義里カズ作成本

ヒドリドの在処

青春 / 後悔 / 羨望

ヒドリドの在処

冊数 5

紙本 3

更新 2016.12.29

ジャンル 文芸4 詩歌1

このエントリーをはてなブックマークに追加

義里カズ作成本。無料公開ほか、文学フリマ公開の短編なども。

  • 『二十万と一つの印』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    文芸

    2012.04.03

    d本:50㌻ 文庫版

    紙本:48㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    550円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    二十万と一つの印

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    母校を訪れて思い出すのはただ一人。その子は独りぼっちで視聴覚室にいた。僕はどうしても気になって声をかける。何をしているの、って。――鍵となるのは、数多の印。 中編。一万字程度。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    550円
    購入

    『二十万と一つの印』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    文芸

    -

    母校を訪れて思い出すのはただ一人。その子は独りぼっちで視聴覚室にいた。僕はどうしても気になって声をかける。何をしているの、って。――鍵となるのは、数多の印。
    中編。一万字程度。

    データ本:無料

    紙本:550円

  • 『雨の日に鳥は 飛ばない』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    文芸

    2012.12.18

    d本:136㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    物憂げな仁井と、張りぼてな翼で空を飛ぼうとする三本木。空に住む少女、古瀬。三人の静かな心と世界の物語。中編、原稿用紙換算90枚程度。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『雨の日に鳥は 飛ばない』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    文芸

    -

    物憂げな仁井と、張りぼてな翼で空を飛ぼうとする三本木。空に住む少女、古瀬。三人の静かな心と世界の物語。中編、原稿用紙換算90枚程度。

    データ本:無料

  • 文フリ本

  • 『あの頃一番の輝石』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    文芸

    2015.11.08

    d本:226㌻ 文庫版

    紙本:224㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 36

    レビュー 0

    データ本

    220円

    紙本

    1,111円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    あの頃一番の輝石

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    短編集。第21回文学フリマ東京初版(11/28E-28絶望系青春同盟)。青春短編集。同級生についてしまったわずかな嘘が悩ませる「アメジストの早計」。どうして彼女は小学校の静かな部屋にじっと居たのか「二十万と一つの印」。他五編。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    1,111円
    購入

    『あの頃一番の輝石』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    文芸

    -

    短編集。第21回文学フリマ東京初版(11/28E-28絶望系青春同盟)。青春短編集。同級生についてしまったわずかな嘘が悩ませる「アメジストの早計」。どうして彼女は小学校の静かな部屋にじっと居たのか「二十万と一つの印」。他五編。

    データ本:220円

    紙本:1,111円

  • 『雪はまるで泥のよう』

    義里カズ著

    絶望系青春同盟発行

    文芸

    2012.05.10

    d本:98㌻ 文庫版

    紙本:96㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 1

    レビュー 0

    データ本

    220円

    紙本

    825円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    雪はまるで泥のよう

    義里カズ著

    絶望系青春同盟発行

    寂寞に満ちた短編集。 第十四回文学フリマC-16にてコピ本版発売。 透明化能力を持った後継者の逡巡「希薄と空虚」、試験二日間に持ち上がる謎「雪はまるで泥のよう(表題作)」、女子高生の部屋に転がり込んできた少女の話「さよならという子」の三編。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    825円
    購入

    『雪はまるで泥のよう』

    義里カズ著

    絶望系青春同盟発行

    文芸

    -

    寂寞に満ちた短編集。
    第十四回文学フリマC-16にてコピ本版発売。
    透明化能力を持った後継者の逡巡「希薄と空虚」、試験二日間に持ち上がる謎「雪はまるで泥のよう(表題作)」、女子高生の部屋に転がり込んできた少女の話「さよならという子」の三編。

    データ本:220円

    紙本:825円

  • 都都逸本

  • 『みそかの町に季節風』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    詩歌

    2013.01.08

    d本:34㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    みそかの町に季節風

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    都都逸写真本。冬に帰省したわたしは、懐かしさに影を見る。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『みそかの町に季節風』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    詩歌

    -

    都都逸写真本。冬に帰省したわたしは、懐かしさに影を見る。

    データ本:無料

aerial.sky

物語書き。各種サービスで公開中。 http://aerial.kitunebi.com/

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • j-fashion journal Vol.1「ファッション業界を何とかしたい」

       「東京コレクションを考える」では、これまでの歴史を振り返り、今後の提言を行っている。TD6からスタートした東京コレクションは、東京ファッションデザイナー協議会(CFD)に受け継がれ、現在は日本ファッション・ウィーク推進機構(JFW推進機構)が主催している。メルセデスベンツが冠スポンサーにつき、「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京」という名称で開催されている。  一時期、東京コレクションのあり方については、いろいろと議論されたが、冠スポンサーがつき、経営的に安定してから、あまり話題にならなくなった。主催者や名称の変化はともかく、コレクションの意義、コレクションのあり方については継続して議論するべきではないか、と思う。  そもそも、パリもニューヨークもミラノも、各コレクションにはそれぞれのコンセプトがある。パリコレはフランス人デザイナー、ニューヨークコレクションはアメリカ人デザイナーのために存在しているのではない。世界中から参加するコレクションだ。  それなら東京はどうすべきか、というのが、私の問題意識である。  「ジャパンブランドの販売戦略を考える」では、輸出振興の名目で海外展示会に出展しながら、成果が上がらないメーカーに対する提言である。  海外企業が日本市場を重視するのは、日本市場で認められれば、アジア市場で信用を得られるからだ。日本企業もアジア市場を攻略するには、まず日本市場で認知されることを考えるのが当然だろう。しかし、現実は「日本で売れないから海外市場に行く」という考える人も多い。  まず日本市場でやるべきことをやってから、海外市場に出掛けましょう、という意見と具体的な進め方について解説した。    「ファッションビジネスをグローバルに考える」では、まず日本のビジネス環境全体を俯瞰している。その上で、ファッションビジネスはどうするか、という視点に立った提言を行っている。    「経済再生は『現場力』向上から」は、日本の強みは現場力にあるのではないか、という仮説から始まり、現場力を高めるための提言を行っている。政府や大企業は大卒のホワイトカラーであり、ホワイトカラーの視点で経済を見ている。しかし、私は「日本のホワイトカラーは国際競争力がない」と思っている。むしろ、販売員の接客や、工場の従業員にこそ国際競争力はあるのではないか。    本書は、有料メルマガ「j-fashion journal」(http://www.mag2.com/m/0001355612.html)のコンテンツをまとめたものだ。その後、数カ月遅れで私のブログ(http://j-fashion.cocolog-nifty.com/jfashion/)にも紹介している。したがって、コンテンツそのものは無料で読んでいただくことができる。しかし、プログまで行って、わざわざバックナンバーを読む人はほとんどいない。ということで、電子書籍という形にまとめてみた。まとめて読んでみると、また別の作品になっているように感じている。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • j-fashion journal Vol.2「ファッションビジネスをどうにかしたい」

       日本企業は仕事のやり方や互いの関係を変えることには非常に保守的だが、コンテンツを変えるのは柔軟だ。トラッドが流行すれば、トラッドブランドを作り、イタリアンファッションが流行れば、イタリアブランドのライセンスブランドを展開する。  しかし、百貨店や量販店の婦人服バイヤーは未だに男性中心だし、中国の販売法人の経営者は日本人で固めている。  自らの変革は行わずに、相手にばかり変革を求めるというのは、自分に甘いだけだ。自分に甘い企業にグローバルビジネスで勝利することはできるのだろうか。  「グローバル人材育成のうさん臭さ」では、自らが変革しようとせず、何でもかんでも「人材がいない」せいにしている企業、業界に苦言を呈しながら、真のグローバル企業への変革について解説している。  「新時代のビジネス発想」では、ビジネスの基本である需給バランス、「ファッションは変化なり」では、ファッションの基本である変化について考察した。  「グローバルなクリエーション、ドメスティックなMD」では、クリエーション型と量産型のビジネスモデルの違いと、国際的なファッションビジネスのタイムテーブルについて述べている。グローバルなビジネスは、グローバルなカレンダーで動いている。それを理解し、自らもそのカレンダーで動かない限り、グローバルビジネスのステージに立つことはできない。  日本のメーカーは技術、商品だけに目が行きがちだが、実はスケジュールが最も大切だ。コレクションの準備をしているタイミングでテキスタイルをプレゼンしなければ、どんなに良い素材でも取り上げられることはない。  「原価率50%のクリエイティブビジネスを」では、国内生産と原価率の問題を整理している。ファッションデザイナーは服のデザインばかりを考えているが、もっと社会的な視点を持つべきだと思う。そして、ビジネスモデルもクリエイティブでなければならないと思う。  本書は、アパレル企業、流通企業の経営者、経営幹部、現場のリーダーに読んでもらいたい。同時に、未来の起業家にも読んで欲しい。そして、新会社の参考にしていただければ幸いだ。  本書は、有料メルマガ「j-fashion journal」(http://www.mag2.com/m/0001355612.html)のコンテンツをまとめたものだ。その後、数カ月遅れで私のブログ(http://j-fashion.cocolog-nifty.com/jfashion/)にも紹介している。したがって、コンテンツそのものは無料で読んでいただくことができる。しかし、プログまで行って、わざわざバックナンバーを読む人はほとんどいない。それに、こうして電子書籍という形にまとめることで、新たな作品になるのだ。創造、生産、編集、流通のそれぞれの段階で創造性が問われるのはファッションと同様だと思う。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入