ファッションビジネス周辺の専門書店

Synergy Planning Books

ファッションビジネス周辺の専門書店

Synergy Planning Books

冊数 0

紙本 0

更新 2013.07.06

このエントリーをはてなブックマークに追加

book List

坂口昌章

1957年東京生まれ。文化服装学院ファッションデザイン専攻科卒業後、株式会社ニコル等、アパレル数社の商品企画、ブランド開発業務を担当後、独立。1990年有限会社シナジープランニング設立同社代表取締役就任、現在に至る。 専門は、テキスタイル(織物、ニット)からアパレル、流通にいたるまでのトータルな企画コンセプト立案及びコンサルティング。最近は、中国ビジネス、ファッションビジネスのIT化推進、人材育成や雇用問題、きものや伝統産業振興など幅広く活躍中。 著書に、「脱・トレンド主義」商業界、「ポストDC時代のファッション産業」日本経済新聞社、「ファッションビジネス用語辞典」ファッションビジネス学会(共著)、「次世代百貨店構築のシナリオ」ストアーズ社(共著)等がある。

運営

有限会社シナジープランニング

http://www.synergyplanning.jp/

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 助けて!池波正太郎!!

      初めての逆ナン!? うんちくで運命を打ち破れ!! 池波正太郎ファンのオフ会で出会った謎の彼女。 「ぼくは鬼平には、小説から入ってドラマにもはまりました。」 「わたしはドラマからですね。」 盛り上がる中、唐突に彼女はこう口にした。 「日光東照宮に行ってみたいんです」 …日光。微妙な距離である。日帰りか泊まりか。池波うんちくを駆使し、冷静に彼女の真意を探る私。彼女は、そんな私に追い討ちをかける。 「池波正太郎は、日光のホテルにカンヅメになって作品を書いたって言いますよね?」 「そうです。東照宮の前ですよね?金谷ホテルがあるの。金谷ホテルに行きたいですー。」 勘違いか、からかわれているのか、はたまた詐欺か…。困惑する私をよそに彼女はにこやかに笑う。そしてそこに現れる酔客。 「本所で平蔵と忠吾が食べるみそ田楽な。この近所にあるおれの同級生の店でもやってるんだ。」 ガンバレわたし! 池波うんちくを駆使して、彼女のハートをいとめるんだ! NovelJam 2017 出場作品

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入
    • 低体温症ガール

      -30代女子、婚活はもう時代遅れです。 30代独身女子が、”孤独死”をプロデュース?!  特に美人でもお金持ちでも才能がある訳でもない、平凡な33歳のOL、相原由衣。結婚願望もゼロで、「むしろこのまま誰にも心を揺さぶられず、淡々と生きてひっそりと死んでいきたい」と願う“低体温症ガール”は、長い低成長が続く現代日本で生きる女性の内面をリアルに活写します。夢をもって自分のやりたいことに挑戦する訳でもなく、心を開いて友だちや恋人と付き合うこともできなかった由衣の本心を見破るように現れた書店員の掛井祐司は、由衣の甘えを優しく諭しつつ、その背中を押してくれる等身大のヒーロー。そんな掛井は由衣に「いい死に方、ありますよ」とスイスの“安楽死ツアー”を紹介するが――? ネガティブゆえにポジティブでポップな死生観を軸に展開する、大人女子必読の新しい恋活=終活ドラマ。かたくなに乾いたあなたの心の扉を開くきっかけになるかもしれません。 Novel Jam 2017 出場作品

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入
    • 手しごと暮らし

      手しごと暮らし

      小松 愛香著

      あいぼん。出版発行

      「ものづくりの国 にっぽん」最近ではそんな声も当たり前になってきたと思いませんか?
でもその”モノづくり”って特殊な技術を持つ企業や、一部の職人さん達だけの話なの? いえいえ、実は生活の中にも手しごとはいっぱい溢れているのです。 
この「手しごと暮らし」は、日々の暮らしの中でモノづくりを楽しむ、日本各地のつくり手の世界をにスポットライトを当て、日本だけでなく、海外の方にも楽しんでいただける写真集のような電子書籍になっています。 全国から61名のつくり手さんの作品を楽しむことができ、一部ウェブショップで作品を購入することもできます。 あなたもぜひ、お気に入りのつくり手さんとの出会い、作品をお楽しみください。

      データ本
      499円
      購入
      紙の本
      購入
    • iBon/愛本

      iBon/愛本

      あいぼん。著

      あいぼん。発行

      いいものや楽しいこと、ちょっとした疑問や地元『三原』のことをみんなと共有したい。同じ価値観で楽しんでもらえる人にだけお届けしたい、そんな偏った視点でつくっています お店の紹介や、一市民として感じるあれこれを書いています。三原に住む方も、そうでない方も楽しんでもらえるよう、個人的主観で、方言そのままの「話しことば」で書いているのも特徴です。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入