MANO BOOK STORE

国際アーティスト・眞野丘秋の書籍を扱う専門書店

国際アーティスト・眞野丘秋の書籍を扱う専門書店

MANO BOOK STORE

冊数 5

紙本 5

更新 2018.02.19

ジャンル 文芸2 写真3

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーティスト・眞野丘秋の作品を扱う専門書店です

この書店では、国際アーティスト・眞野丘秋(まのたかあき)の文筆・文芸作品や、写真集を取り扱っております。

  • d本:114㌻ 文庫版

    紙本:128㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 3

    レビュー 0

    データ本

    540円

    紙本

    1,124円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    2018年3月6日更新 目次を追加いたしました。 ………………………… エッセイ集『インディゴのつぶやき【新装版】』の第2巻です。 1975年以降に生まれてきた多くの若者たちは、インディゴブルーの魂を持ち、古く、使いものにならなくなった既存の概念や社会通念、社会常識、社会システムを破壊し、愛と喜び、調和を基盤にした新しい社会を創造する使命を持って生まれてきています。 彼らはインディゴチルドレンと呼ばれ、今までの社会にない、まったく新しい視点や発想を携えています。 この本は、インディゴの一人である著者が、新しい視点とユニークな発想で、日常と世界をつぶやいたエッセイ集で、23編のエッセイが収録されており、2012年に出版されたエッセイ集『インディゴのつぶやき Ⅱ』(日本文学館)の新装改定版です。 今では古くなってしまった時事的なエッセイを削除し、加筆・修正を加えました。 世界と社会と日常に、彩りと希望を見出すことのできるエッセイ集です。

    データ本
    540円
    購入
    紙の本
    1,124円
    購入

    『インディゴのつぶやき Ⅱ【新装版】』

    眞野丘秋著

    MANO Publishing発行

    文芸

    -

    2018年3月6日更新
    目次を追加いたしました。
    …………………………
    エッセイ集『インディゴのつぶやき【新装版】』の第2巻です。

    1975年以降に生まれてきた多くの若者たちは、インディゴブルーの魂を持ち、古く、使いものにならなくなった既存の概念や社会通念、社会常識、社会システムを破壊し、愛と喜び、調和を基盤にした新しい社会を創造する使命を持って生まれてきています。

    彼らはインディゴチルドレンと呼ばれ、今までの社会にない、まったく新しい視点や発想を携えています。

    この本は、インディゴの一人である著者が、新しい視点とユニークな発想で、日常と世界をつぶやいたエッセイ集で、23編のエッセイが収録されており、2012年に出版されたエッセイ集『インディゴのつぶやき Ⅱ』(日本文学館)の新装改定版です。

    今では古くなってしまった時事的なエッセイを削除し、加筆・修正を加えました。
    世界と社会と日常に、彩りと希望を見出すことのできるエッセイ集です。

    データ本:540円

    紙本:1,124円

  • d本:86㌻ 文庫版

    紙本:96㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 4

    レビュー 0

    データ本

    540円

    紙本

    1,080円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    2018年3月20日更新 文字サイズの修正 あとがきの一部を修正 ………………………… 1975年以降に生まれてきた多くの若者たちは、インディゴブルーの魂を持ち、古く、使いものにならなくなった既存の概念や社会通念、社会常識、社会システムを破壊し、愛と喜び、調和を基盤にした新しい社会を創造する使命を持って生まれてきています。 彼らはインディゴチルドレンと呼ばれ、今までの社会にない、まったく新しい視点や発想を携えています。 この本は、インディゴの一人である著者が、新しい視点とユニークな発想で、日常と世界をつぶやいたエッセイ集で、18編のエッセイが収録されており、2011年に出版されたエッセイ集『インディゴのつぶやき』(日本文学館)の新装版です。 今では古くなってしまった時事的なエッセイを削除し、加筆・修正を加え、新たに未発表エッセイ1編を追加しました。 世界と社会と日常に、彩りと希望を見出すことのできるエッセイ集です。 ●本の内容 初代若乃花 花田勝治さんの言葉 / UFO(未確認飛行物体)と黒船 / 戦争と平和について / お金と人類の意識について / 民主主義と自立について / アラーキーの写真に生と死、光と闇の完全性をみる / 学校教育について / 「知っている」ということについて / 東日本大震災と新しい社会 / 東日本大震災と人災 / 新卒一括採用について / 好きなことを仕事にする / 競争について / 信じることについて / 客観はありえない / 発達障害を排除するな / 遊びについて / 戦うということ

    データ本
    540円
    購入
    紙の本
    1,080円
    購入

    『インディゴのつぶやき【新装版】』

    眞野丘秋著

    MANO Publishing発行

    文芸

    -

    2018年3月20日更新
    文字サイズの修正
    あとがきの一部を修正
    …………………………
    1975年以降に生まれてきた多くの若者たちは、インディゴブルーの魂を持ち、古く、使いものにならなくなった既存の概念や社会通念、社会常識、社会システムを破壊し、愛と喜び、調和を基盤にした新しい社会を創造する使命を持って生まれてきています。

    彼らはインディゴチルドレンと呼ばれ、今までの社会にない、まったく新しい視点や発想を携えています。

    この本は、インディゴの一人である著者が、新しい視点とユニークな発想で、日常と世界をつぶやいたエッセイ集で、18編のエッセイが収録されており、2011年に出版されたエッセイ集『インディゴのつぶやき』(日本文学館)の新装版です。

    今では古くなってしまった時事的なエッセイを削除し、加筆・修正を加え、新たに未発表エッセイ1編を追加しました。

    世界と社会と日常に、彩りと希望を見出すことのできるエッセイ集です。

    ●本の内容
    初代若乃花 花田勝治さんの言葉 / UFO(未確認飛行物体)と黒船 /
    戦争と平和について / お金と人類の意識について / 民主主義と自立について / アラーキーの写真に生と死、光と闇の完全性をみる / 学校教育について / 「知っている」ということについて / 東日本大震災と新しい社会 / 東日本大震災と人災 / 新卒一括採用について / 好きなことを仕事にする / 競争について / 信じることについて / 客観はありえない / 発達障害を排除するな / 遊びについて / 戦うということ

    データ本:540円

    紙本:1,080円

  • d本:128㌻ A5変形版

    紙本:128㌻ A5変形版 カラー

    -

    販売数 3

    レビュー 0

    データ本

    648円

    紙本

    2,981円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    癒しを求めて沖縄へ一人旅に出た。 石垣島から入り、竹富島、西表島、宮古島、那覇というルートである。 歌と踊りと泡盛の、にぎやかなイメージの沖縄だが、私の意識はひどく冴えており、カメラのファインダー越しには、静かな沖縄の自然や生活が映し出されていた。 南国の太陽に元気をもらい、自分を包み込むかのような大きな海に無限を感じる。 山の緑に癒しを感じ、人々の営みに安らぎを覚える。 舗装されていない黄土色の小道に、赤いハイビスカスが咲き誇る。 ブーゲンビリアは私に挨拶し、砂浜に打ち寄せるやわらかな波が笑う。 この旅は、夢か幻だったのか……。 その後、何年経ってもこの島が、私の記憶の中に静かに座り続けている。

    データ本
    648円
    購入
    紙の本
    2,981円
    購入

    『癒しの風に誘われて ――眞野丘秋写真集――』

    眞野丘秋著

    MANO Publishing発行

    写真

    -

    癒しを求めて沖縄へ一人旅に出た。
    石垣島から入り、竹富島、西表島、宮古島、那覇というルートである。

    歌と踊りと泡盛の、にぎやかなイメージの沖縄だが、私の意識はひどく冴えており、カメラのファインダー越しには、静かな沖縄の自然や生活が映し出されていた。

    南国の太陽に元気をもらい、自分を包み込むかのような大きな海に無限を感じる。
    山の緑に癒しを感じ、人々の営みに安らぎを覚える。

    舗装されていない黄土色の小道に、赤いハイビスカスが咲き誇る。
    ブーゲンビリアは私に挨拶し、砂浜に打ち寄せるやわらかな波が笑う。

    この旅は、夢か幻だったのか……。
    その後、何年経ってもこの島が、私の記憶の中に静かに座り続けている。

    データ本:648円

    紙本:2,981円

  • d本:128㌻ A5変形版

    紙本:128㌻ A5変形版 カラー

    -

    販売数 2

    レビュー 1

    データ本

    648円

    紙本

    2,981円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    四国88ヶ所の遍路旅を収めた写真集。 すべての願いが結実するという最終目的地・結願(けちがん)へ向けて、旅の途中で目に留まった、素朴で鮮やかな霊的世界を写し撮っています。

    データ本
    648円
    購入
    紙の本
    2,981円
    購入

    『四国巡礼 ――眞野丘秋写真集――』

    眞野丘秋著

    MANO Publishing発行

    写真

    -

    四国88ヶ所の遍路旅を収めた写真集。
    すべての願いが結実するという最終目的地・結願(けちがん)へ向けて、旅の途中で目に留まった、素朴で鮮やかな霊的世界を写し撮っています。

    データ本:648円

    紙本:2,981円

  • d本:130㌻ A5変形版

    紙本:128㌻ A5変形版 カラー

    -

    販売数 5

    レビュー 1

    データ本

    648円

    紙本

    2,981円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    アーティスト・眞野丘秋が、日々のライフワークとして撮り溜めた日常の風景を、1冊の写真集にまとめました。花や空、家族や風景など、身の周りの何気ない一コマの中に、美しさと幸せを感じることのできる作品集です。

    データ本
    648円
    購入
    紙の本
    2,981円
    購入

    『日常の詩 ――眞野丘秋写真集――』

    眞野丘秋著

    MANO Publishing発行

    写真

    -

    アーティスト・眞野丘秋が、日々のライフワークとして撮り溜めた日常の風景を、1冊の写真集にまとめました。花や空、家族や風景など、身の周りの何気ない一コマの中に、美しさと幸せを感じることのできる作品集です。

    データ本:648円

    紙本:2,981円

眞野丘秋

アーティストとして国際的に活動しています。絵画をメインに、写真集、小説、エッセイなどを出版し、多岐に渡る表現活動を展開しています。

ロンドン、パリ、ニューヨーク、ベルリン、ローマ、マイアミ、上海、東京などの世界主要都市にてグループ展や国際アートフェア、国際交流展などに多数出展。

ニューヨーク、ベルリン、上海、東京などで、多数の個展を開催。
パリ・ルーヴル美術館や、ベルリンの世界遺産・シャルロッテンブルク宮殿での展示経験もあります。

著者HP: https://www.manotakaaki.com

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • よもやまクラブと最後の番人(上)

      毎年1人、生徒の中から選ばれているという《番人》の噂。 その《番人》をめぐり、学校で不穏な事件が頻発していた。 幼なじみの幸広が今年の《番人》だと知らされた結華は、 SNSサイト内のコミュニティ『よもやまクラブ』の面々と共に事件に首を突っ込んでいく…… 学校に伝わる《番人》伝説とは何なのか? そして、《番人》探しとは? ネットと現実が交差する、青春SNSミステリー! ------- ※プロローグ~第7章を収録。上下巻完結。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • よもやまクラブと秘密のゴーストゲーム

      よもやまクラブシリーズ第3巻! 夏休み真っただ中。結華はクラスメイトの一色千景に、 屋内型テーマパークでのシューティングゲームに誘われる。 参加者の中に一人、〈隠れゴースト〉が存在する? 一方で、人間関係にも微妙な変化が。 それぞれが、ちょっとずつ抱えた秘密。 ――秘密なんて、ろくなもんじゃない。 ------- ※一般的な文庫本換算:157ページ(39字×15行計算)

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • 小さな者たち

      小さな者たち

      角田 敏康著

      本の工房 ぽけっと発行

      紙本のため、短編『朝、凪』を併録し、さらには新しい表紙に生まれ変わりました。 ぜひ、紙本版、お買い求めください! 七歳の時、あさ美は友達のより子を守れなかった。 教室の喧騒にかき消され、届かなかった言葉が、その姿を虫に変えて指先から飛び立っていった。 彼女の成長とともに美しく変化していく虫。飛び立つ姿を、自分の中から美しさが消えていく様子だと感じたあさ美は、次第に口を閉ざし、人と距離を置くようになっていく。 そんな彼女を待ち受けていたのは、高校での辛い日々だった。 伝わらない、伝えられない、伝えたくない。それでも言葉を発した少女に訪れた、小さな者たちからの祝福と、切なさに満ちた自身の飛び立ちの瞬間を描いた、記念すべき著者の電子出版第一作。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      600円
      購入
    • さくらんぼの描き方

      とんでもないよ、絵って。 途方もないよ、描くって。 高校卒業を間近に控えた主人公の「僕」に届いた、美大の不合格通知。 希望を失った「僕」は、絵を描く意味さえ見失ってしまう。 恋人の智子を描き続けた果てに、行く先のないまま迎えることになった高校生活の終わり。 受験に失敗した「僕」に智子が提示した罰ゲームは、「私のパンツを履いて卒業式に出ること」だった!! 2人だけの秘密を制服のズボンの下に隠しながら挑んだ卒業式の日に、「僕」が再び手を伸ばそうとしたものは何だったのか。 真面目な振りしてとんでもない! とんでもないけどとっても一途! 絵を描くことと、愛することと、進んで行くことと、それからもっといろんなことと、これからのことを描いた著者第二作目。

      データ本
      378円
      購入
      紙の本
      810円
      購入
    • かたえくぼコンプレックス

      2013年9月30日更新 内容を一部改訂し、文字組も見やすく変更しました。 ………………………… そうだ、オーディションの話をしよう。わたしと里奈ちゃんが初めて出会った、あの日のこと―― 里奈と真弓、東京に暮らすふたりの関係は、3月11日を境に動揺し始める。 ふたりのあいだにあったのは、征服欲かもしれないし、母性愛かもしれない。ひょっとすると、どれでもないのかもしれない。どれでもないから、こんなに怖いのかもしれない。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • 2分53秒のまいやん

      人気急上昇アイドル・乃木坂46の一期生33人をひとりずつ紹介する、かなりオタクでちょっとヘンタイなエッセイ。 井脇未郷氏による美麗なイラスト付きで、不定期連載。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入