二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト

二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト

冊数 2

紙本 0

更新 2019.05.28

ジャンル ビジネス2

このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。 今やIT、グローバルな時代。 AIやロボットが仕事をする時代です。 様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。 常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。 マイノリティが、未来を創るのです。 変えられるのは『自分』と『未来』だけです。 一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

  • 『“しくじり”ベンチャーキャピタリスト』

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト著

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト出版発行

    ビジネス

    2019.05.28

    d本:52㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    1,018円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    “しくじり”ベンチャーキャピタリスト

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト著

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト出版発行

    “しくじり”ベンチャーキャピタリスト 私が経験した、ベンチャー投資7つの失敗実例! 2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。 誰もが多くの「しくじり」経験を持っているのではないでしょうか。 当然、私も多くの「しくじり」を経験してきました。 なかでも、ベンチャー企業投資に関しては、「しくじり」の連続と言っても過言ではありませんでした。 投資実行しても、いつまで経っても業績が上がらないベンチャー、一時急成長を遂げたのち急落して倒産するベンチャー、などなど。 投資した企業の大半は「しくじり」だった、とも言えます。 「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉もありますが、まさにその通りかもしれません。 ただ、経験した失敗から学べる部分は非常に多くあるものだと思っています。 成功は、偶然の成功はあるかもしれませんが、失敗はやはり何かしらの「要因」があるものです。 特にベンチャー企業経営は、そうかもしれません。 その「失敗要因」は、忙しい毎日、トラブルや課題解決に追われる瞬間瞬間には見えづらいものです。 しかし、一定期間を経て振り返ってみると、そのタイミングはいつだったのか、どこだったのか、見えてくる部分はあるものではないでしょうか。 本書は、その失敗した要因とは何か、私が直接失敗したベンチャー企業投資の実例をまとめてみました。 本書の「しくじり」は2種類のしくじりに分割しています。 1つは、ベンチャー企業、その「事業自体」のしくじり。 そしてもう1つが、投資する側から見た「投資」のしくじりです。 このような2種類の「しくじり」について、それぞれ私が実際に経験したベンチャー企業投資における実例を7事例ご紹介いたします。 それぞれのベンチャー企業への「投資背景」や「投資した企業の強み」なども交え、私なりの視点で「しくじり」ポイントをご紹介させていただきます。 ベンチャーキャピタルからの視点として、その「しくじり」ポイントとは何か。 本書は私のベンチャーキャピタリスト経歴として、集大成とも言える内容となっております。 私達は、失敗から、「しくじり」から学べるものは、実は非常に多いものではないでしょうか。 ■目次■ 1、バイオ発電ベンチャー 2、アニメ制作ベンチャー 3、インターネット通販ベンチャー 4、セラミック素材開発ベンチャー 5、シェアリングエコノミーベンチャー 6、環境ベンチャー 7、ソーシャルベンチャー 8、【まとめ】7つの「しくじり」事例から見られる、2つの大きな類似点 ■筆者紹介■ 2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。 様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。 今やIT、グローバルな時代。 AIやロボットが仕事をする時代です。 様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。 常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。 マイノリティが、未来を創るのです。 変えられるのは『自分』と『未来』だけです。 一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

    データ本
    1,018円
    購入
    紙の本
    購入

    『“しくじり”ベンチャーキャピタリスト』

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト著

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト出版発行

    ビジネス

    -

    “しくじり”ベンチャーキャピタリスト

    私が経験した、ベンチャー投資7つの失敗実例!



    2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。

    誰もが多くの「しくじり」経験を持っているのではないでしょうか。

    当然、私も多くの「しくじり」を経験してきました。

    なかでも、ベンチャー企業投資に関しては、「しくじり」の連続と言っても過言ではありませんでした。

    投資実行しても、いつまで経っても業績が上がらないベンチャー、一時急成長を遂げたのち急落して倒産するベンチャー、などなど。

    投資した企業の大半は「しくじり」だった、とも言えます。

    「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉もありますが、まさにその通りかもしれません。

    ただ、経験した失敗から学べる部分は非常に多くあるものだと思っています。

    成功は、偶然の成功はあるかもしれませんが、失敗はやはり何かしらの「要因」があるものです。

    特にベンチャー企業経営は、そうかもしれません。

    その「失敗要因」は、忙しい毎日、トラブルや課題解決に追われる瞬間瞬間には見えづらいものです。

    しかし、一定期間を経て振り返ってみると、そのタイミングはいつだったのか、どこだったのか、見えてくる部分はあるものではないでしょうか。

    本書は、その失敗した要因とは何か、私が直接失敗したベンチャー企業投資の実例をまとめてみました。

    本書の「しくじり」は2種類のしくじりに分割しています。

    1つは、ベンチャー企業、その「事業自体」のしくじり。

    そしてもう1つが、投資する側から見た「投資」のしくじりです。

    このような2種類の「しくじり」について、それぞれ私が実際に経験したベンチャー企業投資における実例を7事例ご紹介いたします。

    それぞれのベンチャー企業への「投資背景」や「投資した企業の強み」なども交え、私なりの視点で「しくじり」ポイントをご紹介させていただきます。

    ベンチャーキャピタルからの視点として、その「しくじり」ポイントとは何か。

    本書は私のベンチャーキャピタリスト経歴として、集大成とも言える内容となっております。

    私達は、失敗から、「しくじり」から学べるものは、実は非常に多いものではないでしょうか。






    ■目次■


    1、バイオ発電ベンチャー

    2、アニメ制作ベンチャー

    3、インターネット通販ベンチャー

    4、セラミック素材開発ベンチャー

    5、シェアリングエコノミーベンチャー

    6、環境ベンチャー

    7、ソーシャルベンチャー

    8、【まとめ】7つの「しくじり」事例から見られる、2つの大きな類似点






    ■筆者紹介■

    2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。

    様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。

    今やIT、グローバルな時代。

    AIやロボットが仕事をする時代です。

    様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。

    常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。

    マイノリティが、未来を創るのです。

    変えられるのは『自分』と『未来』だけです。

    一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

    データ本:1,018円

  • d本:52㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    548円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    【知られざるベンチャーキャピタリストの本音!】これが、VC意思決定プロセスだ! ~実際のベンチャー投資、その重視するポイントとは?~ 2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。 謎のベールに包まれたベンチャーキャピタル。通称VC。 起業家が会社を興し、株式公開を目指す過程で現れてくるのが、ベンチャーキャピタルです。 ニッチな分野であるが故、あまり多くの人に知られていない部分が多い分野かもしれません。 多くの方は、ベンチャーキャピタルの存在は知っているものの、その実態や実情を知る人は非常に少ないのではないでしょうか。 謎多き組織体、とも言えるのかもしれません。 VCは、ただ、何となく、目の前にあるベンチャー企業へ投資している訳ではありません。 投資には、その一定の基準や価値観、様々な思いがあっての結果、投資実行となります。 ベンチャーキャピタリスト個人の想いと、組織の背景。 そこには、VCならではの独自の視点があります。 知られざる、ベンチャー投資。 どのような企業へ投資し、どのような企業へ投資しないのか、その根拠とは? どのようなプロセスで意思決定がなされているのか、お伝えいたします。 本書はベンチャーキャピタルとはどのようなものか、VCの種類や目的といった基本的内容から、ベンチャー企業発掘方法や投資意思決定のプロセスや投資における重要なポイントも網羅してまとめております。 事業成長における、その本質についても参考になるかと思います。 数多くの企業を見てきたから言える、成功する企業の持つべき資質にも触れさせていただいております。 ベンチャーキャピタルから見た、ベンチャー投資とは? その知られざるベンチャーキャピタリストの本音を初公開いたします! ■目次■ 1、そもそもベンチャーキャピタル(VC)とは? 2、ベンチャーキャピタルと銀行との違い 3、ベンチャーキャピタル(VC)の種類 4、ベンチャーキャピタルの出資をする目的とは? 5、VCから投資を受ける3つのメリットと2つのデメリット 6、ベンチャーキャピタルが投資する最低条件とは? 7、ベンチャー企業発掘方法 8、ベンチャー企業の成長ステージ、それぞれの投資規模 9、VCの投資決定のプロセスとは? 10、ベンチャーキャピタルとの投資契約書、その留意点について 11、VCが投資するうえで最も重視している4つのポイントとは? 12、最後に ■筆者紹介■ 2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。 様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。 今やIT、グローバルな時代。 AIやロボットが仕事をする時代です。 様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。 常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。 マイノリティが、未来を創るのです。 変えられるのは『自分』と『未来』だけです。 一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

    データ本
    548円
    購入
    紙の本
    購入

    『【知られざるベンチャーキャピタリストの本音!】これが、VC意思決定プロセスだ!~実際のベンチャー投資、その重視するポイントとは?~』

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト著

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト出版発行

    ビジネス

    -

    【知られざるベンチャーキャピタリストの本音!】これが、VC意思決定プロセスだ!

    ~実際のベンチャー投資、その重視するポイントとは?~



    2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。

    謎のベールに包まれたベンチャーキャピタル。通称VC。

    起業家が会社を興し、株式公開を目指す過程で現れてくるのが、ベンチャーキャピタルです。

    ニッチな分野であるが故、あまり多くの人に知られていない部分が多い分野かもしれません。

    多くの方は、ベンチャーキャピタルの存在は知っているものの、その実態や実情を知る人は非常に少ないのではないでしょうか。

    謎多き組織体、とも言えるのかもしれません。

    VCは、ただ、何となく、目の前にあるベンチャー企業へ投資している訳ではありません。

    投資には、その一定の基準や価値観、様々な思いがあっての結果、投資実行となります。

    ベンチャーキャピタリスト個人の想いと、組織の背景。

    そこには、VCならではの独自の視点があります。

    知られざる、ベンチャー投資。

    どのような企業へ投資し、どのような企業へ投資しないのか、その根拠とは?

    どのようなプロセスで意思決定がなされているのか、お伝えいたします。

    本書はベンチャーキャピタルとはどのようなものか、VCの種類や目的といった基本的内容から、ベンチャー企業発掘方法や投資意思決定のプロセスや投資における重要なポイントも網羅してまとめております。

    事業成長における、その本質についても参考になるかと思います。

    数多くの企業を見てきたから言える、成功する企業の持つべき資質にも触れさせていただいております。

    ベンチャーキャピタルから見た、ベンチャー投資とは?

    その知られざるベンチャーキャピタリストの本音を初公開いたします!



    ■目次■


    1、そもそもベンチャーキャピタル(VC)とは?

    2、ベンチャーキャピタルと銀行との違い

    3、ベンチャーキャピタル(VC)の種類

    4、ベンチャーキャピタルの出資をする目的とは?

    5、VCから投資を受ける3つのメリットと2つのデメリット

    6、ベンチャーキャピタルが投資する最低条件とは?

    7、ベンチャー企業発掘方法

    8、ベンチャー企業の成長ステージ、それぞれの投資規模

    9、VCの投資決定のプロセスとは?

    10、ベンチャーキャピタルとの投資契約書、その留意点について

    11、VCが投資するうえで最も重視している4つのポイントとは?

    12、最後に






    ■筆者紹介■

    2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。

    様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。

    今やIT、グローバルな時代。

    AIやロボットが仕事をする時代です。

    様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。

    常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。

    マイノリティが、未来を創るのです。

    変えられるのは『自分』と『未来』だけです。

    一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

    データ本:548円

二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト

二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 愛とキスを

      「なんで私にはふつうのお母さんがいないわけ?」「同じクラスのあの子のことは、できれば忘れてしまいたい」「あのとき、勇気をふりしぼって私が止めていれば……」 2014年にフィリピンのThe University of Santo Tomas Publishing Houseから刊行された短編集『For Love and Kisses』より、家庭や学校を舞台に、6~10歳の少女の目線で家族や友人へのさまざまな思いを描き出した3編を翻訳。

      データ本
      605円
      購入
      紙の本
      1,210円
      購入
    • バンブー・クラッパー

      バンブー・クラッパー

      ザガダウンザー著

      株式会社トランネット発行

      今を遡ること約半世紀、1960年代のミャンマー(当時はビルマ)が、東南アジア諸国の中でも一際豊かな文化を謳歌していたことはあまり知られていない。 本書の著者は、ビルマでは珍しい英字新聞『Working People's Daily』を立ち上げ、主に1960年代の半ばから後半にかけ、英語でコラムやエッセイを発表し、ビルマの文化を世界に紹介すると同時に、世界の情勢を国内に伝えることで、ビルマと世界の橋渡し役となっていた。 ビルマの文化や風習から社会風刺に至るまで、機知とユーモアに溢れた筆致で綴られているこれらのコラムやエッセイは、今日読み返してみてもまったく色褪せていないどころか、フェイクニュースや耳触りのよい安直な情報に溢れてしまった現代にあって新鮮な輝きを放つ。

      データ本
      605円
      購入
      紙の本
      1,210円
      購入
    • ゆるいまんげつ: ショートショート

      【概略】: 肩の凝らない、ゆる~いおはなし。 ショートショート54話 + 読書感想文4編。 1話10秒から4分ほどで読めます。 総文字数:約5万2千。 【目次】: 【ファンタジー・童話】まあくんのぼうけん/かわいい孫~見習い天使1/耳をすませば/電柱でゴンタロ/いとしい娘~見習い天使2/雪だるま/入学式/天使の卒業試験~見習い天使3/〇んこ星人の故郷/岩太郎/タヌキのポン吉/孔雀 【小休止の読書感想文1】『厭な小説(祥伝社文庫)』京極夏彦 【いろんな人】だるころネエちゃん/動機/怖いタクシー/笑って笑って!/夫婦の会話/ドライブ/帰ってきた強打者/洗濯屋のツェンツァオ婆さん/寝床にて/床屋風景/殿ぉ~/リズムあるいは周期/ジャンケンぽん 【小休止の読書感想文2】『千日の瑠璃(上)(下)(文春文庫)』丸山健二 【小さな生き物】ヤドカリのおもいで/振り子蜘蛛/セミとアリ/身投げ/アリ/プライド/みにくいメダカの子/子雀よ/蚊 【小休止の読書感想文3】『人間の條件(文春文庫)』五味川純平 【からだ】パパの手品/奇病/大先生、ほえる/田舎の味/雑巾/便秘/孤島にて/頑固なやつ/変装/ヤセ薬 【小休止の読書感想文4】『霊長類 南へ(講談社・角川文庫)』筒井康隆 【家族】ばあちゃん、まいご/誘惑/きずな/一家/ボクのお兄ちゃん/家族団らん/地下室/スター、故郷に錦を/宇宙の子供作文集より/お弁当

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • 【無料版】ゆるいぷちまんげつ: ショートショート

      【概略】: 既刊『ゆるいまんげつ:ショートショート』のお試し版 ショートショート7話 + 読書感想文1編。 おまけショートショート7話。 【詳細】: ●ショートショート:タヌキのポン吉/動機/ドライブ/ジャンケンぽん/ヤドカリのおもいで/大先生、ほえる/ばあちゃん、まいご ●小休止の読書感想文3:『人間の條件(文春文庫)』五味川純平 ●おまけのショートショート:夢の住人(『超短編の世界3(創英社)』収録。選:タカスギシンタロ先生、松本楽志先生、たなかなつみ先生)/パラパラ(同前)/わっりゅうじん(『みちのく怪談コンテスト傑作選2011(荒蝦夷)』収録。佳作。選:高橋克彦先生、東雅夫先生)/おむかえ(『てのひら怪談 辛卯(ポプラ文庫)』収録。選:加門七海先生)/小石おばば(『てのひら怪談 壬辰(ポプラ文庫)』収録。選:加門七海先生)/ならわし(『同前』収録。選:東雅夫先生)/やわらかな追憶(『てのひら怪談 癸巳(MF文庫)』収録。選:福澤徹三先生) おまけは関係筋からクレームがあった場合、削除するかもしれません。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入