季刊SakeWineLive! 直営店

季刊SakeWineLive! 直営店

冊数 1

紙本 0

更新 2019.01.19

ジャンル 料理・グルメ1

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新情報はこちら trestelle.main.jp

  • 『SakeWineLive! 創刊号 』

    SakeWineLive! 編集部著

    トレステッレ発行

    料理・グルメ

    2019.01.19

    d本:52㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    540円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『SakeWineLive! 創刊号 』

    SakeWineLive! 編集部著

    トレステッレ発行

    料理・グルメ

    -

    創刊号は山形特集!
    高畠ワイナリー等5軒のワイナリーと、楯の川酒造等6軒の酒蔵の巻頭特集や、ワイン&日本酒業界の第一人者対談やイベントレポート、今後の注目イベント等、90P近くになる充実の内容です!

    TreStelleトレステッレが最も時間を割いてお届けする、根幹のメディア"Sake Wine Live!"季刊1,4,7,10月の21日に発売です

    データ本:540円

TreStelle

ワインのスペシャリストとして、分かりやすく楽しめるコンテンツを、主に初心者向けに発信しています。

運営

トレステッレ

http://trestelle.main.jp/

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 駅弁画報 弐

      ※編集中は無料でごらんいただけます。編集終了時期は未定です。 ※編集中ですので内容は保証できません。 ※編集中の評価はご遠慮下さい。 駅弁を知ることは、日本を知ることです。作家・編集者のバーバラ・アスカが食べた駅弁を写真とコラムで紹介。さああなたもレッツ駅弁。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • 駅弁画報 壱

      駅弁を知ることは、日本を知ることです。作家・編集者のバーバラ・アスカが食べた駅弁を写真とコラムで紹介。さああなたもレッツ駅弁。 横浜 シウマイ弁当 関東 夕刊フジ特選おつまみ弁当 関東 鮭いくらおこわ弁当 関東 チキン弁当 関東 うなぎ弁当 神戸 日本の朝食弁当

      データ本
      432円
      購入
      紙の本
      1,296円
      購入
    • アジア主義の行方・宮崎龍介小伝

      江戸後期から日清戦争までの知識人たちはアジアをどう見ていたのか?そして、第二次世界大戦へとつながる要因は何であったのかを検証する「アジア主義の行方」。父滔天の志を受け継ぎ、中国との戦争回避に身命を賭した人物の足跡をたどる「宮崎龍介小伝」。今だからこそこの書を!

      データ本
      778円
      購入
      紙の本
      886円
      購入
    • 畠山重忠(三)

      畠山重忠(三)

      菊池道人著

      一人(いちにん)社発行

      後白河法皇の「毒を以て毒を制す」策謀は結局は騒乱を誘発するだけではないか、との疑問を抱いた傀儡子の左近は、平家側にある神器を奪還することで戦争終結させることを企てる。一方の重忠は武士の道理に基づく政を目指す頼朝に共感するも、弟である義経までも排除しようとする冷徹さには違和感も覚えるが:。変革期に苦悩する男たちのの姿は:。

      データ本
      432円
      購入
      紙の本
      1,394円
      購入
    • 読心術の達人

      読心術の達人

      島田梟著

      NPO法人日本独立作家同盟発行

      ── 角砂糖は左手で入れなさい  彼は読心術の達人。人の心が手に取るようにわかる。今日も教え子がひとり、相談にやってきた。達人はその該博な知識を駆使して、青春の苦悶に全力で応える。 (※『月刊群雛』2016年08月号掲載作品のサンプルおよび作品情報&著者情報を収録しています)

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • いじめられっ子の恩讐

      いじめられっ子の恩讐

      原田修明著

      NPO法人日本独立作家同盟発行

      ── 大人になって、いじめっ子と再び出会った。  僕の趣味は、趣味と言うには深刻すぎると自分でも思うが、復讐計画を作ることである。  相手は、山岸涼。十年前、中学生のころ、僕の人格をズタズタにした男だ。  いまだに当時の屈辱を思い出し、夜中に飛び起きることがある。そんなときはパソコンに向かい、山岸の殺害計画を作る。  絞殺。  撲殺。  扼殺。  焼殺。  計画のテキストファイルは、百五十を越えた。  実行したことは、ない。  僕にできることは悶々と怨念をキーボードに叩きつけることばかりだった。計画は何の意味もない。それは判っていた。  虚しい計画を徹夜で作った朝、往復はがきが届いていた。同窓会の案内だった。  幹事は、山岸涼。  はがきを破り捨てようと思った。  しかし、十年も山岸の記憶に縛られ続けていながら、僕にはチンケなプライドがあった。  山岸ごときに人生を左右されたくない。  僕は、同窓会に出ることに決めた。  忌まわしい記憶に、僕は勝てるのか。 (※『月刊群雛』2016年08月号掲載作品のサンプルおよび作品情報&著者情報を収録しています)

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入