義里カズ作成本

ヒドリドの在処

青春 / 後悔 / 羨望

ヒドリドの在処

冊数 5

紙本 3

更新 2016.12.29

ジャンル 文芸4 詩歌1

このエントリーをはてなブックマークに追加

義里カズ作成本。無料公開ほか、文学フリマ公開の短編なども。

  • 『二十万と一つの印』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    文芸

    2012.04.03

    d本:50㌻ 文庫版

    紙本:48㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    550円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    二十万と一つの印

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    母校を訪れて思い出すのはただ一人。その子は独りぼっちで視聴覚室にいた。僕はどうしても気になって声をかける。何をしているの、って。――鍵となるのは、数多の印。 中編。一万字程度。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    550円
    購入

    『二十万と一つの印』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    文芸

    -

    母校を訪れて思い出すのはただ一人。その子は独りぼっちで視聴覚室にいた。僕はどうしても気になって声をかける。何をしているの、って。――鍵となるのは、数多の印。
    中編。一万字程度。

    データ本:無料

    紙本:550円

  • 『雨の日に鳥は 飛ばない』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    文芸

    2012.12.18

    d本:136㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    物憂げな仁井と、張りぼてな翼で空を飛ぼうとする三本木。空に住む少女、古瀬。三人の静かな心と世界の物語。中編、原稿用紙換算90枚程度。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『雨の日に鳥は 飛ばない』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    文芸

    -

    物憂げな仁井と、張りぼてな翼で空を飛ぼうとする三本木。空に住む少女、古瀬。三人の静かな心と世界の物語。中編、原稿用紙換算90枚程度。

    データ本:無料

  • 文フリ本

  • 『あの頃一番の輝石』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    文芸

    2015.11.08

    d本:226㌻ 文庫版

    紙本:224㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 36

    レビュー 0

    データ本

    220円

    紙本

    1,111円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    あの頃一番の輝石

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    短編集。第21回文学フリマ東京初版(11/28E-28絶望系青春同盟)。青春短編集。同級生についてしまったわずかな嘘が悩ませる「アメジストの早計」。どうして彼女は小学校の静かな部屋にじっと居たのか「二十万と一つの印」。他五編。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    1,111円
    購入

    『あの頃一番の輝石』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    文芸

    -

    短編集。第21回文学フリマ東京初版(11/28E-28絶望系青春同盟)。青春短編集。同級生についてしまったわずかな嘘が悩ませる「アメジストの早計」。どうして彼女は小学校の静かな部屋にじっと居たのか「二十万と一つの印」。他五編。

    データ本:220円

    紙本:1,111円

  • 『雪はまるで泥のよう』

    義里カズ著

    絶望系青春同盟発行

    文芸

    2012.05.10

    d本:98㌻ 文庫版

    紙本:96㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 1

    レビュー 0

    データ本

    220円

    紙本

    825円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    雪はまるで泥のよう

    義里カズ著

    絶望系青春同盟発行

    寂寞に満ちた短編集。 第十四回文学フリマC-16にてコピ本版発売。 透明化能力を持った後継者の逡巡「希薄と空虚」、試験二日間に持ち上がる謎「雪はまるで泥のよう(表題作)」、女子高生の部屋に転がり込んできた少女の話「さよならという子」の三編。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    825円
    購入

    『雪はまるで泥のよう』

    義里カズ著

    絶望系青春同盟発行

    文芸

    -

    寂寞に満ちた短編集。
    第十四回文学フリマC-16にてコピ本版発売。
    透明化能力を持った後継者の逡巡「希薄と空虚」、試験二日間に持ち上がる謎「雪はまるで泥のよう(表題作)」、女子高生の部屋に転がり込んできた少女の話「さよならという子」の三編。

    データ本:220円

    紙本:825円

  • 都都逸本

  • 『みそかの町に季節風』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    詩歌

    2013.01.08

    d本:34㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    みそかの町に季節風

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    都都逸写真本。冬に帰省したわたしは、懐かしさに影を見る。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『みそかの町に季節風』

    義里カズ著

    aerial.kitunebi.com発行

    詩歌

    -

    都都逸写真本。冬に帰省したわたしは、懐かしさに影を見る。

    データ本:無料

aerial.sky

物語書き。各種サービスで公開中。 http://aerial.kitunebi.com/

書店一覧
book store

その他の書店

    • IN THE PRISON

      IN THE PRISON

      松本弦人著

      天然文庫発行

      囚人番号466番 松本弦人の「獄中デザイン記」。刑務所という完全カンヅメ状態で延べ1000時間、黒・赤・青のボールペン十二本を使い切って描き殴ったうめき声のような三冊のノートは、「デザインの不必要な作家領域」を嫌う松本弦人の「抗いようのない作品集」となっている。

      データ本
      440円
      購入
      紙の本
      1,342円
      購入
    • 愛し、日々

      愛し、日々

      寺尾紗穂著

      天然文庫発行

      透明感あふれる清冽な歌声と類稀な詩世界の鋭さ、美しさで今最も注目されるシンガー・ソングライター、寺尾紗穂の処女エッセイ集。18歳から28歳の現在に至る10年間の時の移ろいを残酷なまでに浮き彫りにする、ワルツのように愛(かな)しい青春の記念碑。

      データ本
      880円
      購入
      紙の本
      1,540円
      購入
    • 座談会「『ポスト・インターネット』を考える(β)」

      2012年1月よりICCで行われた「インターネット アート これから」展で行われた座談会シリーズの記録です。 ------------------------------------ 座談会「『ポスト・インターネット』を考える(β)」 日時:2012年3月4日(日)午後3時より 出演:水野勝仁,谷口暁彦,栗田洋介,萩原俊矢,畠中実(ICC) 会場:ギャラリーA内特設ステージ

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 新版電脳田舎暮らしのススメ

      新版電脳田舎暮らしのススメ

      岸田啓著

      エイティエル出版発行

       二〇一四年五月に日本創世会議が公表した「二〇四〇年には全国八九六市区町村が消滅の危機に直面する」という試算結果は日本の社会に衝撃を与えた。日本ほど政治のみならず経済や文化も首都である東京とその周辺に一極集中している国は、世界でも珍しい。とはいえ、少子化による人口減少と東京一極集中がここで論じられているわけではない。田舎暮らしの本は数多いが、都市に住む生活者の実感とあまりにかけはなれている。現代社会は、インターネットをはじめとするネットワークが張り巡らされた高度な情報社会である。日常の生活においても、コンピューターとは切っても切り離せない――にもかかわらず、そういうハイテク技術の恩恵には背を向けて「日本昔ばなし」の世界に閉じこもってしまうのでは、将来に対する展望は開けない。  その意味で、天草諸島に住みながらハイテク(電脳)を駆使して東京にいるときと同じ仕事をし、東京並みの報酬を得る、という著者のスタンスは明確だ。  この本が出版された当時はスマートフォンやタブレットはまだ存在せず、フェイスブックやツイッター、ラインなどの影も形もなかった。そういう時代から、コンピューターネットワークを駆使して田舎暮らしを実現させている。その内容は今日でもまったく古くなっていない。

      データ本
      440円
      購入
      紙の本
      購入