年9月21日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.3』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2016.10.23

    d本:92㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『3.母さんの結婚と幾つかの死/有機的な結合』 第三章は、母親の失踪後《僕》の両親に起きたことを中心に語られます。 母親の結婚と妹の誕生、父親が表面的には順調に芸人としてのキャリアを積み上げていくこと、それと幾つかの死。 あと、《僕》たちが後に住むことになる場所がいかにしてできあがったかについても語られます。 この章の最後にあらわれる《死》による影響は 第四章で語られます。 ………………………… 2016年10月23日更新 誤字訂正、一部改変

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.3』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『3.母さんの結婚と幾つかの死/有機的な結合』

    第三章は、母親の失踪後《僕》の両親に起きたことを中心に語られます。
    母親の結婚と妹の誕生、父親が表面的には順調に芸人としてのキャリアを積み上げていくこと、それと幾つかの死。

    あと、《僕》たちが後に住むことになる場所がいかにしてできあがったかについても語られます。

    この章の最後にあらわれる《死》による影響は
    第四章で語られます。


    …………………………
    2016年10月23日更新
    誤字訂正、一部改変

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.4』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2016.10.28

    d本:66㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『4.雨の日の暴力/FishBowl/段ボール』 第四章は、前章の最後にあった事件の余波が語られます。 すこし馬鹿げた逃亡劇と、《僕》を含む彼の新たな《家族》がひとつところへ集まる顛末が中心ですね。 しかし、そう簡単に事は進みません。 新たな《家族》が集合するという部分は 第五章で語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.4』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『4.雨の日の暴力/FishBowl/段ボール』

    第四章は、前章の最後にあった事件の余波が語られます。
    すこし馬鹿げた逃亡劇と、《僕》を含む彼の新たな《家族》がひとつところへ集まる顛末が中心ですね。

    しかし、そう簡単に事は進みません。
    新たな《家族》が集合するという部分は
    第五章で語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.5』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2016.11.12

    d本:58㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『5.タイムを散らす/古い本に既に記されていること』 第五章では、FishBowlでの新たな生活についてが語られます。 《僕》と妹との出会い、いわくつきの両親が一緒に暮らすことによってあらわれるマスコミの連中、それにたいする真昼ちゃんの行動、そして、《僕》に友人ができること。 そこに住まうべきすべての人間が(とりあえず)揃うことによって、彼ら《家族》の特異性は際立つことになります。 それによって起こる事件については 第六章で語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.5』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『5.タイムを散らす/古い本に既に記されていること』

    第五章では、FishBowlでの新たな生活についてが語られます。
    《僕》と妹との出会い、いわくつきの両親が一緒に暮らすことによってあらわれるマスコミの連中、それにたいする真昼ちゃんの行動、そして、《僕》に友人ができること。

    そこに住まうべきすべての人間が(とりあえず)揃うことによって、彼ら《家族》の特異性は際立つことになります。
    それによって起こる事件については
    第六章で語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2016.12.01

    d本:96㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『6.新たな飛翔、常に予約されている席/赤いスクーターに乗った放火魔』 第六章では、騒動を起こした父親と母親の復帰、その後に起こる事件についてが語られます。 また、《僕》と妹との関係も、その事件が起こることによって変化していきます。 警察が動くような種類の事件の顛末については 第七章で語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『6.新たな飛翔、常に予約されている席/赤いスクーターに乗った放火魔』

    第六章では、騒動を起こした父親と母親の復帰、その後に起こる事件についてが語られます。
    また、《僕》と妹との関係も、その事件が起こることによって変化していきます。

    警察が動くような種類の事件の顛末については
    第七章で語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.7』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.06.21

    d本:96㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『7.猫の出現/真昼の決闘/弟が生まれるということ』 第七章では、前章よりつづく事件の顛末が語られます。 また、FishBowlに新たな《家族》の一員が加わるのですが、彼の存在はこの後もストーリーに大きな影響をあたえつづけることになります。 章の後半では、さらに新たな《家族》の一員が加わることについての示唆がありますが、それについては 第八章で語られます。 ………………………… 2017年6月21日更新 落丁の修正

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.7』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『7.猫の出現/真昼の決闘/弟が生まれるということ』

    第七章では、前章よりつづく事件の顛末が語られます。
    また、FishBowlに新たな《家族》の一員が加わるのですが、彼の存在はこの後もストーリーに大きな影響をあたえつづけることになります。

    章の後半では、さらに新たな《家族》の一員が加わることについての示唆がありますが、それについては
    第八章で語られます。

    …………………………
    2017年6月21日更新
    落丁の修正

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.8』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    2016.12.29

    d本:86㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『8.こんがらがっていること/蔽われたるもの・隠れたるもの/父さんの独立』 第八章では、新たな《家族》の一員がいかにしてもたらされることになったかが語られます。 また、《僕》にも新たな出会いが用意されています。《僕》がそれを経験することによって物語はまた違った様相を呈していくはずです。 しかし、それについては 第九章で語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.8』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    -

    『8.こんがらがっていること/蔽われたるもの・隠れたるもの/父さんの独立』

    第八章では、新たな《家族》の一員がいかにしてもたらされることになったかが語られます。
    また、《僕》にも新たな出会いが用意されています。《僕》がそれを経験することによって物語はまた違った様相を呈していくはずです。

    しかし、それについては
    第九章で語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.9』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.01.14

    d本:108㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『9.はじめての恋、十本の指/チョコレート騒動』 第9章では、《僕》の初恋についてと、それに絡んで『愛情と性欲』の問題が語られます。怪しげなチョコレートが登場することで、その問題はこんがらがっていきます。 《僕》は混乱したまま突き進んでいくわけになるのですが、その混乱のおおもとにあるものにすこしずつ気づいてもいきます。 しかし、それについては 第十章以降で語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.9』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『9.はじめての恋、十本の指/チョコレート騒動』

    第9章では、《僕》の初恋についてと、それに絡んで『愛情と性欲』の問題が語られます。怪しげなチョコレートが登場することで、その問題はこんがらがっていきます。

    《僕》は混乱したまま突き進んでいくわけになるのですが、その混乱のおおもとにあるものにすこしずつ気づいてもいきます。

    しかし、それについては
    第十章以降で語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.10』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.01.31

    d本:68㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『10.家々の灯り/目に見えるもの、見えないもの』 第10章では、チョコレート騒動のその後が《僕》の初恋と絡めて語られます。 怪しげなチョコレートは《僕》のみならず周囲の人間をも巻きこんで物語のもうひとつのテーマを見え隠れさせます。 最後に謎のようなことを《僕》は言われるのですが、 それにきちんとした意味があたえられるのは 第11章以降になります。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.10』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『10.家々の灯り/目に見えるもの、見えないもの』

    第10章では、チョコレート騒動のその後が《僕》の初恋と絡めて語られます。
    怪しげなチョコレートは《僕》のみならず周囲の人間をも巻きこんで物語のもうひとつのテーマを見え隠れさせます。

    最後に謎のようなことを《僕》は言われるのですが、
    それにきちんとした意味があたえられるのは
    第11章以降になります。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.11』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.02.15

    d本:92㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『11.真新しいマンホール/ひとつ目の芸人の死』 第11章では、《僕》の初恋の顛末が語られます。 また、FishBowlに新しい家族の一員が加わることにもなります。 それによって全体が揺さぶられるようなことが起こり 最期にはちょっとした事件も用意されているのですが、 それの顛末ついては 第12章にて語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.11』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『11.真新しいマンホール/ひとつ目の芸人の死』

    第11章では、《僕》の初恋の顛末が語られます。

    また、FishBowlに新しい家族の一員が加わることにもなります。
    それによって全体が揺さぶられるようなことが起こり
    最期にはちょっとした事件も用意されているのですが、
    それの顛末ついては
    第12章にて語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.12』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.02.28

    d本:82㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『12.Family Affair/見てはならないもの/もうひとつの芸人の死』 第12章では、前章の最後にあらわれた暴力のその後、それと 《僕》にとっての新たな出会いについてが語られます。 《僕》は依然こんがらがったままですが、 その理由は徐々に開示されていきます。 そして、 またもや最後に大きな事件が起こるのですが、 その影響については 第13章にて語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.12』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『12.Family Affair/見てはならないもの/もうひとつの芸人の死』

    第12章では、前章の最後にあらわれた暴力のその後、それと
    《僕》にとっての新たな出会いについてが語られます。

    《僕》は依然こんがらがったままですが、
    その理由は徐々に開示されていきます。
    そして、
    またもや最後に大きな事件が起こるのですが、
    その影響については
    第13章にて語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.13』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.03.14

    d本:80㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『13.無遠慮な風/出来もしない計画/風の音とグノシェンヌ』 第13章では、『もうひとつの芸人の死』について、その顛末が語られます。 そのことはこれまでにないくらい大きな影響を《家族》にあたえ、 《僕》も当然のことにその影響を受けることになります。 こんがらがったままの《僕》には さらなる混乱のもとがもたらされますが、 それが収束されるのは 第14章以降のことになります。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.13』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『13.無遠慮な風/出来もしない計画/風の音とグノシェンヌ』

    第13章では、『もうひとつの芸人の死』について、その顛末が語られます。
    そのことはこれまでにないくらい大きな影響を《家族》にあたえ、
    《僕》も当然のことにその影響を受けることになります。

    こんがらがったままの《僕》には
    さらなる混乱のもとがもたらされますが、
    それが収束されるのは
    第14章以降のことになります。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.14』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.03.31

    d本:102㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『14.真昼の不安/『FishBowl』/最初の警告』 第14章では、まず幾つかの変化についてが語られます。 田中和宏は新たな劇団をつくり、旗挙げ公演をするのですが そのときの反応によってFishBowl全体を巻きこむ画策をします。 また、温佳も新たな活動をはじめ、 それは大きな事件へとつながっていきます。 しかし、 その大きな事件は 15章以降にて語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.14』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『14.真昼の不安/『FishBowl』/最初の警告』

    第14章では、まず幾つかの変化についてが語られます。
    田中和宏は新たな劇団をつくり、旗挙げ公演をするのですが
    そのときの反応によってFishBowl全体を巻きこむ画策をします。
    また、温佳も新たな活動をはじめ、
    それは大きな事件へとつながっていきます。

    しかし、
    その大きな事件は
    15章以降にて語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.15』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.04.14

    d本:94㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『15.二度目の警告/温佳の災難』 第15章では、温佳の新たな活動がどのように発展するか、 そして、それがいかなる破綻を迎えるかが語られます。 また、 井田隆徳は謎の言葉を吐き、 これまでに《僕》が見ようとしていなかったものを言いあてます。 この章の最後に 「大きな事件」が持ちあがるのですが、 それの決着は 16章にて語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.15』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『15.二度目の警告/温佳の災難』

    第15章では、温佳の新たな活動がどのように発展するか、
    そして、それがいかなる破綻を迎えるかが語られます。
    また、
    井田隆徳は謎の言葉を吐き、
    これまでに《僕》が見ようとしていなかったものを言いあてます。

    この章の最後に
    「大きな事件」が持ちあがるのですが、
    それの決着は
    16章にて語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.16』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.04.28

    d本:84㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『16.意味あるものとして残るもの』 第16章では、前章からつづく「大きな事件」の顛末が語られます。 これによって、《僕》の抱えてきたひとつのテーマはひとまずの完結を迎えます。 それによってなにかが解決するわけではないにせよ、です。 それ以外の完結されていないテーマについては あらかた 17章にて語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.16』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『16.意味あるものとして残るもの』

    第16章では、前章からつづく「大きな事件」の顛末が語られます。
    これによって、《僕》の抱えてきたひとつのテーマはひとまずの完結を迎えます。
    それによってなにかが解決するわけではないにせよ、です。

    それ以外の完結されていないテーマについては
    あらかた
    17章にて語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.17』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.05.19

    d本:110㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『17.いつも遅れてやってくるもの/太陽の十字架』 第17章は、エピローグ風に物語が進められます。 この話のひとつの縦糸である『父親の死』について描きながら 『もうひとつの死』についてが語られます。 その『もうひとつの死』は 《僕》に決定的な影響を残すことにもなります。 そして、 『父親の死』にも謎めいた影響を及ぼしたのかもしれません。 次の章は、 挿入章であり そこでは『父親の死』に関するエピソードが語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.17』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『17.いつも遅れてやってくるもの/太陽の十字架』

    第17章は、エピローグ風に物語が進められます。

    この話のひとつの縦糸である『父親の死』について描きながら
    『もうひとつの死』についてが語られます。

    その『もうひとつの死』は
    《僕》に決定的な影響を残すことにもなります。
    そして、
    『父親の死』にも謎めいた影響を及ぼしたのかもしれません。

    次の章は、
    挿入章であり
    そこでは『父親の死』に関するエピソードが語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.17-2』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.05.30

    d本:22㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『A Hard Rain's A-Gonna Fall ――激しい雨が降る』 この章では、『父親の死』についてが語られます。 事実のみを並べるようなかたちで書かれ、 それ以上の意味を持つようなものではありません。 ただ、 最後に《僕》は 『「新しい真実」とでもいうべきもの』を 受けとったように思います。 次は最終章です。 この長い物語も終わりを迎えることになります。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.17-2』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『A Hard Rain's A-Gonna Fall ――激しい雨が降る』

    この章では、『父親の死』についてが語られます。

    事実のみを並べるようなかたちで書かれ、
    それ以上の意味を持つようなものではありません。
    ただ、
    最後に《僕》は
    『「新しい真実」とでもいうべきもの』を
    受けとったように思います。

    次は最終章です。
    この長い物語も終わりを迎えることになります。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.18』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.06.10

    d本:68㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『18.きえた灯り/灯りをともす』 最終章において語られることは、 もう読んで頂くしかありません。 これまでに提示されたことの幾つかは解決され、 また幾つかは放置されたままになっているかもしれません。 ただし、 その判断は書いた者がするよりも 読んだ方によってなされる方がいいのでしょう。 長い物語は終わりました。 ここに書かれた関係を許せるか/許せないかも 読者に委ねたいと思います。 ま、 書いた者としては 当然のことながら許していますよ。 なにしろ 僕は彼らを非常に愛していますから。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.18』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『18.きえた灯り/灯りをともす』

    最終章において語られることは、
    もう読んで頂くしかありません。

    これまでに提示されたことの幾つかは解決され、
    また幾つかは放置されたままになっているかもしれません。

    ただし、
    その判断は書いた者がするよりも
    読んだ方によってなされる方がいいのでしょう。


    長い物語は終わりました。
    ここに書かれた関係を許せるか/許せないかも
    読者に委ねたいと思います。

    ま、
    書いた者としては
    当然のことながら許していますよ。
    なにしろ
    僕は彼らを非常に愛していますから。

    データ本:無料

  • 『見える人』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.07.13

    d本:172㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    《呪われた男》の前にあらわれた、えらく地味な女・篠崎カミラ。 彼女は、いわゆる霊などが『見える人』なわけだが―― 《僕》はこれまでに何度も近づくだけで突然街灯が消えるという経験をしている男。それだけでなく、何故か犬に見つめられるという経験も幾度となくしてきた。ごく最近は女に騙され、お金だけでなく鍋や皿、炊飯器、コーヒーメーカーまでをも持ち逃げされた。 まさに呪われているとしか思えない《僕》 そんな《僕》の前に突如としてあらわれたのは、アゼルバイジャン人絡みのクォーター・篠崎カミラ。彼女は《僕》に「じゅ、重要な、お、お話が、あ、あります」と、どもりつつ伝えてきた。 基本的に『派手目で、メイクもばっちりって感じの、それでいて乗り切れてないような、ちょっと田舎くさく、すこし馬鹿っぽい、背は低く、年は若い』女の子が好み《僕》は、地味すぎる篠崎カミラに苛々させられながらも、自らの運命に立ち向かっていく。 ――という感じの小説です。 若干ホラーで、あとのほぼすべてはアホっぽい物語ですが、この世界の有り様というものを考える、その『きっかけ』くらいにはなるかもしれません。 ------------------------- しばらくのあいだ無料にします。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『見える人』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    《呪われた男》の前にあらわれた、えらく地味な女・篠崎カミラ。
    彼女は、いわゆる霊などが『見える人』なわけだが――


    《僕》はこれまでに何度も近づくだけで突然街灯が消えるという経験をしている男。それだけでなく、何故か犬に見つめられるという経験も幾度となくしてきた。ごく最近は女に騙され、お金だけでなく鍋や皿、炊飯器、コーヒーメーカーまでをも持ち逃げされた。

    まさに呪われているとしか思えない《僕》

    そんな《僕》の前に突如としてあらわれたのは、アゼルバイジャン人絡みのクォーター・篠崎カミラ。彼女は《僕》に「じゅ、重要な、お、お話が、あ、あります」と、どもりつつ伝えてきた。

    基本的に『派手目で、メイクもばっちりって感じの、それでいて乗り切れてないような、ちょっと田舎くさく、すこし馬鹿っぽい、背は低く、年は若い』女の子が好み《僕》は、地味すぎる篠崎カミラに苛々させられながらも、自らの運命に立ち向かっていく。


    ――という感じの小説です。


    若干ホラーで、あとのほぼすべてはアホっぽい物語ですが、この世界の有り様というものを考える、その『きっかけ』くらいにはなるかもしれません。

    -------------------------
    しばらくのあいだ無料にします。

    データ本:無料

  • 『清水ミカ』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.07.07

    d本:86㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『こういうのってよくあること。そして、よくあることは忘れられることでもある』 まあまあ美人の妹と、かなり美人の姉。 清水家の姉妹に結婚話が持ちあがることで起こる、ごく家族的な騒動。 子供の頃から美しい姉にコンプレックスを抱く《清水ミカ》は、 心の中でツッコミをいれつつも、まあまあ良好な姉妹関係を築いてきた。 幾多の苛立ちをおさえつけ、過去のわだかまりをも捨て、姉に接してきた。 その姉妹がともに結婚することになって、 なにかが大きく変わっていく―― ところで、 これは、また、 ハーブティや、エッセンシャルオイル、 フラワーエッセンスなどが出てくる 作者の『自然療法家の端くれ』としての側面を あらわす小説でもあります。 ------------------------- しばらくのあいだ無料にします。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『清水ミカ』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『こういうのってよくあること。そして、よくあることは忘れられることでもある』


    まあまあ美人の妹と、かなり美人の姉。
    清水家の姉妹に結婚話が持ちあがることで起こる、ごく家族的な騒動。


    子供の頃から美しい姉にコンプレックスを抱く《清水ミカ》は、
    心の中でツッコミをいれつつも、まあまあ良好な姉妹関係を築いてきた。
    幾多の苛立ちをおさえつけ、過去のわだかまりをも捨て、姉に接してきた。


    その姉妹がともに結婚することになって、
    なにかが大きく変わっていく――


    ところで、
    これは、また、
    ハーブティや、エッセンシャルオイル、
    フラワーエッセンスなどが出てくる
    作者の『自然療法家の端くれ』としての側面を
    あらわす小説でもあります。

    -------------------------
    しばらくのあいだ無料にします。

    データ本:無料

  • 『髙橋慎二』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.07.09

    d本:126㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    仕事がむちゃくちゃ出来て、 家事もなんでもこなす42歳の独身男・髙橋慎二(税理士)。 彼は『モテるはず』の男なのに、恋をしない。 『もう20年以上も恋やそれに類することとは無縁』な彼が スーパーマーケットの店員に一目惚れをしたところから はじまる、ちょっと恥ずかしい奮闘記――ですかね。 これは、 自分の生活を愛し過ぎていたり、 恋愛から遠ざかり過ぎていたり、 感情を押し殺し過ぎていたりしている方にこそ 読んでいただきたい小説です。 もちろん、そうでない方にも 読んでいただきたいですが。 『腐れ縁』の元・恋人が妙な動きをしますが、 それが彼にどう作用するか――も この小説のポイントだと思っています。 二重のラストシーンには《含み》を持たせたつもりです。 それをどのように読んでいただけるか、 書いた者としては楽しみです。 ------------------------- しばらくのあいだ無料にします。 ………………………… 2016年8月29日更新 誤字訂正 ………………………… 2016年8月15日更新 ・本文一部修正 ・ルビ、傍点修正

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『髙橋慎二』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    仕事がむちゃくちゃ出来て、
    家事もなんでもこなす42歳の独身男・髙橋慎二(税理士)。

    彼は『モテるはず』の男なのに、恋をしない。
    『もう20年以上も恋やそれに類することとは無縁』な彼が
    スーパーマーケットの店員に一目惚れをしたところから
    はじまる、ちょっと恥ずかしい奮闘記――ですかね。


    これは、
    自分の生活を愛し過ぎていたり、
    恋愛から遠ざかり過ぎていたり、
    感情を押し殺し過ぎていたりしている方にこそ
    読んでいただきたい小説です。

    もちろん、そうでない方にも
    読んでいただきたいですが。


    『腐れ縁』の元・恋人が妙な動きをしますが、
    それが彼にどう作用するか――も
    この小説のポイントだと思っています。


    二重のラストシーンには《含み》を持たせたつもりです。
    それをどのように読んでいただけるか、
    書いた者としては楽しみです。
    -------------------------
    しばらくのあいだ無料にします。

    …………………………
    2016年8月29日更新
    誤字訂正
    …………………………
    2016年8月15日更新
    ・本文一部修正
    ・ルビ、傍点修正

    データ本:無料

  • もっと見る

佐藤清春

けっこう、いろんな感じのものを書いております。まあ、だいたいは馬鹿な感じのものが多いですが、深刻っぽいのもあります。順次、こちらで公開していきますね。
↓ブログもご覧ください↓
http://ameblo.jp/kiyoharu-satou/

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 宇宙への招待状、流星群

      宇宙への招待状、流星群

      青井 流星著

      サーチライトブックス発行

      魂が共鳴するコトバは、自分にパワーを与え、身近な人々とも豊かさを分かち合えます。自分の人生を自由に生きる、ありのまま自然に綴った、人々・草花・星々・太古の生き物たちの物語。 お子様にも楽しんで読んでいただけるように、よみがな・ちょっとしたメモ書きを添えてあり、気が利いています。学校の国語の授業でもお使いいただける、朗読に最適な良書。先生も助かります。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      994円
      購入
    • カンボジアの水は澄んでいる

      【人生を前向きに生きていくためのヒントを探す滞在記】 《 カンボジアの価値観を見れば自分の価値観が見えてくる⁈ 》 ========== バーテンダーとして働いていた俺は伸び悩んでいた 「価値」とはなんかのか たくさんの人を幸せに出来るスーパー接客マスターになるためには何が必要なのか? そのヒントを得るための第一歩として、縁もゆかりもない異国の地 カンボジア シェムリアップへとやってきた カンボジアの歴史や文化、人々と触れ合い、そこにある価値観や様々な問題と向き合う中で日々成長していく自分 旅を終えた時、その先に見えた価値観とは⁈ ========== この作品は21つのエピソードと共にシェムリアップの情報や写真なども盛り込んだシェムリアップ旅エッセイです

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      825円
      購入
    • yoron color ~与論島旅写真集~

      鹿児島最南端の島「与論島」 この島には、素朴で温もりのある輝く風景が広がっています この作品はヨロンブルーをはじめ、ビーチや自然などの風景を 独自の視点で切り取った与論島旅写真集です。 「探し求めた色がある。」 キラキラしたヨロン色をぜひ ※この作品の売り上げの一部はヨロン島サンゴ礁基金に寄付させて頂きます

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      1,200円
      購入
    • サイババが帰って来るよPart1

      今頃、どうしてサイババなの?と、訝しがっているあなた。 あのアフロヘアのインド人グルは、とっくにあの世に召されてしまったはずだよね。 神の化身が、死人を生き返らせ、病いを癒し、車椅子で来た人を立ち上がらせ、盲目の人に視力を与えたあの奇跡のグルが、自分の病気を治せずに死んじゃった。と思っているあなた。 手をくるくる回し、トリックまがいに指輪や時計などを出して、目もついでに回してあの世に行っちゃったグル、とおもっているあなた。 ところがどっこい、そのペテングルがペテンじゃないとしたら、どうしますか。 全てが、想定通り、計画通りだとしたらどうしますか。 どうもしない。って。 ところが、どうもするのです。全ての人が、あっと驚くことが、ぎゃーと叫ぶことが、うわーと泣き叫ぶことが、もうすぐ起こるのです。 その時に、皆さんは神や仏はいないのか〜。この世は闇じゃ〜。と皆さんは泣いて、神を求めるでしょう。 その時が来るのを、サイババさんは、待っているのです。 何千年も前に書かれた聖典、ヴィシュヌプラナに神の化身が出現しこの地球を危機から救う、と記されているのです。 コーランを記した預言者モハメッドも、サイババさんの顔や身体の特徴を述べて、彼が千年至福の時代を人類にもたらすとしています。 その、人類の一大危機の時に「わしはここにおるぞ。」と言って世界中の大空にサイババさんが現れるのです。 そして、人類を未曾有の危機から救う事でしょう。しかしサイババさんが、復活して約十年で今度は本当に没します。 その後、サイババさんはマイソールにプレマサイという名前で生まれ、ゴールデンエイジに生き残った人々や、その時代に生まれ変わった人々を導いていく事でしょう。 では、人類に、地球に一体何が襲いかかるというのでしょうか。 私達は、一体どうすればいいのでしょうか。 それを、この本とこの次に出す本で説明していきたいと思っています。 私が指摘するまでもなく新聞を見れば分かるように、異常気象、巨大地震、巨大台風だけではなく、経済面、政治面でもこの地球は危機に瀕しています。 嘘を伝え、人々を洗脳するマスゴミ、学識者、政府、巨大金融資本マフィアなどが暗躍し、一体何が真実で真実で無いのか。さっぱり分からない、分からせない、社会になっています。 その上、人々は悪意ある者たちによって知らず知らず、ワクチン、水、遺伝子操作された食料、鉛の入ったガソリン、強力な電磁波を発する電化製品、レントゲン、や様々な毒を身体に取り入れさせられています。 サイババさんは、世界、宇宙を、そして私達人類を創造された神様です。 手をくるくる回して、ペテン師もどきのグルではありません。 その、神であるサイババさんが、悪の力が極大になった時に、神の力も極大になる。と言われています。 その悪の力が、今年動き始めるでしょう。もうテーパリングが始まりもした。 これが、一つのサインです。経済をやっている人は何の意味かお分かりでしょう。 この本は、警告の本です。 今年が、勝負の年です。だから、私は何も言わずに機が熟すまで、今日のこの日まで待っていたのです。 皆さん。人類は大変な時代を迎えようとしていますが、実はこれはとても良い事なのです。 地球に住んでいる99%の人は、現在、自己中心な生活をしています。他の人が、他の国の人がどうなろうと関心がありません。 しかし、自らが困難な時に遭遇して人は初めて神に目を向けるでしょう。 だから、これから私達が体験するであろう歴史にも残る天変地異は良い事なのです。 もう、この世俗の世でのゲームは終わりにしましょう。金、権力、出世、名声などを追い求める世界は終わりです。 私達が生きているこの世界のシステムは、根底からひっくり返るのです。 今まで、千年以上も世界を金と権力を使って、陰から牛耳って来た悪魔のような者の時代は、終焉を迎えるのです。 そして、私たちがどこから来て、どこへ行くのか、何が人生で一番大事なことなのか、人として生きるということはどう意味があるのか、そういう基本的な問いに全ての人々が向かい合って行くことになるでしょう。 この本が、少しでもその為に役に立つことを願っています。 前書きより

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      875円
      購入
    • Sai's Messages for The Golden Age

      スワミはどこにおられようと私達を、見守っておられます。今、少しの間この世から姿を隠されていますが、近い将来もう一度、サッチャサイババの御姿で戻ってこられるでしょう。その時、大空を駆けてダルシャンを与えてくれるそうです。 また、山脈全体を持ち上げたり、何千もの分身となって同時に世界中で現れられると言っておられます。その時が来れば、世界中の人々がスワミの御教えを求めてやって来るのでしょう。待ちどうしいものですね。それまでに自分がしなければならないことは、スワミの御教えをしっかり身につけ、それを正しく人々に伝えることだと思ってこの御言葉集を編集しました。 この御言葉集は私の家族と友人達の為に、今まで私が親しんで来たスワミの本から抜粋したもので、誰かの夢や瞑想中に伝えられたメッセージは除外し、スワミが直接口頭で、講演や個人に対して話された御言葉の数々を選んで書き出しました。それでは、共にスワミの御教えを学びましょう。そして、少しでも神の化身、サイババの良い道具となり、ゴールデンエイジに向かって働きましょう。この御言葉集をスワミの蓮華の御足に捧げます。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,750円
      購入