二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト

二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト

冊数 2

紙本 0

更新 2019.05.28

ジャンル ビジネス2

このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。 今やIT、グローバルな時代。 AIやロボットが仕事をする時代です。 様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。 常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。 マイノリティが、未来を創るのです。 変えられるのは『自分』と『未来』だけです。 一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

  • 『“しくじり”ベンチャーキャピタリスト』

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト著

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト出版発行

    ビジネス

    2019.05.28

    d本:52㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    1,018円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    “しくじり”ベンチャーキャピタリスト

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト著

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト出版発行

    “しくじり”ベンチャーキャピタリスト 私が経験した、ベンチャー投資7つの失敗実例! 2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。 誰もが多くの「しくじり」経験を持っているのではないでしょうか。 当然、私も多くの「しくじり」を経験してきました。 なかでも、ベンチャー企業投資に関しては、「しくじり」の連続と言っても過言ではありませんでした。 投資実行しても、いつまで経っても業績が上がらないベンチャー、一時急成長を遂げたのち急落して倒産するベンチャー、などなど。 投資した企業の大半は「しくじり」だった、とも言えます。 「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉もありますが、まさにその通りかもしれません。 ただ、経験した失敗から学べる部分は非常に多くあるものだと思っています。 成功は、偶然の成功はあるかもしれませんが、失敗はやはり何かしらの「要因」があるものです。 特にベンチャー企業経営は、そうかもしれません。 その「失敗要因」は、忙しい毎日、トラブルや課題解決に追われる瞬間瞬間には見えづらいものです。 しかし、一定期間を経て振り返ってみると、そのタイミングはいつだったのか、どこだったのか、見えてくる部分はあるものではないでしょうか。 本書は、その失敗した要因とは何か、私が直接失敗したベンチャー企業投資の実例をまとめてみました。 本書の「しくじり」は2種類のしくじりに分割しています。 1つは、ベンチャー企業、その「事業自体」のしくじり。 そしてもう1つが、投資する側から見た「投資」のしくじりです。 このような2種類の「しくじり」について、それぞれ私が実際に経験したベンチャー企業投資における実例を7事例ご紹介いたします。 それぞれのベンチャー企業への「投資背景」や「投資した企業の強み」なども交え、私なりの視点で「しくじり」ポイントをご紹介させていただきます。 ベンチャーキャピタルからの視点として、その「しくじり」ポイントとは何か。 本書は私のベンチャーキャピタリスト経歴として、集大成とも言える内容となっております。 私達は、失敗から、「しくじり」から学べるものは、実は非常に多いものではないでしょうか。 ■目次■ 1、バイオ発電ベンチャー 2、アニメ制作ベンチャー 3、インターネット通販ベンチャー 4、セラミック素材開発ベンチャー 5、シェアリングエコノミーベンチャー 6、環境ベンチャー 7、ソーシャルベンチャー 8、【まとめ】7つの「しくじり」事例から見られる、2つの大きな類似点 ■筆者紹介■ 2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。 様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。 今やIT、グローバルな時代。 AIやロボットが仕事をする時代です。 様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。 常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。 マイノリティが、未来を創るのです。 変えられるのは『自分』と『未来』だけです。 一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

    データ本
    1,018円
    購入
    紙の本
    購入

    『“しくじり”ベンチャーキャピタリスト』

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト著

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト出版発行

    ビジネス

    -

    “しくじり”ベンチャーキャピタリスト

    私が経験した、ベンチャー投資7つの失敗実例!



    2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。

    誰もが多くの「しくじり」経験を持っているのではないでしょうか。

    当然、私も多くの「しくじり」を経験してきました。

    なかでも、ベンチャー企業投資に関しては、「しくじり」の連続と言っても過言ではありませんでした。

    投資実行しても、いつまで経っても業績が上がらないベンチャー、一時急成長を遂げたのち急落して倒産するベンチャー、などなど。

    投資した企業の大半は「しくじり」だった、とも言えます。

    「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉もありますが、まさにその通りかもしれません。

    ただ、経験した失敗から学べる部分は非常に多くあるものだと思っています。

    成功は、偶然の成功はあるかもしれませんが、失敗はやはり何かしらの「要因」があるものです。

    特にベンチャー企業経営は、そうかもしれません。

    その「失敗要因」は、忙しい毎日、トラブルや課題解決に追われる瞬間瞬間には見えづらいものです。

    しかし、一定期間を経て振り返ってみると、そのタイミングはいつだったのか、どこだったのか、見えてくる部分はあるものではないでしょうか。

    本書は、その失敗した要因とは何か、私が直接失敗したベンチャー企業投資の実例をまとめてみました。

    本書の「しくじり」は2種類のしくじりに分割しています。

    1つは、ベンチャー企業、その「事業自体」のしくじり。

    そしてもう1つが、投資する側から見た「投資」のしくじりです。

    このような2種類の「しくじり」について、それぞれ私が実際に経験したベンチャー企業投資における実例を7事例ご紹介いたします。

    それぞれのベンチャー企業への「投資背景」や「投資した企業の強み」なども交え、私なりの視点で「しくじり」ポイントをご紹介させていただきます。

    ベンチャーキャピタルからの視点として、その「しくじり」ポイントとは何か。

    本書は私のベンチャーキャピタリスト経歴として、集大成とも言える内容となっております。

    私達は、失敗から、「しくじり」から学べるものは、実は非常に多いものではないでしょうか。






    ■目次■


    1、バイオ発電ベンチャー

    2、アニメ制作ベンチャー

    3、インターネット通販ベンチャー

    4、セラミック素材開発ベンチャー

    5、シェアリングエコノミーベンチャー

    6、環境ベンチャー

    7、ソーシャルベンチャー

    8、【まとめ】7つの「しくじり」事例から見られる、2つの大きな類似点






    ■筆者紹介■

    2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。

    様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。

    今やIT、グローバルな時代。

    AIやロボットが仕事をする時代です。

    様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。

    常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。

    マイノリティが、未来を創るのです。

    変えられるのは『自分』と『未来』だけです。

    一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

    データ本:1,018円

  • d本:52㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    548円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    【知られざるベンチャーキャピタリストの本音!】これが、VC意思決定プロセスだ! ~実際のベンチャー投資、その重視するポイントとは?~ 2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。 謎のベールに包まれたベンチャーキャピタル。通称VC。 起業家が会社を興し、株式公開を目指す過程で現れてくるのが、ベンチャーキャピタルです。 ニッチな分野であるが故、あまり多くの人に知られていない部分が多い分野かもしれません。 多くの方は、ベンチャーキャピタルの存在は知っているものの、その実態や実情を知る人は非常に少ないのではないでしょうか。 謎多き組織体、とも言えるのかもしれません。 VCは、ただ、何となく、目の前にあるベンチャー企業へ投資している訳ではありません。 投資には、その一定の基準や価値観、様々な思いがあっての結果、投資実行となります。 ベンチャーキャピタリスト個人の想いと、組織の背景。 そこには、VCならではの独自の視点があります。 知られざる、ベンチャー投資。 どのような企業へ投資し、どのような企業へ投資しないのか、その根拠とは? どのようなプロセスで意思決定がなされているのか、お伝えいたします。 本書はベンチャーキャピタルとはどのようなものか、VCの種類や目的といった基本的内容から、ベンチャー企業発掘方法や投資意思決定のプロセスや投資における重要なポイントも網羅してまとめております。 事業成長における、その本質についても参考になるかと思います。 数多くの企業を見てきたから言える、成功する企業の持つべき資質にも触れさせていただいております。 ベンチャーキャピタルから見た、ベンチャー投資とは? その知られざるベンチャーキャピタリストの本音を初公開いたします! ■目次■ 1、そもそもベンチャーキャピタル(VC)とは? 2、ベンチャーキャピタルと銀行との違い 3、ベンチャーキャピタル(VC)の種類 4、ベンチャーキャピタルの出資をする目的とは? 5、VCから投資を受ける3つのメリットと2つのデメリット 6、ベンチャーキャピタルが投資する最低条件とは? 7、ベンチャー企業発掘方法 8、ベンチャー企業の成長ステージ、それぞれの投資規模 9、VCの投資決定のプロセスとは? 10、ベンチャーキャピタルとの投資契約書、その留意点について 11、VCが投資するうえで最も重視している4つのポイントとは? 12、最後に ■筆者紹介■ 2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。 様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。 今やIT、グローバルな時代。 AIやロボットが仕事をする時代です。 様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。 常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。 マイノリティが、未来を創るのです。 変えられるのは『自分』と『未来』だけです。 一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

    データ本
    548円
    購入
    紙の本
    購入

    『【知られざるベンチャーキャピタリストの本音!】これが、VC意思決定プロセスだ!~実際のベンチャー投資、その重視するポイントとは?~』

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト著

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト出版発行

    ビジネス

    -

    【知られざるベンチャーキャピタリストの本音!】これが、VC意思決定プロセスだ!

    ~実際のベンチャー投資、その重視するポイントとは?~



    2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。

    謎のベールに包まれたベンチャーキャピタル。通称VC。

    起業家が会社を興し、株式公開を目指す過程で現れてくるのが、ベンチャーキャピタルです。

    ニッチな分野であるが故、あまり多くの人に知られていない部分が多い分野かもしれません。

    多くの方は、ベンチャーキャピタルの存在は知っているものの、その実態や実情を知る人は非常に少ないのではないでしょうか。

    謎多き組織体、とも言えるのかもしれません。

    VCは、ただ、何となく、目の前にあるベンチャー企業へ投資している訳ではありません。

    投資には、その一定の基準や価値観、様々な思いがあっての結果、投資実行となります。

    ベンチャーキャピタリスト個人の想いと、組織の背景。

    そこには、VCならではの独自の視点があります。

    知られざる、ベンチャー投資。

    どのような企業へ投資し、どのような企業へ投資しないのか、その根拠とは?

    どのようなプロセスで意思決定がなされているのか、お伝えいたします。

    本書はベンチャーキャピタルとはどのようなものか、VCの種類や目的といった基本的内容から、ベンチャー企業発掘方法や投資意思決定のプロセスや投資における重要なポイントも網羅してまとめております。

    事業成長における、その本質についても参考になるかと思います。

    数多くの企業を見てきたから言える、成功する企業の持つべき資質にも触れさせていただいております。

    ベンチャーキャピタルから見た、ベンチャー投資とは?

    その知られざるベンチャーキャピタリストの本音を初公開いたします!



    ■目次■


    1、そもそもベンチャーキャピタル(VC)とは?

    2、ベンチャーキャピタルと銀行との違い

    3、ベンチャーキャピタル(VC)の種類

    4、ベンチャーキャピタルの出資をする目的とは?

    5、VCから投資を受ける3つのメリットと2つのデメリット

    6、ベンチャーキャピタルが投資する最低条件とは?

    7、ベンチャー企業発掘方法

    8、ベンチャー企業の成長ステージ、それぞれの投資規模

    9、VCの投資決定のプロセスとは?

    10、ベンチャーキャピタルとの投資契約書、その留意点について

    11、VCが投資するうえで最も重視している4つのポイントとは?

    12、最後に






    ■筆者紹介■

    2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。

    様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。

    今やIT、グローバルな時代。

    AIやロボットが仕事をする時代です。

    様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。

    常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。

    マイノリティが、未来を創るのです。

    変えられるのは『自分』と『未来』だけです。

    一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

    データ本:548円

二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト

二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト

書店一覧
book store

その他の書店

    • R & P

       円城ユリアンは若会市の高校に通う普通の少年。ちょっとした事情で生粋のドイツ人でありながら苗字だけ日本名を使っている。  ドイツ人なのに故郷を知らない。ドイツ人だけど心は日本人。忘れた母国語。  悲しむ余裕はあるけど、癖の強い『両親』と仲間たちを見ていると、そういう気分も消えていく。  弄ったり弄られたり、女性に恋をしてしまったりしながら進む物語の開幕です。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • 嫌われ者は秘かに嗤う

       あおぞらカフェは若会市某所に店を構える地域密着型の小さなお店。お世辞にも賑わっているとは言えないカフェで、主にカウンター業務を担う鏡石杏璃は不幸な出来事が原因で以前働いていた飲食店を辞めざるを得なくなり、現在に至る。  一つしか年齢が違わず反りの合わない同性の上司と、歴史上の人物と同じ渾名の店長に同性の新人のときどき斜め上をいく発言に驚かされ辟易する一方、私生活はいろんな意味で充実しているなあと感じていて……?

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 雑誌「エリス」第8号

      いままでにない電子書籍版音楽雑誌「ERIS/エリス」。 編集長が萩原健太、個性豊かな著名執筆陣が1万字のヴォリュームで音楽をマニアックに熱く語ります。亀渕昭信、北中正和、ピーター・バラカン、磯部涼など豪華メンバーが連載中。興味深い筆者では、最近女装でも話題の東大教授、安冨歩が「マイケル・ジャクソンの思想」を語ります。 「ERIS」は新譜やライヴ情報は一切載せず、ルーツ/背景/歴史を知って“音楽”の魅力を再発見できる“読ませる”音楽誌です。文字で音楽を語る楽しさ、素晴らしさをを感じてください。取り上げるジャンルも、ジャズ、ロックンロール、ポップス、フォーク、カントリー、ブルース、R&B、ヒップホップ、クラシック、ミュージカル、雅楽、ワールドと幅広く、ここでしか読めない原稿ばかりです。 季刊で年4回発行しています。通常の音楽雑誌が廃刊・休刊になる中、こんな音楽雑誌が読みたかったと、たくさんのメッセージも頂いてますので、まずは一度是非お読みください。 <コ ンテンツ> ソングライター・ファイル 萩原健太 どうしても聴いておきたいアメリカンポップス1001 亀渕昭信 マイケル・ジャクソンの思想 安冨歩 ブロードウエイまで12時間と45分 水口正裕 音楽の記憶と記録をめぐって 北中正和 クワイエット・ボーダー 成田佳洋 ピーター・バラカンの読むラジオ 旧聞ゴメン 鷲巣功 ニッポンのラップ 磯部涼 More Than Liner Notes :高橋道彦 各執筆者の「ヒビノオト」ほか

      データ本
      440円
      購入
      紙の本
      1,628円
      購入
    • アンジェリーナに恋した私たち

      2015年、佐野元春レコードデビュー35周年を祝して、それぞれが選ぶ35曲選集。

      データ本
      462円
      購入
      紙の本
      968円
      購入
    • 東大入試より難しい海軍兵学校・経理学校入試問題 昭和九年度

      ※この問題集には解答はついていません。 ※紙本には32ページの白ページが入ります。解答メモなどにお使いください。 昭和のエリート軍人を選抜した海軍兵学校・経理学校の入試問題とはどんな内容なのか? これを読めばその学生達のレベルがわかるはず。あなたはこの難問が解けますか?

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      880円
      購入
    • 海軍スイーツの本

      ※紙本には、28ページの白ページが入ります。料理メモにお使いください。 日本の旧帝国海軍のスイーツレシピを集めました。ドーナツから梨のコンポートまで、今日でも食べられているスイーツが満載。カレーだけが海軍めしじゃない! スイーツも激うまなのです。 海軍スイーツを知らずして海軍めしを語るなかれ! 収録スイーツ  梨の砂糖煮  アップルフリッター  ベークドアップル  チョコレートカスタード  ドーナツ・ケーキ  チョコレート  ゼリー

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      1,100円
      購入
    • アルティショ(北米原産キクイモ)×酸素水=がんを転移させない増殖させない

      がんに対抗し得る新たな可能性として、『アルティショ』と『超微粒子酸素水』による研究データとそのメカニズム、この2つでがんと闘う患者さんたちの体験談を掲載。——糖尿病に良いとされる『アルティショ(北米原産キクイモ)』を筆者が栽培し周りの人におすそ分けしていたところ、予想外にもがん患者さんからの症状改善報告が相次いで寄せられるようになった。筆者の元に集まった膨大なデータを元に茨城大学農学部との共同研究がスタートし、その効果が明らかになっていく。筆者が出会った患者さんたちやその家族の声を通して、がん治療にどう向き合っていくべきかも見つめ直せる一冊です。

      データ本
      1,430円
      購入
      紙の本
      購入
    • 憲法決壊2 「戦える日本」に変貌させた戦後70年史上最大の解釈改憲の実態

        2015年9月17日、参議院特別委員会室で「安保関連法」は強行採決されました。参院でどのような審議が尽くされ、あるいは尽くされないまま、法案は可決成立したのか。本書では、数カ月に及ぶ国会の審議を記録した参議院議事録を問題テーマごとに記載し、また変更された安保法要綱の全文を載せ、分かりやすく解説を付けて、何がどう変わり,何が問題なのか解説しています。また、ジャーナリストの高野孟氏が見た「安保法制」の問題点と廃案に向けての私案を提起しています。辻元清美衆議院議員へのインタビュー、憲法カフェを主催する太田啓子弁護士と遠藤ちひろ多摩市議会議員の対談を掲載し、戦後最大の憲法解釈改憲の問題点を明らかにしています。

      データ本
      550円
      購入
      紙の本
      購入