二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト

二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト

冊数 2

紙本 0

更新 2019.05.28

ジャンル ビジネス2

このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。 今やIT、グローバルな時代。 AIやロボットが仕事をする時代です。 様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。 常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。 マイノリティが、未来を創るのです。 変えられるのは『自分』と『未来』だけです。 一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

  • 『“しくじり”ベンチャーキャピタリスト』

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト著

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト出版発行

    ビジネス

    2019.05.28

    d本:52㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    999円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    “しくじり”ベンチャーキャピタリスト

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト著

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト出版発行

    “しくじり”ベンチャーキャピタリスト 私が経験した、ベンチャー投資7つの失敗実例! 2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。 誰もが多くの「しくじり」経験を持っているのではないでしょうか。 当然、私も多くの「しくじり」を経験してきました。 なかでも、ベンチャー企業投資に関しては、「しくじり」の連続と言っても過言ではありませんでした。 投資実行しても、いつまで経っても業績が上がらないベンチャー、一時急成長を遂げたのち急落して倒産するベンチャー、などなど。 投資した企業の大半は「しくじり」だった、とも言えます。 「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉もありますが、まさにその通りかもしれません。 ただ、経験した失敗から学べる部分は非常に多くあるものだと思っています。 成功は、偶然の成功はあるかもしれませんが、失敗はやはり何かしらの「要因」があるものです。 特にベンチャー企業経営は、そうかもしれません。 その「失敗要因」は、忙しい毎日、トラブルや課題解決に追われる瞬間瞬間には見えづらいものです。 しかし、一定期間を経て振り返ってみると、そのタイミングはいつだったのか、どこだったのか、見えてくる部分はあるものではないでしょうか。 本書は、その失敗した要因とは何か、私が直接失敗したベンチャー企業投資の実例をまとめてみました。 本書の「しくじり」は2種類のしくじりに分割しています。 1つは、ベンチャー企業、その「事業自体」のしくじり。 そしてもう1つが、投資する側から見た「投資」のしくじりです。 このような2種類の「しくじり」について、それぞれ私が実際に経験したベンチャー企業投資における実例を7事例ご紹介いたします。 それぞれのベンチャー企業への「投資背景」や「投資した企業の強み」なども交え、私なりの視点で「しくじり」ポイントをご紹介させていただきます。 ベンチャーキャピタルからの視点として、その「しくじり」ポイントとは何か。 本書は私のベンチャーキャピタリスト経歴として、集大成とも言える内容となっております。 私達は、失敗から、「しくじり」から学べるものは、実は非常に多いものではないでしょうか。 ■目次■ 1、バイオ発電ベンチャー 2、アニメ制作ベンチャー 3、インターネット通販ベンチャー 4、セラミック素材開発ベンチャー 5、シェアリングエコノミーベンチャー 6、環境ベンチャー 7、ソーシャルベンチャー 8、【まとめ】7つの「しくじり」事例から見られる、2つの大きな類似点 ■筆者紹介■ 2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。 様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。 今やIT、グローバルな時代。 AIやロボットが仕事をする時代です。 様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。 常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。 マイノリティが、未来を創るのです。 変えられるのは『自分』と『未来』だけです。 一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

    データ本
    999円
    購入
    紙の本
    -
    購入

    『“しくじり”ベンチャーキャピタリスト』

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト著

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト出版発行

    ビジネス

    -

    “しくじり”ベンチャーキャピタリスト

    私が経験した、ベンチャー投資7つの失敗実例!



    2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。

    誰もが多くの「しくじり」経験を持っているのではないでしょうか。

    当然、私も多くの「しくじり」を経験してきました。

    なかでも、ベンチャー企業投資に関しては、「しくじり」の連続と言っても過言ではありませんでした。

    投資実行しても、いつまで経っても業績が上がらないベンチャー、一時急成長を遂げたのち急落して倒産するベンチャー、などなど。

    投資した企業の大半は「しくじり」だった、とも言えます。

    「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉もありますが、まさにその通りかもしれません。

    ただ、経験した失敗から学べる部分は非常に多くあるものだと思っています。

    成功は、偶然の成功はあるかもしれませんが、失敗はやはり何かしらの「要因」があるものです。

    特にベンチャー企業経営は、そうかもしれません。

    その「失敗要因」は、忙しい毎日、トラブルや課題解決に追われる瞬間瞬間には見えづらいものです。

    しかし、一定期間を経て振り返ってみると、そのタイミングはいつだったのか、どこだったのか、見えてくる部分はあるものではないでしょうか。

    本書は、その失敗した要因とは何か、私が直接失敗したベンチャー企業投資の実例をまとめてみました。

    本書の「しくじり」は2種類のしくじりに分割しています。

    1つは、ベンチャー企業、その「事業自体」のしくじり。

    そしてもう1つが、投資する側から見た「投資」のしくじりです。

    このような2種類の「しくじり」について、それぞれ私が実際に経験したベンチャー企業投資における実例を7事例ご紹介いたします。

    それぞれのベンチャー企業への「投資背景」や「投資した企業の強み」なども交え、私なりの視点で「しくじり」ポイントをご紹介させていただきます。

    ベンチャーキャピタルからの視点として、その「しくじり」ポイントとは何か。

    本書は私のベンチャーキャピタリスト経歴として、集大成とも言える内容となっております。

    私達は、失敗から、「しくじり」から学べるものは、実は非常に多いものではないでしょうか。






    ■目次■


    1、バイオ発電ベンチャー

    2、アニメ制作ベンチャー

    3、インターネット通販ベンチャー

    4、セラミック素材開発ベンチャー

    5、シェアリングエコノミーベンチャー

    6、環境ベンチャー

    7、ソーシャルベンチャー

    8、【まとめ】7つの「しくじり」事例から見られる、2つの大きな類似点






    ■筆者紹介■

    2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。

    様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。

    今やIT、グローバルな時代。

    AIやロボットが仕事をする時代です。

    様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。

    常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。

    マイノリティが、未来を創るのです。

    変えられるのは『自分』と『未来』だけです。

    一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

    データ本:999円

  • d本:52㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    538円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    【知られざるベンチャーキャピタリストの本音!】これが、VC意思決定プロセスだ! ~実際のベンチャー投資、その重視するポイントとは?~ 2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。 謎のベールに包まれたベンチャーキャピタル。通称VC。 起業家が会社を興し、株式公開を目指す過程で現れてくるのが、ベンチャーキャピタルです。 ニッチな分野であるが故、あまり多くの人に知られていない部分が多い分野かもしれません。 多くの方は、ベンチャーキャピタルの存在は知っているものの、その実態や実情を知る人は非常に少ないのではないでしょうか。 謎多き組織体、とも言えるのかもしれません。 VCは、ただ、何となく、目の前にあるベンチャー企業へ投資している訳ではありません。 投資には、その一定の基準や価値観、様々な思いがあっての結果、投資実行となります。 ベンチャーキャピタリスト個人の想いと、組織の背景。 そこには、VCならではの独自の視点があります。 知られざる、ベンチャー投資。 どのような企業へ投資し、どのような企業へ投資しないのか、その根拠とは? どのようなプロセスで意思決定がなされているのか、お伝えいたします。 本書はベンチャーキャピタルとはどのようなものか、VCの種類や目的といった基本的内容から、ベンチャー企業発掘方法や投資意思決定のプロセスや投資における重要なポイントも網羅してまとめております。 事業成長における、その本質についても参考になるかと思います。 数多くの企業を見てきたから言える、成功する企業の持つべき資質にも触れさせていただいております。 ベンチャーキャピタルから見た、ベンチャー投資とは? その知られざるベンチャーキャピタリストの本音を初公開いたします! ■目次■ 1、そもそもベンチャーキャピタル(VC)とは? 2、ベンチャーキャピタルと銀行との違い 3、ベンチャーキャピタル(VC)の種類 4、ベンチャーキャピタルの出資をする目的とは? 5、VCから投資を受ける3つのメリットと2つのデメリット 6、ベンチャーキャピタルが投資する最低条件とは? 7、ベンチャー企業発掘方法 8、ベンチャー企業の成長ステージ、それぞれの投資規模 9、VCの投資決定のプロセスとは? 10、ベンチャーキャピタルとの投資契約書、その留意点について 11、VCが投資するうえで最も重視している4つのポイントとは? 12、最後に ■筆者紹介■ 2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。 様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。 今やIT、グローバルな時代。 AIやロボットが仕事をする時代です。 様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。 常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。 マイノリティが、未来を創るのです。 変えられるのは『自分』と『未来』だけです。 一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

    データ本
    538円
    購入
    紙の本
    -
    購入

    『【知られざるベンチャーキャピタリストの本音!】これが、VC意思決定プロセスだ!~実際のベンチャー投資、その重視するポイントとは?~』

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト著

    二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト出版発行

    ビジネス

    -

    【知られざるベンチャーキャピタリストの本音!】これが、VC意思決定プロセスだ!

    ~実際のベンチャー投資、その重視するポイントとは?~



    2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。

    謎のベールに包まれたベンチャーキャピタル。通称VC。

    起業家が会社を興し、株式公開を目指す過程で現れてくるのが、ベンチャーキャピタルです。

    ニッチな分野であるが故、あまり多くの人に知られていない部分が多い分野かもしれません。

    多くの方は、ベンチャーキャピタルの存在は知っているものの、その実態や実情を知る人は非常に少ないのではないでしょうか。

    謎多き組織体、とも言えるのかもしれません。

    VCは、ただ、何となく、目の前にあるベンチャー企業へ投資している訳ではありません。

    投資には、その一定の基準や価値観、様々な思いがあっての結果、投資実行となります。

    ベンチャーキャピタリスト個人の想いと、組織の背景。

    そこには、VCならではの独自の視点があります。

    知られざる、ベンチャー投資。

    どのような企業へ投資し、どのような企業へ投資しないのか、その根拠とは?

    どのようなプロセスで意思決定がなされているのか、お伝えいたします。

    本書はベンチャーキャピタルとはどのようなものか、VCの種類や目的といった基本的内容から、ベンチャー企業発掘方法や投資意思決定のプロセスや投資における重要なポイントも網羅してまとめております。

    事業成長における、その本質についても参考になるかと思います。

    数多くの企業を見てきたから言える、成功する企業の持つべき資質にも触れさせていただいております。

    ベンチャーキャピタルから見た、ベンチャー投資とは?

    その知られざるベンチャーキャピタリストの本音を初公開いたします!



    ■目次■


    1、そもそもベンチャーキャピタル(VC)とは?

    2、ベンチャーキャピタルと銀行との違い

    3、ベンチャーキャピタル(VC)の種類

    4、ベンチャーキャピタルの出資をする目的とは?

    5、VCから投資を受ける3つのメリットと2つのデメリット

    6、ベンチャーキャピタルが投資する最低条件とは?

    7、ベンチャー企業発掘方法

    8、ベンチャー企業の成長ステージ、それぞれの投資規模

    9、VCの投資決定のプロセスとは?

    10、ベンチャーキャピタルとの投資契約書、その留意点について

    11、VCが投資するうえで最も重視している4つのポイントとは?

    12、最後に






    ■筆者紹介■

    2,000社以上企業訪問してきた東証一部上場企業の元ベンチャーキャピタリストです。

    様々な価値観の経営者と接し、世の中は本当に広い!ということを実感しています。

    今やIT、グローバルな時代。

    AIやロボットが仕事をする時代です。

    様々な価値観・常識を乗り越えられる人が、次なる未来を創り上げると言っても過言ではないでしょう。

    常識とは、大多数の意見であって正解ではありません。

    マイノリティが、未来を創るのです。

    変えられるのは『自分』と『未来』だけです。

    一人でも新しいことにチャレンジする人を後押ししたい、そう願っています。

    データ本:538円

二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト

二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 琥珀色の穿ち

      琥珀色の穿ち

      桂 直樹著

      薫桂書店発行

      バーテンダーが綴る、渾身のエッセイ集です。四半世紀を超えてカウンターから見続けてきた、「人生の機微」がここにあります。 BAR THE ARTIST 桂 直樹 http://www.bar-the-artist.jp

      データ本
      540円
      購入
      紙の本
      1,318円
      購入
    • BARの妖怪事典 Ⅰ

      本格的なスタイルで営むバーは、「オーセンティック・バー」と称されます。夜な夜な、そのオーセンティック・バーに訪れるさまざまな客人を、魔界に棲まう妖怪に見立ててご紹介します。シリアスに、或いは、面白おかしく表現していますので、ぜひご覧下さい。 BAR THE ARTIST 桂 直樹 http://www.bar-the-artist.jp

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      940円
      購入
    • 方言絵本『ほんまもんのおかあはん』大阪府河内のことば

      方言絵本ほんとのかあちゃんシリーズ、大阪府河内のことばです。 関西弁、特に大阪弁はいろんなところで聞く事ができるので、いまや準標準語になってしまっているかもしれません。 なので、今さら感があるとおもいますが、そこはこの『かあちゃん』絵本シリーズ。 代々河内で世代を受け継ぎ、河内生まれの河内育ちの翻訳者が語るとひと味違います。 これがほんとの『河内弁』。 おはなし 仔ネズミのスーちゃんはある日、母ちゃんがとても大切にしていた人形を落として割ってしまいます。 怒った母ちゃんはスーちゃんに 「こんなスカタンおかんの子ぉちゃうわ。 わりゃ、橋の下で拾て来た子ぉや!」 と怒鳴ってしまいます。 とっても哀しい気持になったスーちゃんは一大決心をします。 本当のかあちゃんに会いに行くと。

      データ本
      227円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • 落語絵本 権兵衛狸 落語『権兵衛狸』より

      2014年9月29日更新 A5変型版に変更 ………………………… 2014年9月29日更新 作者紹介の文章を短くしました。 ………………………… 村はずれの山里でひとり穏やかに暮らす権兵衛さんは、村の若い衆に頼られ、慕われています。 ある夜のこと。その権兵衛さんの家の引き戸を叩く者がおります。 トントン『権兵衛はん』。トントン『権兵衛はん』。 権兵衛さんが、ガラッと力一杯引き戸を引くと、戸口に何者かが転がり込んできました。さあ、それは一体何者?

      データ本
      227円
      購入
      紙の本
      1,890円
      購入
    • 改賊版

      改賊版

      北井戸あや子著

      街灯詩舎発行

      街灯詩舎所属、北井戸あや子 短詩集 改賊版 詩を書きはじめた14年12月から15年5月の二十歳までに作られた詩から厳選して掲載。 勢いの隙間にあそびも散らばる、未成年詩集。 また、ごく僅かな発行となった、短詩集「交錯点」も改訂を加え収録。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,490円
      購入
    • 涙のわけ

      2014年9月20日更新 誤字の訂正。 ………………………… 2014年9月20日更新 目次の改定。 ………………………… 2014年9月20日更新 一部文字追加。 ………………………… 2014年9月20日更新 文字の改定。 ………………………… 2014年9月20日更新 一部文字追加。 ………………………… 2014年9月20日更新 版型の変更。 ………………………… 2014年9月9日更新 一部改変。 ………………………… 2014年9月8日更新 増やした ………………………… 2014年9月8日更新 一部修正。 ………………………… 2014年9月8日更新 作品を増やした。 ………………………… 詩のようなもの、あるいは改行文。 本の版型の変更。 本の版型の変更。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,296円
      購入
    • 時間外労働の課題と対策

      経営者へ物言える者には活用でき、ある いは真摯に労務管理と向き合おうとして いる経営者には有用となるだろう。 経営とは、人生以上に長丁場であり、正 攻法で現実を直視することから次の成長 がはじまるものである。 企業は人と同じであり、法律は同じであ っても、企業の運営は個別具体的に大き な違いがあるものだ。本来、同じ法律で も自社に合った運用方法や従業員との関 係構築が必要となる。 労働基準法は、従業員との関係構築の基 礎となる重要な法律なのである。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • 遊道楽歩 2018.04~06

      ビジネスや旅、あるいはわが家のわんこ、 さらに日本酒や身近な自然など、日常生 活の中で気づいた雑感を綴っています。 過去パブーで発行した連載(月4回)を 四半期ごとにまとめています。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • おはなし手帖

      おはなし手帖

      かくら こう著

      おはなしの喫茶室発行

      〈奇妙で不思議な幻の小片標本〉 ◆2011年5月、Twitter@ohanasitechoでちいさなおはなしの発信をはじめました。 2019年1月までに約800のおはなしをつぶやきました。 この本には206作を選び、「夜を歩く君へ」「月と砂漠へ焦がれる」「そのとき海の音を聴いた」「猫偏愛の」「地図のない町を歩く」「その国へ渡る切符を持っている」「青に捧ぐこと」と、七つの章におさめました。

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      1,091円
      購入
    • アカパナの手紙

      アカパナの手紙

      かくら こう著

      おはなしの喫茶室発行

      2019年2月4日更新 「おはなしの喫茶室 店主の手帖」追加 ………………………… 2019年1月27日更新 表紙・総扉・挿絵改め ………………………… とびきりおいしいパンの秘密は、真っ赤なピエロ鼻。それは犬みたいにするどい嗅覚。アカパナのパン屋に遺伝する特別な鼻。 でも、その鼻のせいで、頑固な父娘は大げんか。 ある夜、娘は家を飛び出して大陸へ渡る船へ乗り込み、一方父親は「娘の鼻をふつうの鼻にしてくれる」っていう〈なんでも可能な存在〉を名乗る正体不明のへんてこなやつと契約を交わして遠い山を目指して旅に出た。 わけもわからないまま残された奥さんともうひとりの娘のもとへ、ふたりから手紙が届き、家族の時間が動いてゆく。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      821円
      購入