文学をやっております。

書肆 小熊堂

冊数 28

紙本 1

更新 2017.09.21

ジャンル 文芸25 写真2

このエントリーをはてなブックマークに追加

粛々と、書きあげた小説を公開していきます。

  • FishBowl

    佐藤清春 渾身の長編小説『FishBowl』――完結しました

  • 『FishBowl プロローグ』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.09.11

    d本:34㌻ 新書版

    紙本:48㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    940円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『その中には僕の求めていたものが含まれていた。父さんがどういった人物であったのか? というのと同じように僕が求めていたもの――父さんはどうして死んでしまったのか? に近づけたような気がしたのだ』 売れっ子芸人を父に、男にだらしない女優を母として 生まれた《僕》 のちに彼は 性転換者の陶芸家や、書けない小説家、 若くして才能豊かな劇作家、 父親を航空機事故で亡くした『タネ違い』の妹 などとともに 暮らすようになります―― 『プロローグ』においては、 これからはじまる長い物語を前に 《僕》がこれを書くことになった 幾つかの動機が提示されます。 すべてを読み終えることで理解できる動機もあれば、 よりわかりやすい動機も含まれます。 最もわかりやすいのは―― 『父さんはどうして死んでしまったのか?』ですかね。 それを縦軸にして、また 数多の人々が横軸となり、 物語は進んでいきます。 「じゃあ、それで、どうなるんだ?」に至るまで――です。 ………………………… 2017年9月11日更新 一部改訂 句読点整理 2017年4月4日更新 誤字訂正 句読点整理 2016年10月16日更新 一部訂正 2016年8月17日更新 改頁の訂正

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    940円
    購入

    『FishBowl プロローグ』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『その中には僕の求めていたものが含まれていた。父さんがどういった人物であったのか? というのと同じように僕が求めていたもの――父さんはどうして死んでしまったのか? に近づけたような気がしたのだ』

    売れっ子芸人を父に、男にだらしない女優を母として
    生まれた《僕》

    のちに彼は
    性転換者の陶芸家や、書けない小説家、
    若くして才能豊かな劇作家、
    父親を航空機事故で亡くした『タネ違い』の妹
    などとともに
    暮らすようになります――

    『プロローグ』においては、
    これからはじまる長い物語を前に
    《僕》がこれを書くことになった
    幾つかの動機が提示されます。

    すべてを読み終えることで理解できる動機もあれば、
    よりわかりやすい動機も含まれます。
    最もわかりやすいのは――
    『父さんはどうして死んでしまったのか?』ですかね。

    それを縦軸にして、また
    数多の人々が横軸となり、
    物語は進んでいきます。
    「じゃあ、それで、どうなるんだ?」に至るまで――です。

    …………………………
    2017年9月11日更新
    一部改訂
    句読点整理
    2017年4月4日更新
    誤字訂正
    句読点整理
    2016年10月16日更新
    一部訂正
    2016年8月17日更新
    改頁の訂正

    データ本:無料

    紙本:940円

  • 『FishBowl vol.1』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.09.16

    d本:80㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『1.呪われた名前からの逃走/父さんの芸人化』 第一章は、《僕》を生むことになる二人―― 父親と母親の物語です。 父親はいかにして芸人となったのか? 母親はどのようにして女優になったのか? が語られます。 そして、 その二人はどこかの時点で結びつくことになるわけですが、 それは第二章で語られることになります。 ………………………… 2017年9月16日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.1』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『1.呪われた名前からの逃走/父さんの芸人化』

    第一章は、《僕》を生むことになる二人――
    父親と母親の物語です。

    父親はいかにして芸人となったのか?
    母親はどのようにして女優になったのか?
    が語られます。

    そして、
    その二人はどこかの時点で結びつくことになるわけですが、
    それは第二章で語られることになります。

    …………………………
    2017年9月16日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.2』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.09.21

    d本:78㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『2.誕生と崩壊/「雨を降らす女たち」』 第二章は、《僕》の誕生にまつわる物語と、 彼の経験するはじめの《家族》がいかにして崩壊するかの過程です。 あと、この物語全体に深く関わることになる二人――《真昼ちゃん》と《シゲおじさん》の来歴が書かれています。 『崩壊』後にそれぞれがどうなるかは 第三章で語られます。 ………………………… 2017年9月21日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.2』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『2.誕生と崩壊/「雨を降らす女たち」』

    第二章は、《僕》の誕生にまつわる物語と、
    彼の経験するはじめの《家族》がいかにして崩壊するかの過程です。

    あと、この物語全体に深く関わることになる二人――《真昼ちゃん》と《シゲおじさん》の来歴が書かれています。


    『崩壊』後にそれぞれがどうなるかは
    第三章で語られます。

    …………………………
    2017年9月21日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.3』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.09.25

    d本:90㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『3.母さんの結婚と幾つかの死/有機的な結合』 第三章は、母親の失踪後《僕》の両親に起きたことを中心に語られます。 母親の結婚と妹の誕生、父親が表面的には順調に芸人としてのキャリアを積み上げていくこと、それと幾つかの死。 あと、《僕》たちが後に住むことになる場所がいかにしてできあがったかについても語られます。 この章の最後にあらわれる《死》による影響は 第四章で語られます。 ………………………… 2017年9月25日更新 一部改訂 句読点整理 2016年10月23日更新 誤字訂正、一部改変

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.3』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『3.母さんの結婚と幾つかの死/有機的な結合』

    第三章は、母親の失踪後《僕》の両親に起きたことを中心に語られます。
    母親の結婚と妹の誕生、父親が表面的には順調に芸人としてのキャリアを積み上げていくこと、それと幾つかの死。

    あと、《僕》たちが後に住むことになる場所がいかにしてできあがったかについても語られます。

    この章の最後にあらわれる《死》による影響は
    第四章で語られます。


    …………………………
    2017年9月25日更新
    一部改訂
    句読点整理
    2016年10月23日更新
    誤字訂正、一部改変

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.4』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2016.10.28

    d本:66㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『4.雨の日の暴力/FishBowl/段ボール』 第四章は、前章の最後にあった事件の余波が語られます。 すこし馬鹿げた逃亡劇と、《僕》を含む彼の新たな《家族》がひとつところへ集まる顛末が中心ですね。 しかし、そう簡単に事は進みません。 新たな《家族》が集合するという部分は 第五章で語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.4』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『4.雨の日の暴力/FishBowl/段ボール』

    第四章は、前章の最後にあった事件の余波が語られます。
    すこし馬鹿げた逃亡劇と、《僕》を含む彼の新たな《家族》がひとつところへ集まる顛末が中心ですね。

    しかし、そう簡単に事は進みません。
    新たな《家族》が集合するという部分は
    第五章で語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.5』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2016.11.12

    d本:58㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『5.タイムを散らす/古い本に既に記されていること』 第五章では、FishBowlでの新たな生活についてが語られます。 《僕》と妹との出会い、いわくつきの両親が一緒に暮らすことによってあらわれるマスコミの連中、それにたいする真昼ちゃんの行動、そして、《僕》に友人ができること。 そこに住まうべきすべての人間が(とりあえず)揃うことによって、彼ら《家族》の特異性は際立つことになります。 それによって起こる事件については 第六章で語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.5』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『5.タイムを散らす/古い本に既に記されていること』

    第五章では、FishBowlでの新たな生活についてが語られます。
    《僕》と妹との出会い、いわくつきの両親が一緒に暮らすことによってあらわれるマスコミの連中、それにたいする真昼ちゃんの行動、そして、《僕》に友人ができること。

    そこに住まうべきすべての人間が(とりあえず)揃うことによって、彼ら《家族》の特異性は際立つことになります。
    それによって起こる事件については
    第六章で語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2016.12.01

    d本:96㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『6.新たな飛翔、常に予約されている席/赤いスクーターに乗った放火魔』 第六章では、騒動を起こした父親と母親の復帰、その後に起こる事件についてが語られます。 また、《僕》と妹との関係も、その事件が起こることによって変化していきます。 警察が動くような種類の事件の顛末については 第七章で語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『6.新たな飛翔、常に予約されている席/赤いスクーターに乗った放火魔』

    第六章では、騒動を起こした父親と母親の復帰、その後に起こる事件についてが語られます。
    また、《僕》と妹との関係も、その事件が起こることによって変化していきます。

    警察が動くような種類の事件の顛末については
    第七章で語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.7』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.06.21

    d本:96㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『7.猫の出現/真昼の決闘/弟が生まれるということ』 第七章では、前章よりつづく事件の顛末が語られます。 また、FishBowlに新たな《家族》の一員が加わるのですが、彼の存在はこの後もストーリーに大きな影響をあたえつづけることになります。 章の後半では、さらに新たな《家族》の一員が加わることについての示唆がありますが、それについては 第八章で語られます。 ………………………… 2017年6月21日更新 落丁の修正

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.7』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『7.猫の出現/真昼の決闘/弟が生まれるということ』

    第七章では、前章よりつづく事件の顛末が語られます。
    また、FishBowlに新たな《家族》の一員が加わるのですが、彼の存在はこの後もストーリーに大きな影響をあたえつづけることになります。

    章の後半では、さらに新たな《家族》の一員が加わることについての示唆がありますが、それについては
    第八章で語られます。

    …………………………
    2017年6月21日更新
    落丁の修正

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.8』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    2016.12.29

    d本:86㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『8.こんがらがっていること/蔽われたるもの・隠れたるもの/父さんの独立』 第八章では、新たな《家族》の一員がいかにしてもたらされることになったかが語られます。 また、《僕》にも新たな出会いが用意されています。《僕》がそれを経験することによって物語はまた違った様相を呈していくはずです。 しかし、それについては 第九章で語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.8』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    -

    『8.こんがらがっていること/蔽われたるもの・隠れたるもの/父さんの独立』

    第八章では、新たな《家族》の一員がいかにしてもたらされることになったかが語られます。
    また、《僕》にも新たな出会いが用意されています。《僕》がそれを経験することによって物語はまた違った様相を呈していくはずです。

    しかし、それについては
    第九章で語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.9』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.01.14

    d本:108㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『9.はじめての恋、十本の指/チョコレート騒動』 第9章では、《僕》の初恋についてと、それに絡んで『愛情と性欲』の問題が語られます。怪しげなチョコレートが登場することで、その問題はこんがらがっていきます。 《僕》は混乱したまま突き進んでいくわけになるのですが、その混乱のおおもとにあるものにすこしずつ気づいてもいきます。 しかし、それについては 第十章以降で語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.9』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『9.はじめての恋、十本の指/チョコレート騒動』

    第9章では、《僕》の初恋についてと、それに絡んで『愛情と性欲』の問題が語られます。怪しげなチョコレートが登場することで、その問題はこんがらがっていきます。

    《僕》は混乱したまま突き進んでいくわけになるのですが、その混乱のおおもとにあるものにすこしずつ気づいてもいきます。

    しかし、それについては
    第十章以降で語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.10』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.01.31

    d本:68㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『10.家々の灯り/目に見えるもの、見えないもの』 第10章では、チョコレート騒動のその後が《僕》の初恋と絡めて語られます。 怪しげなチョコレートは《僕》のみならず周囲の人間をも巻きこんで物語のもうひとつのテーマを見え隠れさせます。 最後に謎のようなことを《僕》は言われるのですが、 それにきちんとした意味があたえられるのは 第11章以降になります。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.10』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『10.家々の灯り/目に見えるもの、見えないもの』

    第10章では、チョコレート騒動のその後が《僕》の初恋と絡めて語られます。
    怪しげなチョコレートは《僕》のみならず周囲の人間をも巻きこんで物語のもうひとつのテーマを見え隠れさせます。

    最後に謎のようなことを《僕》は言われるのですが、
    それにきちんとした意味があたえられるのは
    第11章以降になります。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.11』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.02.15

    d本:92㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『11.真新しいマンホール/ひとつ目の芸人の死』 第11章では、《僕》の初恋の顛末が語られます。 また、FishBowlに新しい家族の一員が加わることにもなります。 それによって全体が揺さぶられるようなことが起こり 最期にはちょっとした事件も用意されているのですが、 それの顛末ついては 第12章にて語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.11』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『11.真新しいマンホール/ひとつ目の芸人の死』

    第11章では、《僕》の初恋の顛末が語られます。

    また、FishBowlに新しい家族の一員が加わることにもなります。
    それによって全体が揺さぶられるようなことが起こり
    最期にはちょっとした事件も用意されているのですが、
    それの顛末ついては
    第12章にて語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.12』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.02.28

    d本:82㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『12.Family Affair/見てはならないもの/もうひとつの芸人の死』 第12章では、前章の最後にあらわれた暴力のその後、それと 《僕》にとっての新たな出会いについてが語られます。 《僕》は依然こんがらがったままですが、 その理由は徐々に開示されていきます。 そして、 またもや最後に大きな事件が起こるのですが、 その影響については 第13章にて語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.12』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『12.Family Affair/見てはならないもの/もうひとつの芸人の死』

    第12章では、前章の最後にあらわれた暴力のその後、それと
    《僕》にとっての新たな出会いについてが語られます。

    《僕》は依然こんがらがったままですが、
    その理由は徐々に開示されていきます。
    そして、
    またもや最後に大きな事件が起こるのですが、
    その影響については
    第13章にて語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.13』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.03.14

    d本:80㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『13.無遠慮な風/出来もしない計画/風の音とグノシェンヌ』 第13章では、『もうひとつの芸人の死』について、その顛末が語られます。 そのことはこれまでにないくらい大きな影響を《家族》にあたえ、 《僕》も当然のことにその影響を受けることになります。 こんがらがったままの《僕》には さらなる混乱のもとがもたらされますが、 それが収束されるのは 第14章以降のことになります。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.13』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『13.無遠慮な風/出来もしない計画/風の音とグノシェンヌ』

    第13章では、『もうひとつの芸人の死』について、その顛末が語られます。
    そのことはこれまでにないくらい大きな影響を《家族》にあたえ、
    《僕》も当然のことにその影響を受けることになります。

    こんがらがったままの《僕》には
    さらなる混乱のもとがもたらされますが、
    それが収束されるのは
    第14章以降のことになります。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.14』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.03.31

    d本:102㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『14.真昼の不安/『FishBowl』/最初の警告』 第14章では、まず幾つかの変化についてが語られます。 田中和宏は新たな劇団をつくり、旗挙げ公演をするのですが そのときの反応によってFishBowl全体を巻きこむ画策をします。 また、温佳も新たな活動をはじめ、 それは大きな事件へとつながっていきます。 しかし、 その大きな事件は 15章以降にて語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.14』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『14.真昼の不安/『FishBowl』/最初の警告』

    第14章では、まず幾つかの変化についてが語られます。
    田中和宏は新たな劇団をつくり、旗挙げ公演をするのですが
    そのときの反応によってFishBowl全体を巻きこむ画策をします。
    また、温佳も新たな活動をはじめ、
    それは大きな事件へとつながっていきます。

    しかし、
    その大きな事件は
    15章以降にて語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.15』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.04.14

    d本:94㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『15.二度目の警告/温佳の災難』 第15章では、温佳の新たな活動がどのように発展するか、 そして、それがいかなる破綻を迎えるかが語られます。 また、 井田隆徳は謎の言葉を吐き、 これまでに《僕》が見ようとしていなかったものを言いあてます。 この章の最後に 「大きな事件」が持ちあがるのですが、 それの決着は 16章にて語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.15』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『15.二度目の警告/温佳の災難』

    第15章では、温佳の新たな活動がどのように発展するか、
    そして、それがいかなる破綻を迎えるかが語られます。
    また、
    井田隆徳は謎の言葉を吐き、
    これまでに《僕》が見ようとしていなかったものを言いあてます。

    この章の最後に
    「大きな事件」が持ちあがるのですが、
    それの決着は
    16章にて語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.16』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.04.28

    d本:84㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『16.意味あるものとして残るもの』 第16章では、前章からつづく「大きな事件」の顛末が語られます。 これによって、《僕》の抱えてきたひとつのテーマはひとまずの完結を迎えます。 それによってなにかが解決するわけではないにせよ、です。 それ以外の完結されていないテーマについては あらかた 17章にて語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.16』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『16.意味あるものとして残るもの』

    第16章では、前章からつづく「大きな事件」の顛末が語られます。
    これによって、《僕》の抱えてきたひとつのテーマはひとまずの完結を迎えます。
    それによってなにかが解決するわけではないにせよ、です。

    それ以外の完結されていないテーマについては
    あらかた
    17章にて語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.17』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.05.19

    d本:110㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『17.いつも遅れてやってくるもの/太陽の十字架』 第17章は、エピローグ風に物語が進められます。 この話のひとつの縦糸である『父親の死』について描きながら 『もうひとつの死』についてが語られます。 その『もうひとつの死』は 《僕》に決定的な影響を残すことにもなります。 そして、 『父親の死』にも謎めいた影響を及ぼしたのかもしれません。 次の章は、 挿入章であり そこでは『父親の死』に関するエピソードが語られます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.17』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『17.いつも遅れてやってくるもの/太陽の十字架』

    第17章は、エピローグ風に物語が進められます。

    この話のひとつの縦糸である『父親の死』について描きながら
    『もうひとつの死』についてが語られます。

    その『もうひとつの死』は
    《僕》に決定的な影響を残すことにもなります。
    そして、
    『父親の死』にも謎めいた影響を及ぼしたのかもしれません。

    次の章は、
    挿入章であり
    そこでは『父親の死』に関するエピソードが語られます。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.17-2』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.05.30

    d本:22㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『A Hard Rain's A-Gonna Fall ――激しい雨が降る』 この章では、『父親の死』についてが語られます。 事実のみを並べるようなかたちで書かれ、 それ以上の意味を持つようなものではありません。 ただ、 最後に《僕》は 『「新しい真実」とでもいうべきもの』を 受けとったように思います。 次は最終章です。 この長い物語も終わりを迎えることになります。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.17-2』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『A Hard Rain's A-Gonna Fall ――激しい雨が降る』

    この章では、『父親の死』についてが語られます。

    事実のみを並べるようなかたちで書かれ、
    それ以上の意味を持つようなものではありません。
    ただ、
    最後に《僕》は
    『「新しい真実」とでもいうべきもの』を
    受けとったように思います。

    次は最終章です。
    この長い物語も終わりを迎えることになります。

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.18』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.06.10

    d本:68㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『18.きえた灯り/灯りをともす』 最終章において語られることは、 もう読んで頂くしかありません。 これまでに提示されたことの幾つかは解決され、 また幾つかは放置されたままになっているかもしれません。 ただし、 その判断は書いた者がするよりも 読んだ方によってなされる方がいいのでしょう。 長い物語は終わりました。 ここに書かれた関係を許せるか/許せないかも 読者に委ねたいと思います。 ま、 書いた者としては 当然のことながら許していますよ。 なにしろ 僕は彼らを非常に愛していますから。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.18』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『18.きえた灯り/灯りをともす』

    最終章において語られることは、
    もう読んで頂くしかありません。

    これまでに提示されたことの幾つかは解決され、
    また幾つかは放置されたままになっているかもしれません。

    ただし、
    その判断は書いた者がするよりも
    読んだ方によってなされる方がいいのでしょう。


    長い物語は終わりました。
    ここに書かれた関係を許せるか/許せないかも
    読者に委ねたいと思います。

    ま、
    書いた者としては
    当然のことながら許していますよ。
    なにしろ
    僕は彼らを非常に愛していますから。

    データ本:無料

  • 『見える人』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.07.13

    d本:172㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    《呪われた男》の前にあらわれた、えらく地味な女・篠崎カミラ。 彼女は、いわゆる霊などが『見える人』なわけだが―― 《僕》はこれまでに何度も近づくだけで突然街灯が消えるという経験をしている男。それだけでなく、何故か犬に見つめられるという経験も幾度となくしてきた。ごく最近は女に騙され、お金だけでなく鍋や皿、炊飯器、コーヒーメーカーまでをも持ち逃げされた。 まさに呪われているとしか思えない《僕》 そんな《僕》の前に突如としてあらわれたのは、アゼルバイジャン人絡みのクォーター・篠崎カミラ。彼女は《僕》に「じゅ、重要な、お、お話が、あ、あります」と、どもりつつ伝えてきた。 基本的に『派手目で、メイクもばっちりって感じの、それでいて乗り切れてないような、ちょっと田舎くさく、すこし馬鹿っぽい、背は低く、年は若い』女の子が好み《僕》は、地味すぎる篠崎カミラに苛々させられながらも、自らの運命に立ち向かっていく。 ――という感じの小説です。 若干ホラーで、あとのほぼすべてはアホっぽい物語ですが、この世界の有り様というものを考える、その『きっかけ』くらいにはなるかもしれません。 ------------------------- しばらくのあいだ無料にします。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『見える人』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    《呪われた男》の前にあらわれた、えらく地味な女・篠崎カミラ。
    彼女は、いわゆる霊などが『見える人』なわけだが――


    《僕》はこれまでに何度も近づくだけで突然街灯が消えるという経験をしている男。それだけでなく、何故か犬に見つめられるという経験も幾度となくしてきた。ごく最近は女に騙され、お金だけでなく鍋や皿、炊飯器、コーヒーメーカーまでをも持ち逃げされた。

    まさに呪われているとしか思えない《僕》

    そんな《僕》の前に突如としてあらわれたのは、アゼルバイジャン人絡みのクォーター・篠崎カミラ。彼女は《僕》に「じゅ、重要な、お、お話が、あ、あります」と、どもりつつ伝えてきた。

    基本的に『派手目で、メイクもばっちりって感じの、それでいて乗り切れてないような、ちょっと田舎くさく、すこし馬鹿っぽい、背は低く、年は若い』女の子が好み《僕》は、地味すぎる篠崎カミラに苛々させられながらも、自らの運命に立ち向かっていく。


    ――という感じの小説です。


    若干ホラーで、あとのほぼすべてはアホっぽい物語ですが、この世界の有り様というものを考える、その『きっかけ』くらいにはなるかもしれません。

    -------------------------
    しばらくのあいだ無料にします。

    データ本:無料

  • 『清水ミカ』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.07.07

    d本:86㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『こういうのってよくあること。そして、よくあることは忘れられることでもある』 まあまあ美人の妹と、かなり美人の姉。 清水家の姉妹に結婚話が持ちあがることで起こる、ごく家族的な騒動。 子供の頃から美しい姉にコンプレックスを抱く《清水ミカ》は、 心の中でツッコミをいれつつも、まあまあ良好な姉妹関係を築いてきた。 幾多の苛立ちをおさえつけ、過去のわだかまりをも捨て、姉に接してきた。 その姉妹がともに結婚することになって、 なにかが大きく変わっていく―― ところで、 これは、また、 ハーブティや、エッセンシャルオイル、 フラワーエッセンスなどが出てくる 作者の『自然療法家の端くれ』としての側面を あらわす小説でもあります。 ------------------------- しばらくのあいだ無料にします。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『清水ミカ』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『こういうのってよくあること。そして、よくあることは忘れられることでもある』


    まあまあ美人の妹と、かなり美人の姉。
    清水家の姉妹に結婚話が持ちあがることで起こる、ごく家族的な騒動。


    子供の頃から美しい姉にコンプレックスを抱く《清水ミカ》は、
    心の中でツッコミをいれつつも、まあまあ良好な姉妹関係を築いてきた。
    幾多の苛立ちをおさえつけ、過去のわだかまりをも捨て、姉に接してきた。


    その姉妹がともに結婚することになって、
    なにかが大きく変わっていく――


    ところで、
    これは、また、
    ハーブティや、エッセンシャルオイル、
    フラワーエッセンスなどが出てくる
    作者の『自然療法家の端くれ』としての側面を
    あらわす小説でもあります。

    -------------------------
    しばらくのあいだ無料にします。

    データ本:無料

  • 『髙橋慎二』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.07.09

    d本:126㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    仕事がむちゃくちゃ出来て、 家事もなんでもこなす42歳の独身男・髙橋慎二(税理士)。 彼は『モテるはず』の男なのに、恋をしない。 『もう20年以上も恋やそれに類することとは無縁』な彼が スーパーマーケットの店員に一目惚れをしたところから はじまる、ちょっと恥ずかしい奮闘記――ですかね。 これは、 自分の生活を愛し過ぎていたり、 恋愛から遠ざかり過ぎていたり、 感情を押し殺し過ぎていたりしている方にこそ 読んでいただきたい小説です。 もちろん、そうでない方にも 読んでいただきたいですが。 『腐れ縁』の元・恋人が妙な動きをしますが、 それが彼にどう作用するか――も この小説のポイントだと思っています。 二重のラストシーンには《含み》を持たせたつもりです。 それをどのように読んでいただけるか、 書いた者としては楽しみです。 ------------------------- しばらくのあいだ無料にします。 ………………………… 2016年8月29日更新 誤字訂正 ………………………… 2016年8月15日更新 ・本文一部修正 ・ルビ、傍点修正

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『髙橋慎二』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    仕事がむちゃくちゃ出来て、
    家事もなんでもこなす42歳の独身男・髙橋慎二(税理士)。

    彼は『モテるはず』の男なのに、恋をしない。
    『もう20年以上も恋やそれに類することとは無縁』な彼が
    スーパーマーケットの店員に一目惚れをしたところから
    はじまる、ちょっと恥ずかしい奮闘記――ですかね。


    これは、
    自分の生活を愛し過ぎていたり、
    恋愛から遠ざかり過ぎていたり、
    感情を押し殺し過ぎていたりしている方にこそ
    読んでいただきたい小説です。

    もちろん、そうでない方にも
    読んでいただきたいですが。


    『腐れ縁』の元・恋人が妙な動きをしますが、
    それが彼にどう作用するか――も
    この小説のポイントだと思っています。


    二重のラストシーンには《含み》を持たせたつもりです。
    それをどのように読んでいただけるか、
    書いた者としては楽しみです。
    -------------------------
    しばらくのあいだ無料にします。

    …………………………
    2016年8月29日更新
    誤字訂正
    …………………………
    2016年8月15日更新
    ・本文一部修正
    ・ルビ、傍点修正

    データ本:無料

  • もっと見る

佐藤清春

けっこう、いろんな感じのものを書いております。まあ、だいたいは馬鹿な感じのものが多いですが、深刻っぽいのもあります。順次、こちらで公開していきますね。
↓ブログもご覧ください↓
http://ameblo.jp/kiyoharu-satou/

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • そぞろ

      そぞろ

      石川月洛著

      アンプロトコルネット発行

      “白いの”と僕が出会った表題作ほか、その周囲の小さな物語集です。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入
    • 白亜色の涙 1

      白亜色の涙 1

      阿都著

      Attus Room出版発行

      "それは正視できないほどおぞましく。目が離せなくなるほど美しかった。" 北上鋼一と北上冬湖。幼馴染の二人が6年ぶりに出会ったことで、物語は動きだした。 一族に受け継がれてきた特殊な力『道しるべ』をもった二人は、不思議な出来事にかかわっていく。 ジュブナイル伝奇シリーズ、第1巻。 ・序章「白亜色の涙」 ・第1話「再会」 ・第2話「水の檻」を収録。 ※2017,1,24更新。 小話「北上冬湖はお弁当を準備する」を追加。 BOOK☆WALKERでも販売中です。 https://bookwalker.jp/de5b86303f-cb77-4ffe-ba2a-a5c250a99bc2/

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      980円
      購入
    • j-fashion journal Vol.3 グローバルに考え、ローカルに動く

       「グローバル」という言葉は難しい。「グローバルスタンダードなんてない。あるのはアメリカンスタンダードだ」という意見もある。しかし、グローバルとアメリカンの違い以上に、日本のドメスティックは特殊である。  日本で仕事をしていても、「???」ということがよくある。理屈に合わないのだ。私にとって、日本は不思議な国だ。日本人なのに、海外の仕事のやり方の方が納得できる。しかし、そのやり方を日本国内で通すには非常にやっかいな問題が多い。  海外ビジネスで成功している人は、何かしら日本社会からこぼれてしまった人ではないか。逆に日本の企業社会に染まった人にとって、海外ビジネスは非常に困難なようだ。  中国で苦戦している日本企業は、日本の手法をそのまま中国にあてはめていることが多い。中国で成功している企業は、現地に柔軟に合わせて、日本のやり方に固執しない。そんな様子を見ていると、やはり、海外でビジネスするには、ある程度の訓練というか、発想の転換が必要なのではないか、と思うのだ。  「グローバルなビジネスに挑戦する心構え」は、そんなことを念頭に置きながらまとめたものだ。簡単に言えば、「日本の常識は海外の非常識」という内容である。  「グローバルビジネスのトレーニング」は、今流行りの「グローバル人材を育成するためのポイント」について考えたものだ。ここでは語学トレーニングには触れていない。グローバル人材というと、反射的に「語学が大切」となる。もちろん、語学は大切だ。それを否定するわけではない。しかし、英語ができれば、グローバル人材というわけでもあるまい。それなら、英語圏の人達は皆グローバル人材だ。  日本人で日本語が話せても、仕事のできる人材とできる人材がいる。その違いは何なのか、という視点が重要ではないだろうか。  「『製造業+輸出』発想からの脱却」は、「ビジネスは柔軟に考えましょう」という提言になっている。一時期、「円高が続くと日本経済は破綻する」と言われたものだが、結果的に残る企業は残っている。「日本の製造業が空洞化すると日本経済は破綻する」と言っていた人もいる。確かに、日本国内製造業は淘汰が進んだが、反面、中国生産で利益を上げている企業もある。  また、輸出ができなくても、観光で生きるという選択肢もある。輸出するのではなく、買いにもらう、という発想である。私は、「ビジネスとはどんな環境変化でもやりようはある」と思っている。環境変化に合わせて、自分を変えていけばいいのだ。問題は、自分の仕事を変えたくないという人、既得権を離したくない、という人が多いということである。  「Made in Japanを訴求するブランド」は、ファッションとテキスタイルの連携、デザイナーの新しいビジネスモデルについて提案している。私自身、ここで紹介しているプロジェクトについて、実現させたいと強く願っている。しかし、機が熟していないのか、私の情熱が弱いのか、今だ実現していない。もし、読者の中で挑戦したいという人がいれば、ご一報いただきたい。一緒にチャレンジしましょう。  「日本から高級ブランドを発信しよう」は、「日本でなぜ高級ブランドが生まれないのか」について解説している。解説しているだけでなく、みなさんに理解していただき、高級ブランドに挑戦して欲しいという願いがこもっている。「ブランド」とはライセンス権を取ってくるものではなく、それぞれの国、企業、個人の思想、文化、価値観を結晶化させたものだと思う。日本から高級ブランドが発信できないわけはない、と思っている。  本書は、有料メルマガ「j-fashion journal」(http://www.mag2.com/m/0001355612.html)のコンテンツをまとめたものだ。その後、数カ月遅れで私のブログ(http://j-fashion.cocolog-nifty.com/jfashion/)にも紹介している。したがって、コンテンツそのものは無料で読んでいただくことができる。しかし、プログまで行って、わざわざバックナンバーを読む人はほとんどいない。それに、こうして電子書籍という形にまとめることで、新たな作品になる。創造、生産、編集、流通のそれぞれの段階で創造性が問われるのはファッションと同様だと思う。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入
    • ファッションビジネスのグローバル人材育成

      ファッションビジネスのグローバル人材育成

      坂口昌章著

      有限会社シナジープランニング発行

       日本のファッションビジネスを活性化するにはどうすればいいか。本書は、そんな問題意識から出発しています。本書では、特に人材育成、創業支援について述べています。  先日、私のセミナーにきてくれた女性は、ニューヨークの大学に留学している学生でした。彼女は、「日本には、私が満足できるレベルで、ファッションビジネスを教えてくれる学校がないから仕方なくニューヨークの学校に行きました。海外の学校には、私と同じ理由で、留学してきた日本人が大勢います。その人達は、そのまま海外企業に就職します。勿体ないと思いませんか」と言いました。  私は特別講義を頼まれる程度の非常勤講師ですが、それでも恥ずかしく感じました。私自身、ファッション専門学校を卒業していますが、学生の時から不満を感じていました。それは就職してから確信に変わりました。必要とされる教育が全くできていないのです。  そして、日本のファッション業界、アパレル業界にも問題があります。企業内で人材育成する仕組みがありません。また、日本のファッション業界には、業界標準の職務分担、業務フローが存在しません。各社が各社の流儀で仕事をしているのです。同じ職種でも会社によって役割が異なります。同じ会議名でも、内容が異なります。  こうした個別のシステムが人材の流動化を阻害しています。欧米では、転職しながらキャリアアップします。会社を移ってすぐに仕事をしなければなりません。それには、業界標準の仕組みが必要です。そのために、業界が主体となって、業界の教育機関を設立しました。企業は金も出し、人(講師)も出し、口も出します。企業のための学校だからです。  日本はそのスタートのポジションが異なっています。日本の繊維ファッション業界も、IFI(ファッション産業人材育成機構」という教育機関を設立しましたが、業界の標準化が必要だという問題意識は皆無だったと思います。そのため、既存の学校と大差のない、曖昧な存在になっています。  日本の繊維ファッション業界には問題が山積しています。その片隅でも、崩すことができればと思っています。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入