文学をやっております。

書肆 小熊堂

冊数 35

紙本 19

更新 2019.11.15

ジャンル 文芸33 写真2

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • FishBowl

    佐藤清春 渾身の長編小説『FishBowl』――完結しました

  • 『FishBowl 1/6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2019.07.12

    d本:256㌻ 10inch版

    紙本:256㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 1

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    2,017円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    長い小説『FishBowl』のまとめ版です。 ほんとうは四分冊くらいにしたかったのですが 諸般の事情により六分冊となりました。 この『FishBowl 1/6』には 『0.プロローグ』 『1.呪われた名前からの逃走/父さんの芸人化』 『2.誕生と崩壊/「雨を降らす女たち」』 『3.母さんの結婚と幾つかの死/有機的な結合』 『4.雨の日の暴力/FishBowl/段ボール』 が収録されています。 ………………………… 2019年4月7日更新 第2章一部改訂 2019年4月24日更新 第2,3,4章一部改訂 2019年3月23日更新 第1章一部改訂 2019年3月10日更新 プロローグ一部改訂 2019年2月15日更新 プロローグ一部改訂 2017年12月15日更新 一部改訂 約物の変更

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    2,017円
    購入

    『FishBowl 1/6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    長い小説『FishBowl』のまとめ版です。

    ほんとうは四分冊くらいにしたかったのですが
    諸般の事情により六分冊となりました。

    この『FishBowl 1/6』には

    『0.プロローグ』
    『1.呪われた名前からの逃走/父さんの芸人化』
    『2.誕生と崩壊/「雨を降らす女たち」』
    『3.母さんの結婚と幾つかの死/有機的な結合』
    『4.雨の日の暴力/FishBowl/段ボール』

    が収録されています。

    …………………………
    2019年4月7日更新
    第2章一部改訂
    2019年4月24日更新
    第2,3,4章一部改訂
    2019年3月23日更新
    第1章一部改訂
    2019年3月10日更新
    プロローグ一部改訂
    2019年2月15日更新
    プロローグ一部改訂
    2017年12月15日更新
    一部改訂
    約物の変更

    データ本:無料

    紙本:2,017円

  • 『FishBowl 2/6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2019.07.11

    d本:248㌻ 10inch版

    紙本:256㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 1

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    2,017円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    長い小説『FishBowl』のまとめ版です。 ほんとうは四分冊くらいにしたかったのですが 諸般の事情により六分冊となりました。 この『FishBowl 2/6』には 『5.タイムを散らす/古い本に既に記されていること』 『6.新たな飛翔、常に予約されている席/赤いスクーターに乗った放火魔』 『7.猫の出現/真昼の決闘/弟が生まれるということ』 『8.こんがらがっていること/蔽われたるもの・隠れたるもの/父さんの独立』 が収録されています。 ………………………… 2017年12月15日更新 一部改訂 約物の変更

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    2,017円
    購入

    『FishBowl 2/6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    長い小説『FishBowl』のまとめ版です。

    ほんとうは四分冊くらいにしたかったのですが
    諸般の事情により六分冊となりました。

    この『FishBowl 2/6』には

    『5.タイムを散らす/古い本に既に記されていること』
    『6.新たな飛翔、常に予約されている席/赤いスクーターに乗った放火魔』
    『7.猫の出現/真昼の決闘/弟が生まれるということ』
    『8.こんがらがっていること/蔽われたるもの・隠れたるもの/父さんの独立』

    が収録されています。

    …………………………
    2017年12月15日更新
    一部改訂
    約物の変更

    データ本:無料

    紙本:2,017円

  • 『FishBowl 3/6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2019.07.10

    d本:198㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 1

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    2,017円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    長い小説『FishBowl』のまとめ版です。 ほんとうは四分冊くらいにしたかったのですが 諸般の事情により六分冊となりました。 この『FishBowl 3/6』には 『9.はじめての恋、十本の指/チョコレート騒動』 『10.家々の灯り/目に見えるもの、見えないもの』 『11.真新しいマンホール/ひとつ目の芸人の死』 が収録されています。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    2,017円
    購入

    『FishBowl 3/6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    長い小説『FishBowl』のまとめ版です。

    ほんとうは四分冊くらいにしたかったのですが
    諸般の事情により六分冊となりました。

    この『FishBowl 3/6』には

    『9.はじめての恋、十本の指/チョコレート騒動』
    『10.家々の灯り/目に見えるもの、見えないもの』
    『11.真新しいマンホール/ひとつ目の芸人の死』

    が収録されています。

    データ本:無料

    紙本:2,017円

  • 『FishBowl 4/6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2019.07.10

    d本:196㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 1

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    2,017円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    長い小説『FishBowl』のまとめ版です。 ほんとうは四分冊くらいにしたかったのですが 諸般の事情により六分冊となりました。 この『FishBowl 4/6』には 『12.Family Affair/見てはならないもの/もうひとつの芸人の死』 『13.無遠慮な風/出来もしない計画/風の音とグノシェンヌ』 『14.真昼の不安/『FishBowl』/最初の警告』 が収録されています。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    2,017円
    購入

    『FishBowl 4/6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    長い小説『FishBowl』のまとめ版です。

    ほんとうは四分冊くらいにしたかったのですが
    諸般の事情により六分冊となりました。

    この『FishBowl 4/6』には

    『12.Family Affair/見てはならないもの/もうひとつの芸人の死』
    『13.無遠慮な風/出来もしない計画/風の音とグノシェンヌ』
    『14.真昼の不安/『FishBowl』/最初の警告』

    が収録されています。

    データ本:無料

    紙本:2,017円

  • 『FishBowl 5/6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2019.07.10

    d本:134㌻ 10inch版

    紙本:160㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 1

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    2,017円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    長い小説『FishBowl』のまとめ版です。 ほんとうは四分冊くらいにしたかったのですが 諸般の事情により六分冊となりました。 この『FishBowl 5/6』には 『15.二度目の警告/温佳の災難』 『16.意味あるものとして残るもの』 が収録されています。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    2,017円
    購入

    『FishBowl 5/6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    長い小説『FishBowl』のまとめ版です。

    ほんとうは四分冊くらいにしたかったのですが
    諸般の事情により六分冊となりました。

    この『FishBowl 5/6』には

    『15.二度目の警告/温佳の災難』
    『16.意味あるものとして残るもの』

    が収録されています。

    データ本:無料

    紙本:2,017円

  • 『FishBowl 6/6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2019.07.10

    d本:146㌻ 10inch版

    紙本:160㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 1

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    2,017円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    長い小説『FishBowl』のまとめ版です。 ほんとうは四分冊くらいにしたかったのですが 諸般の事情により六分冊となりました。 この『FishBowl 6/6』には 『17.いつも遅れてやってくるもの/太陽の十字架』 『A Hard Rain's A-Gonna Fall ――激しい雨が降る』 『18.きえた灯り/灯りをともす』 が収録されています。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    2,017円
    購入

    『FishBowl 6/6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    長い小説『FishBowl』のまとめ版です。

    ほんとうは四分冊くらいにしたかったのですが
    諸般の事情により六分冊となりました。

    この『FishBowl 6/6』には

    『17.いつも遅れてやってくるもの/太陽の十字架』
    『A Hard Rain's A-Gonna Fall ――激しい雨が降る』
    『18.きえた灯り/灯りをともす』

    が収録されています。

    データ本:無料

    紙本:2,017円

  • 見出しを入力します

  • 『FishBowl プロローグ』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2019.03.10

    d本:34㌻ 新書版

    紙本:48㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    957円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『その中には僕の求めていたものが含まれていた。父さんがどういった人物であったのか? というのと同じように僕が求めていたもの――父さんはどうして死んでしまったのか? に近づけたような気がしたのだ』 売れっ子芸人を父に、男にだらしない女優を母として 生まれた《僕》 のちに彼は 性転換者の陶芸家や、書けない小説家、 若くして才能豊かな劇作家、 父親を航空機事故で亡くした『タネ違い』の妹 などとともに 暮らすようになります―― 『プロローグ』においては、 これからはじまる長い物語を前に 《僕》がこれを書くことになった 幾つかの動機が提示されます。 すべてを読み終えることで理解できる動機もあれば、 よりわかりやすい動機も含まれます。 最もわかりやすいのは―― 『父さんはどうして死んでしまったのか?』ですかね。 それを縦軸にして、また 数多の人々が横軸となり、 物語は進んでいきます。 「じゃあ、それで、どうなるんだ?」に至るまで――です。 ………………………… 2019年3月10日更新 一部改訂 2019年2月15日更新 一部改訂 2017年9月11日更新 一部改訂 句読点整理 2017年4月4日更新 誤字訂正 句読点整理 2016年10月16日更新 一部訂正 2016年8月17日更新 改頁の訂正

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    957円
    購入

    『FishBowl プロローグ』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『その中には僕の求めていたものが含まれていた。父さんがどういった人物であったのか? というのと同じように僕が求めていたもの――父さんはどうして死んでしまったのか? に近づけたような気がしたのだ』

    売れっ子芸人を父に、男にだらしない女優を母として
    生まれた《僕》

    のちに彼は
    性転換者の陶芸家や、書けない小説家、
    若くして才能豊かな劇作家、
    父親を航空機事故で亡くした『タネ違い』の妹
    などとともに
    暮らすようになります――

    『プロローグ』においては、
    これからはじまる長い物語を前に
    《僕》がこれを書くことになった
    幾つかの動機が提示されます。

    すべてを読み終えることで理解できる動機もあれば、
    よりわかりやすい動機も含まれます。
    最もわかりやすいのは――
    『父さんはどうして死んでしまったのか?』ですかね。

    それを縦軸にして、また
    数多の人々が横軸となり、
    物語は進んでいきます。
    「じゃあ、それで、どうなるんだ?」に至るまで――です。

    …………………………
    2019年3月10日更新
    一部改訂
    2019年2月15日更新
    一部改訂
    2017年9月11日更新
    一部改訂
    句読点整理
    2017年4月4日更新
    誤字訂正
    句読点整理
    2016年10月16日更新
    一部訂正
    2016年8月17日更新
    改頁の訂正

    データ本:無料

    紙本:957円

  • 『FishBowl vol.1』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2019.04.24

    d本:80㌻ 新書版

    紙本:96㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    957円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『1.呪われた名前からの逃走/父さんの芸人化』 第一章は、《僕》を生むことになる二人―― 父親と母親の物語です。 父親はいかにして芸人となったのか? 母親はどのようにして女優になったのか? が語られます。 そして、 その二人はどこかの時点で結びつくことになるわけですが、 それは第二章で語られることになります。 ………………………… 2019年3月23日更新 一部改訂 2017年9月16日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    957円
    購入

    『FishBowl vol.1』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『1.呪われた名前からの逃走/父さんの芸人化』

    第一章は、《僕》を生むことになる二人――
    父親と母親の物語です。

    父親はいかにして芸人となったのか?
    母親はどのようにして女優になったのか?
    が語られます。

    そして、
    その二人はどこかの時点で結びつくことになるわけですが、
    それは第二章で語られることになります。

    …………………………
    2019年3月23日更新
    一部改訂
    2017年9月16日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

    紙本:957円

  • 『FishBowl vol.2』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2019.05.04

    d本:78㌻ 新書版

    紙本:96㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    957円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『2.誕生と崩壊/「雨を降らす女たち」』 第二章は、《僕》の誕生にまつわる物語と、 彼の経験するはじめの《家族》がいかにして崩壊するかの過程です。 あと、この物語全体に深く関わることになる二人――《真昼ちゃん》と《シゲおじさん》の来歴が書かれています。 『崩壊』後にそれぞれがどうなるかは 第三章で語られます。 ………………………… 2019年5月4日更新 一部改訂 2019年4月7日更新 一部改訂 2017年9月21日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    957円
    購入

    『FishBowl vol.2』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『2.誕生と崩壊/「雨を降らす女たち」』

    第二章は、《僕》の誕生にまつわる物語と、
    彼の経験するはじめの《家族》がいかにして崩壊するかの過程です。

    あと、この物語全体に深く関わることになる二人――《真昼ちゃん》と《シゲおじさん》の来歴が書かれています。


    『崩壊』後にそれぞれがどうなるかは
    第三章で語られます。

    …………………………
    2019年5月4日更新
    一部改訂
    2019年4月7日更新
    一部改訂
    2017年9月21日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

    紙本:957円

  • 『FishBowl vol.3』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2019.04.07

    d本:92㌻ 新書版

    紙本:96㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    957円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『3.母さんの結婚と幾つかの死/有機的な結合』 第三章は、母親の失踪後《僕》の両親に起きたことを中心に語られます。 母親の結婚と妹の誕生、父親が表面的には順調に芸人としてのキャリアを積み上げていくこと、それと幾つかの死。 あと、《僕》たちが後に住むことになる場所がいかにしてできあがったかについても語られます。 この章の最後にあらわれる《死》による影響は 第四章で語られます。 ………………………… 2019年4月7日更新 一部改訂 2017年9月25日更新 一部改訂 句読点整理 2016年10月23日更新 誤字訂正、一部改変

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    957円
    購入

    『FishBowl vol.3』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『3.母さんの結婚と幾つかの死/有機的な結合』

    第三章は、母親の失踪後《僕》の両親に起きたことを中心に語られます。
    母親の結婚と妹の誕生、父親が表面的には順調に芸人としてのキャリアを積み上げていくこと、それと幾つかの死。

    あと、《僕》たちが後に住むことになる場所がいかにしてできあがったかについても語られます。

    この章の最後にあらわれる《死》による影響は
    第四章で語られます。


    …………………………
    2019年4月7日更新
    一部改訂
    2017年9月25日更新
    一部改訂
    句読点整理
    2016年10月23日更新
    誤字訂正、一部改変

    データ本:無料

    紙本:957円

  • 『FishBowl vol.4』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2019.04.24

    d本:66㌻ 新書版

    紙本:64㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    957円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『4.雨の日の暴力/FishBowl/段ボール』 第四章は、前章の最後にあった事件の余波が語られます。 すこし馬鹿げた逃亡劇と、《僕》を含む彼の新たな《家族》がひとつところへ集まる顛末が中心ですね。 しかし、そう簡単に事は進みません。 新たな《家族》が集合するという部分は 第五章で語られます。 ………………………… 2019年4月24日更新 一部改訂 2017年9月28日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    957円
    購入

    『FishBowl vol.4』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『4.雨の日の暴力/FishBowl/段ボール』

    第四章は、前章の最後にあった事件の余波が語られます。
    すこし馬鹿げた逃亡劇と、《僕》を含む彼の新たな《家族》がひとつところへ集まる顛末が中心ですね。

    しかし、そう簡単に事は進みません。
    新たな《家族》が集合するという部分は
    第五章で語られます。

    …………………………
    2019年4月24日更新
    一部改訂
    2017年9月28日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

    紙本:957円

  • 『FishBowl vol.5』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.10.03

    d本:58㌻ 新書版

    紙本:64㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    957円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『5.タイムを散らす/古い本に既に記されていること』 第五章では、FishBowlでの新たな生活についてが語られます。 《僕》と妹との出会い、いわくつきの両親が一緒に暮らすことによってあらわれるマスコミの連中、それにたいする真昼ちゃんの行動、そして、《僕》に友人ができること。 そこに住まうべきすべての人間が(とりあえず)揃うことによって、彼ら《家族》の特異性は際立つことになります。 それによって起こる事件については 第六章で語られます。 ………………………… 2017年10月3日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    957円
    購入

    『FishBowl vol.5』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『5.タイムを散らす/古い本に既に記されていること』

    第五章では、FishBowlでの新たな生活についてが語られます。
    《僕》と妹との出会い、いわくつきの両親が一緒に暮らすことによってあらわれるマスコミの連中、それにたいする真昼ちゃんの行動、そして、《僕》に友人ができること。

    そこに住まうべきすべての人間が(とりあえず)揃うことによって、彼ら《家族》の特異性は際立つことになります。
    それによって起こる事件については
    第六章で語られます。

    …………………………
    2017年10月3日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

    紙本:957円

  • 『FishBowl vol.6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.10.07

    d本:96㌻ 新書版

    紙本:96㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    957円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『6.新たな飛翔、常に予約されている席/赤いスクーターに乗った放火魔』 第六章では、騒動を起こした父親と母親の復帰、その後に起こる事件についてが語られます。 また、《僕》と妹との関係も、その事件が起こることによって変化していきます。 警察が動くような種類の事件の顛末については 第七章で語られます。 ………………………… 2017年10月7日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    957円
    購入

    『FishBowl vol.6』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『6.新たな飛翔、常に予約されている席/赤いスクーターに乗った放火魔』

    第六章では、騒動を起こした父親と母親の復帰、その後に起こる事件についてが語られます。
    また、《僕》と妹との関係も、その事件が起こることによって変化していきます。

    警察が動くような種類の事件の顛末については
    第七章で語られます。

    …………………………
    2017年10月7日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

    紙本:957円

  • 『FishBowl vol.7』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.11.27

    d本:96㌻ 新書版

    紙本:96㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    957円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『7.猫の出現/真昼の決闘/弟が生まれるということ』 第七章では、前章よりつづく事件の顛末が語られます。 また、FishBowlに新たな《家族》の一員が加わるのですが、彼の存在はこの後もストーリーに大きな影響をあたえつづけることになります。 章の後半では、さらに新たな《家族》の一員が加わることについての示唆がありますが、それについては 第八章で語られます。 ………………………… 2017年6月21日更新 落丁の修正 2017年10月11日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    957円
    購入

    『FishBowl vol.7』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『7.猫の出現/真昼の決闘/弟が生まれるということ』

    第七章では、前章よりつづく事件の顛末が語られます。
    また、FishBowlに新たな《家族》の一員が加わるのですが、彼の存在はこの後もストーリーに大きな影響をあたえつづけることになります。

    章の後半では、さらに新たな《家族》の一員が加わることについての示唆がありますが、それについては
    第八章で語られます。

    …………………………
    2017年6月21日更新
    落丁の修正
    2017年10月11日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

    紙本:957円

  • 『FishBowl vol.8』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.10.13

    d本:84㌻ 新書版

    紙本:96㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    957円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『8.こんがらがっていること/蔽われたるもの・隠れたるもの/父さんの独立』 第八章では、新たな《家族》の一員がいかにしてもたらされることになったかが語られます。 また、《僕》にも新たな出会いが用意されています。《僕》がそれを経験することによって物語はまた違った様相を呈していくはずです。 しかし、それについては 第九章で語られます。 ………………………… 2017年10月13日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    957円
    購入

    『FishBowl vol.8』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『8.こんがらがっていること/蔽われたるもの・隠れたるもの/父さんの独立』

    第八章では、新たな《家族》の一員がいかにしてもたらされることになったかが語られます。
    また、《僕》にも新たな出会いが用意されています。《僕》がそれを経験することによって物語はまた違った様相を呈していくはずです。

    しかし、それについては
    第九章で語られます。

    …………………………
    2017年10月13日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

    紙本:957円

  • 『FishBowl vol.9』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.10.18

    d本:106㌻ 新書版

    紙本:128㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    957円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『9.はじめての恋、十本の指/チョコレート騒動』 第9章では、《僕》の初恋についてと、それに絡んで『愛情と性欲』の問題が語られます。怪しげなチョコレートが登場することで、その問題はこんがらがっていきます。 《僕》は混乱したまま突き進んでいくわけになるのですが、その混乱のおおもとにあるものにすこしずつ気づいてもいきます。 しかし、それについては 第十章以降で語られます。 ………………………… 2017年10月18日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    957円
    購入

    『FishBowl vol.9』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『9.はじめての恋、十本の指/チョコレート騒動』

    第9章では、《僕》の初恋についてと、それに絡んで『愛情と性欲』の問題が語られます。怪しげなチョコレートが登場することで、その問題はこんがらがっていきます。

    《僕》は混乱したまま突き進んでいくわけになるのですが、その混乱のおおもとにあるものにすこしずつ気づいてもいきます。

    しかし、それについては
    第十章以降で語られます。

    …………………………
    2017年10月18日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

    紙本:957円

  • 『FishBowl vol.10』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.10.22

    d本:68㌻ 新書版

    紙本:96㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    957円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『10.家々の灯り/目に見えるもの、見えないもの』 第10章では、チョコレート騒動のその後が《僕》の初恋と絡めて語られます。 怪しげなチョコレートは《僕》のみならず周囲の人間をも巻きこんで物語のもうひとつのテーマを見え隠れさせます。 最後に謎のようなことを《僕》は言われるのですが、 それにきちんとした意味があたえられるのは 第11章以降になります。 ………………………… 2017年10月22日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    957円
    購入

    『FishBowl vol.10』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『10.家々の灯り/目に見えるもの、見えないもの』

    第10章では、チョコレート騒動のその後が《僕》の初恋と絡めて語られます。
    怪しげなチョコレートは《僕》のみならず周囲の人間をも巻きこんで物語のもうひとつのテーマを見え隠れさせます。

    最後に謎のようなことを《僕》は言われるのですが、
    それにきちんとした意味があたえられるのは
    第11章以降になります。

    …………………………
    2017年10月22日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

    紙本:957円

  • 『FishBowl vol.11』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.10.26

    d本:92㌻ 新書版

    紙本:96㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    957円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『11.真新しいマンホール/ひとつ目の芸人の死』 第11章では、《僕》の初恋の顛末が語られます。 また、FishBowlに新しい家族の一員が加わることにもなります。 それによって全体が揺さぶられるようなことが起こり 最期にはちょっとした事件も用意されているのですが、 それの顛末ついては 第12章にて語られます。 ………………………… 2017年10月26日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    957円
    購入

    『FishBowl vol.11』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『11.真新しいマンホール/ひとつ目の芸人の死』

    第11章では、《僕》の初恋の顛末が語られます。

    また、FishBowlに新しい家族の一員が加わることにもなります。
    それによって全体が揺さぶられるようなことが起こり
    最期にはちょっとした事件も用意されているのですが、
    それの顛末ついては
    第12章にて語られます。

    …………………………
    2017年10月26日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

    紙本:957円

  • 『FishBowl vol.12』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.10.30

    d本:82㌻ 新書版

    紙本:96㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    957円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『12.Family Affair/見てはならないもの/もうひとつの芸人の死』 第12章では、前章の最後にあらわれた暴力のその後、それと 《僕》にとっての新たな出会いについてが語られます。 《僕》は依然こんがらがったままですが、 その理由は徐々に開示されていきます。 そして、 またもや最後に大きな事件が起こるのですが、 その影響については 第13章にて語られます。 ………………………… 2017年10月30日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    957円
    購入

    『FishBowl vol.12』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『12.Family Affair/見てはならないもの/もうひとつの芸人の死』

    第12章では、前章の最後にあらわれた暴力のその後、それと
    《僕》にとっての新たな出会いについてが語られます。

    《僕》は依然こんがらがったままですが、
    その理由は徐々に開示されていきます。
    そして、
    またもや最後に大きな事件が起こるのですが、
    その影響については
    第13章にて語られます。

    …………………………
    2017年10月30日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

    紙本:957円

  • 『FishBowl vol.13』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.11.01

    d本:80㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『13.無遠慮な風/出来もしない計画/風の音とグノシェンヌ』 第13章では、『もうひとつの芸人の死』について、その顛末が語られます。 そのことはこれまでにないくらい大きな影響を《家族》にあたえ、 《僕》も当然のことにその影響を受けることになります。 こんがらがったままの《僕》には さらなる混乱のもとがもたらされますが、 それが収束されるのは 第14章以降のことになります。 ………………………… 2017年11月1日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.13』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『13.無遠慮な風/出来もしない計画/風の音とグノシェンヌ』

    第13章では、『もうひとつの芸人の死』について、その顛末が語られます。
    そのことはこれまでにないくらい大きな影響を《家族》にあたえ、
    《僕》も当然のことにその影響を受けることになります。

    こんがらがったままの《僕》には
    さらなる混乱のもとがもたらされますが、
    それが収束されるのは
    第14章以降のことになります。

    …………………………
    2017年11月1日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.14』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.11.04

    d本:102㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『14.真昼の不安/『FishBowl』/最初の警告』 第14章では、まず幾つかの変化についてが語られます。 田中和宏は新たな劇団をつくり、旗挙げ公演をするのですが そのときの反応によってFishBowl全体を巻きこむ画策をします。 また、温佳も新たな活動をはじめ、 それは大きな事件へとつながっていきます。 しかし、 その大きな事件は 15章以降にて語られます。 ………………………… 2017年11月4日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.14』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『14.真昼の不安/『FishBowl』/最初の警告』

    第14章では、まず幾つかの変化についてが語られます。
    田中和宏は新たな劇団をつくり、旗挙げ公演をするのですが
    そのときの反応によってFishBowl全体を巻きこむ画策をします。
    また、温佳も新たな活動をはじめ、
    それは大きな事件へとつながっていきます。

    しかし、
    その大きな事件は
    15章以降にて語られます。

    …………………………
    2017年11月4日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.15』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.11.08

    d本:94㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『15.二度目の警告/温佳の災難』 第15章では、温佳の新たな活動がどのように発展するか、 そして、それがいかなる破綻を迎えるかが語られます。 また、 井田隆徳は謎の言葉を吐き、 これまでに《僕》が見ようとしていなかったものを言いあてます。 この章の最後に 「大きな事件」が持ちあがるのですが、 それの決着は 16章にて語られます。 ………………………… 2017年11月8日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.15』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『15.二度目の警告/温佳の災難』

    第15章では、温佳の新たな活動がどのように発展するか、
    そして、それがいかなる破綻を迎えるかが語られます。
    また、
    井田隆徳は謎の言葉を吐き、
    これまでに《僕》が見ようとしていなかったものを言いあてます。

    この章の最後に
    「大きな事件」が持ちあがるのですが、
    それの決着は
    16章にて語られます。

    …………………………
    2017年11月8日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.16』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.12.05

    d本:84㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『16.意味あるものとして残るもの』 第16章では、前章からつづく「大きな事件」の顛末が語られます。 これによって、《僕》の抱えてきたひとつのテーマはひとまずの完結を迎えます。 それによってなにかが解決するわけではないにせよ、です。 それ以外の完結されていないテーマについては あらかた 17章にて語られます。 ………………………… 2017年11月11日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.16』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『16.意味あるものとして残るもの』

    第16章では、前章からつづく「大きな事件」の顛末が語られます。
    これによって、《僕》の抱えてきたひとつのテーマはひとまずの完結を迎えます。
    それによってなにかが解決するわけではないにせよ、です。

    それ以外の完結されていないテーマについては
    あらかた
    17章にて語られます。

    …………………………
    2017年11月11日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.17』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.11.14

    d本:110㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『17.いつも遅れてやってくるもの/太陽の十字架』 第17章は、エピローグ風に物語が進められます。 この話のひとつの縦糸である『父親の死』について描きながら 『もうひとつの死』についてが語られます。 その『もうひとつの死』は 《僕》に決定的な影響を残すことにもなります。 そして、 『父親の死』にも謎めいた影響を及ぼしたのかもしれません。 次の章は、 挿入章であり そこでは『父親の死』に関するエピソードが語られます。 ………………………… 2017年11月14日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.17』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『17.いつも遅れてやってくるもの/太陽の十字架』

    第17章は、エピローグ風に物語が進められます。

    この話のひとつの縦糸である『父親の死』について描きながら
    『もうひとつの死』についてが語られます。

    その『もうひとつの死』は
    《僕》に決定的な影響を残すことにもなります。
    そして、
    『父親の死』にも謎めいた影響を及ぼしたのかもしれません。

    次の章は、
    挿入章であり
    そこでは『父親の死』に関するエピソードが語られます。

    …………………………
    2017年11月14日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.17-2』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.11.17

    d本:22㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『A Hard Rain's A-Gonna Fall ――激しい雨が降る』 この章では、『父親の死』についてが語られます。 事実のみを並べるようなかたちで書かれ、 それ以上の意味を持つようなものではありません。 ただ、 最後に《僕》は 『《新しい真実》とでもいうべきもの』を 受けとったように思います。 次は最終章です。 この長い物語も終わりを迎えることになります。 ………………………… 2017年11月17日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.17-2』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『A Hard Rain's A-Gonna Fall ――激しい雨が降る』

    この章では、『父親の死』についてが語られます。

    事実のみを並べるようなかたちで書かれ、
    それ以上の意味を持つようなものではありません。
    ただ、
    最後に《僕》は
    『《新しい真実》とでもいうべきもの』を
    受けとったように思います。

    次は最終章です。
    この長い物語も終わりを迎えることになります。

    …………………………
    2017年11月17日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

  • 『FishBowl vol.18』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2017.11.24

    d本:66㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『18.きえた灯り/灯りをともす』 最終章において語られることは、 もう読んで頂くしかありません。 これまでに提示されたことの幾つかは解決され、 また幾つかは放置されたままになっているかもしれません。 ただし、 その判断は書いた者がするよりも 読んだ方によってなされる方がいいのでしょう。 長い物語は終わりました。 ここに書かれた関係を許せるか/許せないかも 読者に委ねたいと思います。 ま、 書いた者としては 当然のことながら許していますよ。 なにしろ 僕は彼らを非常に愛していますから。 ………………………… 2017年11月23日更新 一部改訂 句読点整理

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『FishBowl vol.18』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『18.きえた灯り/灯りをともす』

    最終章において語られることは、
    もう読んで頂くしかありません。

    これまでに提示されたことの幾つかは解決され、
    また幾つかは放置されたままになっているかもしれません。

    ただし、
    その判断は書いた者がするよりも
    読んだ方によってなされる方がいいのでしょう。


    長い物語は終わりました。
    ここに書かれた関係を許せるか/許せないかも
    読者に委ねたいと思います。

    ま、
    書いた者としては
    当然のことながら許していますよ。
    なにしろ
    僕は彼らを非常に愛していますから。

    …………………………
    2017年11月23日更新
    一部改訂
    句読点整理

    データ本:無料

  • 『清水ミカ』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2019.01.09

    d本:114㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『こういうのってよくあること。そして、よくあることは忘れられることでもある』 まあまあ美人の妹と、かなり美人の姉。 清水家の姉妹に結婚話が持ちあがることで起こる、ごく家族的な騒動。 子供の頃から美しい姉にコンプレックスを抱く《清水ミカ》は、 心の中でツッコミをいれつつも、まあまあ良好な姉妹関係を築いてきた。 幾多の苛立ちをおさえつけ、過去のわだかまりをも捨て、姉に接してきた。 その姉妹がともに結婚することになって、 なにかが大きく変わっていく―― といった感じです。 是非ともお読みになってください。 ------------------------- 2018年11月18日更新 ・大幅改訂 2018年12月26日更新 ・脱字修正 2019年1月9日更新 ・一部訂正

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『清水ミカ』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    『こういうのってよくあること。そして、よくあることは忘れられることでもある』


    まあまあ美人の妹と、かなり美人の姉。
    清水家の姉妹に結婚話が持ちあがることで起こる、ごく家族的な騒動。


    子供の頃から美しい姉にコンプレックスを抱く《清水ミカ》は、
    心の中でツッコミをいれつつも、まあまあ良好な姉妹関係を築いてきた。
    幾多の苛立ちをおさえつけ、過去のわだかまりをも捨て、姉に接してきた。


    その姉妹がともに結婚することになって、
    なにかが大きく変わっていく――
    といった感じです。

    是非ともお読みになってください。


    -------------------------
    2018年11月18日更新
    ・大幅改訂

    2018年12月26日更新
    ・脱字修正

    2019年1月9日更新
    ・一部訂正

    データ本:無料

  • 『髙橋慎二』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2018.11.18

    d本:136㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    仕事がむちゃくちゃ出来て、 家事もなんでもこなす42歳の独身男・髙橋慎二(税理士)。 彼は『モテるはず』の男なのに、恋をしない。 『もう20年以上も恋やそれに類することとは無縁』な彼が スーパーマーケットの店員に一目惚れをしたところから はじまる、ちょっと恥ずかしい奮闘記――ですかね。 これは、 自分の生活を愛し過ぎていたり、 恋愛から遠ざかり過ぎていたり、 感情を押し殺し過ぎていたりしている方にこそ 読んでいただきたい小説です。 もちろん、そうでない方にも 読んでいただきたいですが。 『腐れ縁』の元・恋人が妙な動きをしますが、 それが彼にどう作用するか――も この小説のポイントだと思っています。 二重のラストシーンには《含み》を持たせたつもりです。 それをどのように読んでいただけるか、 書いた者としては楽しみです。 ------------------------- 2018年10月11更新 ・一部改訂 ------------------------- 2018年1月24更新 ・大幅改訂 ………………………… 2016年8月29日更新 誤字訂正 ………………………… 2016年8月15日更新 ・本文一部修正 ・ルビ、傍点修正

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『髙橋慎二』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    仕事がむちゃくちゃ出来て、
    家事もなんでもこなす42歳の独身男・髙橋慎二(税理士)。

    彼は『モテるはず』の男なのに、恋をしない。
    『もう20年以上も恋やそれに類することとは無縁』な彼が
    スーパーマーケットの店員に一目惚れをしたところから
    はじまる、ちょっと恥ずかしい奮闘記――ですかね。


    これは、
    自分の生活を愛し過ぎていたり、
    恋愛から遠ざかり過ぎていたり、
    感情を押し殺し過ぎていたりしている方にこそ
    読んでいただきたい小説です。

    もちろん、そうでない方にも
    読んでいただきたいですが。


    『腐れ縁』の元・恋人が妙な動きをしますが、
    それが彼にどう作用するか――も
    この小説のポイントだと思っています。


    二重のラストシーンには《含み》を持たせたつもりです。
    それをどのように読んでいただけるか、
    書いた者としては楽しみです。

    -------------------------
    2018年10月11更新
    ・一部改訂
    -------------------------
    2018年1月24更新
    ・大幅改訂
    …………………………
    2016年8月29日更新
    誤字訂正
    …………………………
    2016年8月15日更新
    ・本文一部修正
    ・ルビ、傍点修正

    データ本:無料

  • 『見える人』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    2018.10.09

    d本:210㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    《呪われた男》の前にあらわれた、えらく地味な女・篠崎カミラ。 彼女はいわゆる霊などが『見える人』なわけだが―― 《僕》はこれまでに何度も近づくだけで突然街灯が消えるという経験をしている男。それだけでなく、何故か犬に見つめられるという経験も幾度となくしてきた。ごく最近は女に騙され、お金だけでなく鍋や皿、炊飯器、コーヒーメーカーまでをも持ち逃げされた。 まさに呪われているとしか思えない《僕》 そんな《僕》の前に突如としてあらわれたのはアゼルバイジャン人絡みのクォーター・篠崎カミラ。彼女は《僕》に「じゅ、重要な、お、お話が、あ、あります」と、どもりつつ伝えてきた。 基本的に『派手目で、メイクもばっちりって感じの、それでいて乗り切れてないような、ちょっと田舎くさく、すこし馬鹿っぽい、背は低く、年は若い』女の子が好み《僕》は、地味すぎる篠崎カミラに苛々させられながらも、自らの運命に立ち向かっていく。 ――という感じの小説です。 若干ホラーで、あとのほぼすべてはアホっぽい物語ですが、この世界の有り様というものを考える、その『きっかけ』くらいにはなるかもしれません。 ------------------------- 2018年10月9更新 ・大幅改訂

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『見える人』

    佐藤清春著

    SKKT発行

    文芸

    -

    《呪われた男》の前にあらわれた、えらく地味な女・篠崎カミラ。
    彼女はいわゆる霊などが『見える人』なわけだが――


    《僕》はこれまでに何度も近づくだけで突然街灯が消えるという経験をしている男。それだけでなく、何故か犬に見つめられるという経験も幾度となくしてきた。ごく最近は女に騙され、お金だけでなく鍋や皿、炊飯器、コーヒーメーカーまでをも持ち逃げされた。

    まさに呪われているとしか思えない《僕》

    そんな《僕》の前に突如としてあらわれたのはアゼルバイジャン人絡みのクォーター・篠崎カミラ。彼女は《僕》に「じゅ、重要な、お、お話が、あ、あります」と、どもりつつ伝えてきた。

    基本的に『派手目で、メイクもばっちりって感じの、それでいて乗り切れてないような、ちょっと田舎くさく、すこし馬鹿っぽい、背は低く、年は若い』女の子が好み《僕》は、地味すぎる篠崎カミラに苛々させられながらも、自らの運命に立ち向かっていく。


    ――という感じの小説です。


    若干ホラーで、あとのほぼすべてはアホっぽい物語ですが、この世界の有り様というものを考える、その『きっかけ』くらいにはなるかもしれません。

    -------------------------
    2018年10月9更新
    ・大幅改訂

    データ本:無料

  • もっと見る

佐藤清春

けっこう、いろんな感じのものを書いております。まあ、だいたいは馬鹿な感じのものが多いですが、深刻っぽいのもあります。順次、こちらで公開していきますね。
↓ブログもご覧ください↓
http://ameblo.jp/kiyoharu-satou/

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • アカパナの手紙

      アカパナの手紙

      かくら こう著

      おはなしの喫茶室発行

      2019年2月4日更新 「おはなしの喫茶室 店主の手帖」追加 ………………………… 2019年1月27日更新 表紙・総扉・挿絵改め ………………………… とびきりおいしいパンの秘密は、真っ赤なピエロ鼻。それは犬みたいにするどい嗅覚。アカパナのパン屋に遺伝する特別な鼻。 でも、その鼻のせいで、頑固な父娘は大げんか。 ある夜、娘は家を飛び出して大陸へ渡る船へ乗り込み、一方父親は「娘の鼻をふつうの鼻にしてくれる」っていう〈なんでも可能な存在〉を名乗る正体不明のへんてこなやつと契約を交わして遠い山を目指して旅に出た。 わけもわからないまま残された奥さんともうひとりの娘のもとへ、ふたりから手紙が届き、家族の時間が動いてゆく。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      836円
      購入
    • おはなし手帖

      おはなし手帖

      かくら こう著

      おはなしの喫茶室発行

      〈奇妙で不思議な幻の小片標本〉 ◆2011年5月、Twitter@ohanasitechoでちいさなおはなしの発信をはじめました。 2019年1月までに約800のおはなしをつぶやきました。 この本には206作を選び、「夜を歩く君へ」「月と砂漠へ焦がれる」「そのとき海の音を聴いた」「猫偏愛の」「地図のない町を歩く」「その国へ渡る切符を持っている」「青に捧ぐこと」と、七つの章におさめました。

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      1,111円
      購入
    • 【ノベライズ版】32日目のブラックサマー

      道を間違えてしまったんだろうか。僕たちはもう戻れない。でも──。 誰にも奪われたくなかった妹の亜希と、僕は秘密の関係を続けている。 父親のいなくなった家で、互いの空虚さを埋めあうように貪りあって。 明日から学校が始まる日の前夜、僕たちはこっそりと家を出た。 少しだけ、夏休みを延長しよう。 駆け上がった丘の上で、僕たちは寄り添いあって夜空を見上げた。 「大丈夫、ずっと一緒だよ、お兄ちゃん」 誰からも祝福されぬ僕たちを、満天の星たちがじっと見下ろしている。 同人サークル がめんはじ様のオリジナル同人作品『32日目のブラックサマー』のノベライズ(小説化)版です。原作同人誌およびがめんはじ様のプロフィールについては、こちらをご覧ください。 http:// http://ph-uni.blogspot.jp/

      データ本
      330円
      購入
      紙の本
      購入
    • 計画された終末

      計画された終末

      申玉珠牧師著

      ソロモンの知恵出版発行

      2014年9月7日更新 全世界に来ようとしている大患難、いまだかつてなかったような試練の時が私たちの目の前に来ている。 ………………………… 大患難 マタイ24章21節 そのときには、世の初めから、今に至るまで、いまだかつてなかったような、またこれからもないような、ひどい苦難があるからです。 マルコ13章19節 その日は、神が天地を創造された初めから、今に至るまでいまだかつてなかったような、またこれからもないような苦難の日だからです。 どんなにひどい苦難かな、その日数が少なくされなかったら、この地の上にいるすべての人はもちろん、神を信じるという者たちさえも、ひどい苦難から救われることは難しいであろうと強調している預言の御言葉である。ここで、私たちが今まで見聞きして来た終わりの時に対するあらゆる人々の聖書的でないことばを捨てなければならない すなわち、苦難の前にクリスチャンはみな携挙されるという話や、苦難がないという話、今キリストと共に歩んでいるから天国地獄も否認する人々の話など…そこで、かならず、生きておられる神のことばだけを信じなければならないということである。これに対してよりはっきり預言されている解答の御言葉を探して思い浮かんで見よう 黙示録9章6節 その期間には、人々は死を求めるが、どうしても見いだせず、死を願うが、死が彼から逃げて行くのである。 その日に起こる大苦難は、耐えられないほどの苦しさのあまり、死を求めるが、死が彼から逃げて行くと預言している。言い換えれば、苦しさのあまり死にたくても自ら命を絶つこともできない大苦難であることが含まれた預言の御言葉である。それで、神はご自分が選ばれた者たちのため、その日を少なくされるとすでに預言しておかれたのである。次の御言葉を通じて聖霊の御声を聞こう。 マタイ24章22節 もし、その日数が少なくされなかったら、ひとりとして救われる者はないでしょう。しかし、選ばれた者のために、その日数は少なくされます。 マルコ13章20節 そして、もし主がその日数を少なくして下さらないなら、ひとりとして救われる者はないでしょう。しかし、主は、ご自分で選んだ選びの民のために、その日数を少なくしてくださったのです。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 계획된 종말

      2013年2月6日更新 誤文字が確認され修正いたしました。 ………………………… 2013年1月12日更新 계획된 종말 최종 증보판입니다. ………………………… 먼저 깨달아야 할 것은 하나님께서 세상을 창조하실 때 이미 이 지구의 종말을 계획하고 창조하셨다는 것이다.그 해답은 다음 말씀이다. 이사야46:8~10절에“내가 종말(마지막,끝,미래,끝 시간)을 처음(시작, 최초)부터 고하며(예언하다) 아직 이루지 아니한 일을 옛적부터 보이고 이르기를 나의 모략이 설 것이니 내가 나의 모든 기뻐하는 것을 이루리라 하였노라”고 말씀하셨다.즉,이 세상을 창조하실 때 이미 이 지구의 종말을 계획하고 창조하셨다는 것이다.구약성경에 기록된 예언의 말씀에 대하여 더 정확하고 명확한 해답이 신약성경에 기록되어 있다. 베드로후서 3:7절에“이제 하늘과 땅은 그 동일한 말씀으로 불사르기 위하여 간수하신바 되어 경건치 아니한 사람들의 심판과 멸망의 날까지 보존하여 두신 것이니라” 즉,지금 보이는 이 지구 즉,하늘(천)과 땅(지)은 그 동일한 말씀(구약성경에 예언하신대로)대로 불사르기 위해서 간수하고 계시는데,이 지구의 마지막 날은 바로 경건치 아니한 사람들의 심판과 멸망의 날이 될 것이며,그 날까지 보이는 하늘과 땅과 그 가운데 모든 만물을 보존해 두시고 계신다는 것이다.이 말은 실로 엄청난 예언이다.이 세상에 그 어떤 책이나 사람들이 이렇게 정확하게 보이는 이 지구와 그 가운데 있는 모든 만물의 마지막 날에 대해서,그 마지막 날에 어떻게 종말을 맞게 될 것인지에 대해서 기록하고 있으며,말하고 있는가?

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,001円
      購入