写真集書店

かわいい猫の写真集がいっぱいあります

猫の写真集書店

冊数 9

紙本 2

更新 2015.07.30

ジャンル 動物・植物・自然全般6 写真2 カルチャー全般1

このエントリーをはてなブックマークに追加

BCCKSで公開されている猫の写真集があつまってるのだニャ(ฅ’ω’ฅ)


●動物以外の女子向けおすすめ写真集はこちら
Girl's Photobook Selection http://bccks.jp/store/girls
●BCCKSが携わった本はこちら
Bccks Publish Store     http://bccks.jp/store/bcckspublish

  • 『井の頭の森で』

    bearcat著

    猫間商事出版部発行

    動物・植物・自然全般

    2012.06.30

    d本:66㌻ 10inch版

    紙本:64㌻ 10inch版 カラー

    -

    販売数 8

    レビュー 1

    データ本

    無料

    紙本

    1,705円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    井の頭の森で

    bearcat著

    猫間商事出版部発行

    ”日本一住みたい街”東京・吉祥寺にある、緑豊かな動物園。 「井の頭自然文化園」のキュートな住人たちをご紹介します。 (ご協力 東京都井の頭自然文化園)

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,705円
    購入

    『井の頭の森で』

    bearcat著

    猫間商事出版部発行

    動物・植物・自然全般

    -

    ”日本一住みたい街”東京・吉祥寺にある、緑豊かな動物園。
    「井の頭自然文化園」のキュートな住人たちをご紹介します。
    (ご協力 東京都井の頭自然文化園)

    データ本:無料

    紙本:1,705円

  • 『ファル子初めての夏』

    水谷さるころ著

    Salu PRO出版発行

    写真

    2012.08.13

    d本:50㌻ 新書版

    -

    レビュー 1

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    2011年末から飼い始めた猫のファル子さんの写真集です。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『ファル子初めての夏』

    水谷さるころ著

    Salu PRO出版発行

    写真

    -

    2011年末から飼い始めた猫のファル子さんの写真集です。

    データ本:無料

  • 『ねこ園ピクニック』

    CAT PICNIC著

    CAT PICNIC PROJECT発行

    写真

    2013.09.21

    d本:134㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    3,300円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    ねこ園ピクニック

    CAT PICNIC著

    CAT PICNIC PROJECT発行

    ちょっとおかしな猫たちを、ケータイでスケッチした写真集です。 ネコたちのイキイキとした表情を。

    データ本
    3,300円
    購入
    紙の本
    購入

    『ねこ園ピクニック』

    CAT PICNIC著

    CAT PICNIC PROJECT発行

    写真

    -

    ちょっとおかしな猫たちを、ケータイでスケッチした写真集です。
    ネコたちのイキイキとした表情を。

    データ本:3,300円

  • 『人でなし〈一〉』

    KeyBoy著

    鍵出版発行

    動物・植物・自然全般

    2011.09.25

    d本:204㌻ 新書版

    -

    レビュー 5

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    我が家に同居している人でなし(猫)の写真です。名前は「まめ」といいます。 気が向いた時に気まぐれに足します。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『人でなし〈一〉』

    KeyBoy著

    鍵出版発行

    動物・植物・自然全般

    -

    我が家に同居している人でなし(猫)の写真です。名前は「まめ」といいます。
    気が向いた時に気まぐれに足します。

    データ本:無料

  • 『人でなし〈二〉』

    KeyBoy著

    鍵出版発行

    動物・植物・自然全般

    2017.01.13

    d本:112㌻ 10inch版

    -

    レビュー 2

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    我が家に同居している人でなし(猫)の写真です。名前は「まめ」といいます。 気が向いた時に気まぐれに足します。 新しいカメラ(RICOH GXR)を買ったので、これを区切りとして第二巻にしました。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『人でなし〈二〉』

    KeyBoy著

    鍵出版発行

    動物・植物・自然全般

    -

    我が家に同居している人でなし(猫)の写真です。名前は「まめ」といいます。
    気が向いた時に気まぐれに足します。
    新しいカメラ(RICOH GXR)を買ったので、これを区切りとして第二巻にしました。

    データ本:無料

  • 『うちの米(ヨネ』

    mimi著

    mimi出版発行

    動物・植物・自然全般

    2010.12.29

    d本:208㌻ 版

    -

    レビュー 2

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    うちの米(ヨネ

    mimi著

    mimi出版発行

    うちの愛猫の米(ヨネ)です。 名前の由来 猫のほうがどんどん歳をとっていく。 いつか、わたしよりも年齢が上になる。 そのときに、年相応の名前にしたくてこの名前にした。 私自身、米が好き。あ、食べるほうの・・・(爆

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『うちの米(ヨネ』

    mimi著

    mimi出版発行

    動物・植物・自然全般

    -

    うちの愛猫の米(ヨネ)です。

    名前の由来

    猫のほうがどんどん歳をとっていく。
    いつか、わたしよりも年齢が上になる。

    そのときに、年相応の名前にしたくてこの名前にした。

    私自身、米が好き。あ、食べるほうの・・・(爆

    データ本:無料

  • 『たわらもと帖』

    あんあん著

    マチオモイ帖出版発行

    カルチャー全般

    2014.02.12

    d本:30㌻ 10inch版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    たわらもと帖

    あんあん著

    マチオモイ帖出版発行

    「マチオモイ帖」は、日本各地のクリエイターが、それぞれのオモイが詰まった大切な町を自分だけの視点で表現するプロジェクトです。 2011年の大阪での展示に始まり、現在では日本各地で展覧会を展開し、大きな反響を呼んでいます。 この本は、これまで「マチオモイ帖」に集まった数多くのミニブックの中の1冊です。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『たわらもと帖』

    あんあん著

    マチオモイ帖出版発行

    カルチャー全般

    -

    「マチオモイ帖」は、日本各地のクリエイターが、それぞれのオモイが詰まった大切な町を自分だけの視点で表現するプロジェクトです。
    2011年の大阪での展示に始まり、現在では日本各地で展覧会を展開し、大きな反響を呼んでいます。
    この本は、これまで「マチオモイ帖」に集まった数多くのミニブックの中の1冊です。

    データ本:無料

  • 『人でなしCards 2015』

    鍵っ子著

    鍵出版発行

    動物・植物・自然全般

    2015.05.21

    d本:15㌻ 葉書版

    紙本:16㌻ 葉書版 カラー

    -

    販売数 4

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,100円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    我が家に同居している人でなし(猫)×2の写真を、ポストカードブックに仕立て上げたものです。 名前は、マメとUMA(ユーマ)といいます。 裏面は白紙でちょうどハガキサイズですので、思いの丈を殴り書き切手を貼って人に送りつけることができます。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,100円
    購入

    『人でなしCards 2015』

    鍵っ子著

    鍵出版発行

    動物・植物・自然全般

    -

    我が家に同居している人でなし(猫)×2の写真を、ポストカードブックに仕立て上げたものです。
    名前は、マメとUMA(ユーマ)といいます。
    裏面は白紙でちょうどハガキサイズですので、思いの丈を殴り書き切手を貼って人に送りつけることができます。

    データ本:無料

    紙本:1,100円

  • もっと見る

BccksPublish出版部

運営

BccksPublish

書店一覧
book store

その他の書店

    • みんな見られている

      3つのショートストーリーで構成されるシリーズ短編。 自分が思うほど人は見てなんかいない、わざわざ他人のことを見ていたりしないって思っているでしょう? それがそうではないみたい。案外見ているものみたいなんです。 「こういうのも恋っていうのかな?」 とあるお店でそんなことを考えているボク。 彼はいろんなものを見ています。いろんな人を見ています。 どこででも繰り広げられている、ちょっとへんなこと。一緒にのぞいてみませんか? 収録作品 「女のコの名前を呼ぶときは細心の注意を」 「二人ともお喋り」 「時々会議室」

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • わたしにしなよ

      彼には私以外にも女がいる。 気が付いてしまったレイは、こんなハズじゃなかったと思う。 穏やかに生きていくつもりだった。無駄とも波風とも無縁に、マイペースで暮らすつもりだった。それなのに。 不思議なことに怒りは感じない。ただ、こんなハズじゃなかったと思う。なにかしなければいけないだろうかと思う。 私はどこかおかしいのだろうか。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      836円
      購入
    • じぶんを信じる

      2023年2月6日更新 「緒言」を追加しました …………………………  例えば、朝、職場に出勤したとき、同僚に「おはよう」とあいさつしたのに、返事をしてもらえなかったとします。どうしましょう。  返事がなかったことは「客観的事実」ですね。  気分を暗くするでしょう。無視された理由をあれこれ考えるでしょう。 「私は同僚から嫌われている」 と解釈するかもしれません。  そうして、 「私はきっと同僚全員に嫌われるている」 「私は誰からも嫌われる運命なんだ」 「幼いときからずっと私は拒絶されていたし」 「私は世界の嫌われもの。私を好いてくれる人なんかいない」 「これからも一生誰からも好かれないに違いない」 「私が人生は絶望だ」  このようにマイナス感情のエスカレートをつけてしまうかも。  冷静なときなら「そこまで思いつめることはないじゃないか、考えすぎだ」と判断できますが、「拒絶」をされた直後に、当人が冷静に認識することは非常に困難なものです。  でも、原因をあれこれかんがえることは「私の主観」で「私の解釈」です。それは決して公正な客観的事実ではありません。  このような第三者からみれば「勝手な思い込み」がその人の感情を暗く重くしてしまうのです。  ストレス社会に生きる私たちが、自分を信じ、自分を知って真の意味で人生をエンジョイする方法を、認知行動療法と仏教思想に探究します。  なおこの本は拙著「認知行動療法と仏教思想」をやさしい表現に書きあらためたものです。難しい漢字をひらがなに変え、とくに難しい部分は省略し、横書き表記に変更しました。内容はほぼ同じです。

      データ本
      286円
      購入
      紙の本
      627円
      購入
    • 認知行動療法と仏教思想

       大きなストレスにさらされる生活をよぎなくされる2020年。  人は楽しいこと、好きなことをしているとき免疫力(生命力=病気への抵抗力)がいちばんアップします。反対に楽しいことができないとき、将来的に好きなことができそうにないと悲観したとき(=希望を喪失したとき)に免疫力がダウンします。  私はアウシュヴィッツ強制収容所の話を聞きました。そこではときどき「何月何日に解放されるらしい」と根拠薄弱な噂が流れたことがあったそうです。しかし期待した解放がないまま噂の日が過ぎると、翌日からばたばたと病死する人が増えたそうです。がっかりすると生命力がくっと落ちるのです。  わたしたちは毎日強いストレスを受けて暮らしています。  人の体はストレスを受けると副腎皮質からコーチゾールというホルモンが出て鬱状態になるのです。うつ状態になると人の生命力(=免疫力、病気への抵抗力)がぐっと下がってしまいます。  ストレスを受け続けた体はほかの病気にかかりやすくなります。ふつうの風邪をひいて肺炎になるかもしれません。人が感染症にかかるかどうかは、病原微生物と人体の力比べの結果です。人体側が生命力を落としてしまったら、ただの風邪にかかりやすく、重症化しやすくなってしまいます。  ガンや糖尿病の発症率も上がるでしょう。ストレスを受けて分泌される副腎皮質ホルモンは糖尿病が発症するきっかけを作ります。血糖値を上げるのですね。例えばシマウマはライオンから逃げるわけです。ストレスを受けた動物は危機が迫ったと察知して、そのホルモンを分泌し「戦闘状態」に入るんです。それは血圧を上げ、血糖値を上げます。また免疫を下げます。その結果として、ストレスを受けると、ご飯がまずく感じ、便秘になり、眠れなくなるわけです。私たちを含む動物の体はそういうふうにできています。考えてみれば当然ですね。ライオンに襲われそうなときに、のんびり草を食べたりウンチしてる場合じゃないから。  一時的なストレスにより一時的に血糖値が上がるだけなら問題ありませんが、常時ストレスを受け慢性的に血糖値と血圧が高い状況が続くと危険です。  わたしたちの体の中では毎日のように、がん細胞が発生しています。しかし癌になる人は多くはありません。がん患者が増えたと言っても、人口の半分以下です。言い換えれば、人口の半分以上の人は一生ガンにならないわけです。頻繁にガン細胞が発生しているのにもかかわらずガンにならないのは、私たちの免疫力が、生まれたてのガン細胞をたちまちに破壊してくれているからです。  しかしながら、毎日強いストレスを感じて免疫力が低下したら、発生したがん細胞がそのまま大きく成長するかもしれないのです。ある程度以上に大きくなったがん細胞に対しては免疫は無力です。  うつやあせり不安に悩まされる人もおおいでしょう。精神的な不調を治す治療法は主として抗うつ薬服用する薬物療法と心理療法があります。その両方を併用することが治療結果が良いようです。  そんな現代の心理療法と、とても似たかんがえかたをするのが仏教です。2500年昔から存続する心理療法だと仏教思想を言えるかもしれません。薬物療法と心理療法に加え、仏教の修道をすることが、2020年の私たちをたすける最良の方法かもしれません。 見本として本文の一部分を以下に写します。 「幼少時の生育環境等で心の深い無意識下に植えつけられた世界観が、その人の認知の歪みとなって、鬱や不安を引き起こすと見るのが認知行動療法の基本だと第一節で述べた。それは仏教的に表現すると「生苦」である。四つの思うようにならぬことの第一に挙げられる生苦。  仏教は一人ひとりが世の中をありのままに見ているとは決してかんがえない。それぞれ独特のものの観方をしており、客観的に公正にみてはいないと人間をとらえる。そんな私たちが世の中を他人をそうして自分自身を見る視点は機械のように公平無私ではない。それはありえないのだ。私たちが見て判断する世界像はいつも必ずその人流にゆがんでいる。ひずんでいる。  ちゃんとみることはない。けれどもそんな世界像をだれもが正しいと信用して暮らしている。間違っていることを正しいと思いこんでいる。ほんとうは正しくないのだ。ゆがんでいるのだ。だから私たちのそんな世界観や判断を、「空」と仏教の専門語でよぶのである。「空」はクーと発音する。からっぽ、の意味である。般若心経の「色即是空、 空即是色」で一般にも有名な言葉だ。「色」はシキと発音する仏教語。眼で見る景色、耳で聞く音、鼻で嗅ぐ匂い、手で触る感触、頭で考える意識。そんな人間の感覚と思考の一切を「色」と表現する。 「色」は即ち「空」である。人間の感覚と思考の一切はからっぽだ、と言う意味だ。空っぽとは事実でない、真実でないということ。例えば、初めて再生機械を通した自分の声をきいたとき、びっくり仰天した経験があるだろう。けれども友達の声の録音音声ならば違和感を全然受けない。友達の肉声も録音された声も、紛れもなく友人の声だ。違わない。将来もしも「録臭機」が発明されたら、誰でも機械を通した自分の体臭を嗅げることになる。初めて自己臭を嗅いだらこれまた驚愕することだろう。自分についての自分の思い込みが、客観的事実とずれているから、こうした事態が起こるのだ。  事実でないことを事実と思いこんで自ら苦しんでいるということ。そのことに気づけば楽になる。  認知行動療法が目指すところの認知ゆがみの自覚とその是正を仏教的に表現するとこうなる。 「クライエントさん、あなたの判断の癖は客観的事実じゃないのですよ。空っぽなのですよ。それに気づけたらうつ病が治るんですよ」。

      データ本
      286円
      購入
      紙の本
      627円
      購入
    • 木を伐る

      『私は自分がなにを考え、それをどうこの人に伝えようとしているか不安になった。雨は窓にあたった。私は川を思った。記憶にある川の光景を思い浮かべていた』 突然、義母と暮らすことになった《私》 義母は自分の部屋の窓を覆う大きな木のことで、毎日夫に文句を言ってくる。 《私》は極力それに関わらないようにしているのだが―― 林檎、川の奔流、雨、風、大きな木 幾つかのイメージが重なっていき、 最後に、それが切って落とされるような感じに書いてみました。 ある意味では、怖い話かもしれません。 あるいは、《怖いこと》というのは 主に家庭内で醸成されるものだというのを 示しているものだと思います。 ------------------------- しばらくのあいだ無料にします。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • Pavane pour une infante défunte

      『彼らは中学生の頃からのつきあいだった。斎藤美以子と佐伯周と佐藤強士――名字がサ行であったために彼らは近くの席に座らされることになった。ただそれだけのことだったけれど、彼らはそれからずっと友人として過ごすことになった』 中学生の頃からなぜか仲良しな3人、 美以子と周と強士、 彼らの成長と絡みあう関係を 幾つかのピアノ曲とともに 描いてみました。 タイトルは モーリス・ラヴェルの 『亡き王女のためのパヴァーヌ』 その原題です。 テーマとなるその曲と同様に 繰り返される言葉やシ-ンが しだいに意味を強くするよう 心がけてもみました。 ぜひご一読下さい。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • アワーミュージック

      アワーミュージック

      王木亡一朗著

      ライトスタッフ!発行

      王木亡一朗自選短編集「アワーミュージック」  短編集「他人のシュミを笑うな」「LaLaLaLIFE」「kappa」から、一作ずつ、月刊群雛04月号に掲載された「母の上京」、表題作の書き下ろし短編「アワーミュージック」を収録した短編集です。 「アワーミュージック」 ——本を読まない人の言葉って、陳腐じゃないですか?  母校である美大の修了制作展で、私は、とある女の子と出会う。  彼女は、キャンパスいっぱいに、物語が綴られた作品を展示していた。 「母の上京」  夏の終わりに電話をかけてきた母は、東京観光に連れて行って欲しいと、僕に言った。  母と二人で出かけることに、多少の照れがあった僕だが、彼女を連れて、出かけることにした。 「明子先生の結婚」  明子先生は、本当に良い先生だった。  だから、彼女には、ずっとそのままでいて欲しかった。 「不揃いのカーテンレール」  夏の日の夜、僕は耐えきれなくなって部屋のカーテンを引きちぎる! 「Any Day Now」  人生お休み中の俺は、公園で孤独なガキに会う。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      1,100円
      購入
    • LaLaLaLIFE

      LaLaLaLIFE

      王木亡一朗著

      ライトスタッフ!発行

      とある夫婦の茶碗にまつわる話 「夫婦茶碗」 男の子だからって何でも買ってもらえる弟の存在が面白くない姉 「ユリコのゆりかご」 赤い絨毯に、トラウマがあるんです。とある探偵のもとに舞い込んだ依頼 「魔法のじゅうたん」 夏の日の夜、僕は耐えきれなくなって部屋のカーテンを引きちぎる! 「不揃いのカーテンレール」  日々の暮らしは、何気ないようでいて、実際はもっと色々なことを思っているのだ。 (『生活のために働いてる』なんていうと、いわゆる意識高い系の人たちに、『仕事って、人生の多くの時間を割くもんだし、我慢して生活のために時間を費やすなんて、すごく虚しいよ』みたいに顰蹙を買うけれど、そういう人たちが、『自己実現のため』とか『より良い人生のため』に働いてるってのも、『人生=生活=LIFE』なんだから、そう変わらないんじゃないかな。『命を懸けて』なんていうけれど、誰だって命は一つしか無いし、生きているってことが既に命懸けだ。だから、生活のため、人生のため、命のため、っていうのは、本当は殆ど同じ意味だ。——本文より)  日々の生活や、そこからちょっとはみ出したエピソードにフォーカスを当てた連作短編です。

      データ本
      255円
      購入
      紙の本
      1,100円
      購入