マークモデル事務所出版部

マークモデル事務所出版部

マークモデル事務所出版部

マークモデル事務所出版部

冊数 1

紙本 1

更新 2014.04.01

ジャンル 芸能・演劇1

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・表参道で2005年創立。マークモデル事務所社長マーク伊藤 芸能界でプロ活動を目指す貴女をプロデュースいたします。

  • d本:28㌻ 新書版

    紙本:48㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 2

    レビュー 0

    データ本

    324円

    紙本

    724円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    皆さんはじめまして。マーク伊藤です。 私はモデル事務所社長として、これまで200人以上の志望者に対し、夢を叶えるお手伝いをする仕事をしてきました。これが、この本のサブタイトルである〜200人の宝石たち〜の意味です。 私もメンズモデルとしてファッションショーや雑誌、広告、テレビ・映画出演といった芸能活動を行っています。自分自身が厳しい芸能界の環境に身を置くことで自己研鑽を続けています。 これらの経験から、モデルになる夢を持つ女性たちが「具体的にどうすれば夢に近づいていけるか?」というノウハウをこの本に記したいと思います。 これから夢にチャレンジしていきたいが、具体的になにをすれば良いか分からない方、既にモデル活動を始めているが行き詰ってしまった方 etc. 本書がそんな皆さんの迷いを払い、背中を押すきっかけになりましたら幸いです。 2014年3月 マークモデル事務所 代表 マーク伊藤

    データ本
    324円
    購入
    紙の本
    724円
    購入

    『マーク伊藤の「モデルになってキレイになる」 〜200人の宝石たち〜』

    マーク伊藤著

    マークモデル事務所出版部発行

    芸能・演劇

    -

    皆さんはじめまして。マーク伊藤です。
    私はモデル事務所社長として、これまで200人以上の志望者に対し、夢を叶えるお手伝いをする仕事をしてきました。これが、この本のサブタイトルである〜200人の宝石たち〜の意味です。

    私もメンズモデルとしてファッションショーや雑誌、広告、テレビ・映画出演といった芸能活動を行っています。自分自身が厳しい芸能界の環境に身を置くことで自己研鑽を続けています。

    これらの経験から、モデルになる夢を持つ女性たちが「具体的にどうすれば夢に近づいていけるか?」というノウハウをこの本に記したいと思います。

    これから夢にチャレンジしていきたいが、具体的になにをすれば良いか分からない方、既にモデル活動を始めているが行き詰ってしまった方 etc.

    本書がそんな皆さんの迷いを払い、背中を押すきっかけになりましたら幸いです。

    2014年3月
    マークモデル事務所
    代表 マーク伊藤

    データ本:324円

    紙本:724円

マーク伊藤

東京・表参道で2005年創立。マークモデル事務所社長マーク伊藤 芸能界でプロ活動を目指す貴女をプロデュースいたします。 http://modelagentpro.wix.com/markmodels

運営

マークモデル事務所

http://modelagentpro.wix.com/markmodels

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 夏のかけら(サンプル版)

      夏のかけら(サンプル版)

      幸田玲著

      NPO法人日本独立作家同盟発行

      月刊群雛2015年09月号サンプル&著者インタビュー  ある日、石田達也の携帯電話に、バー・エリックの店長、山中虎太郎から連絡があった。  虎太郎から、仕事の件で会わせたい人がいる。月曜の夜に来てほしいと告げられる。達也と虎太郎は親友で、高校時代のクラスメイトだった。達也は月曜の夜、虎太郎の店が入っている駅前の雑居ビルを訪れた。その店で田所綾香という若い女性を紹介される。綾香から住宅の改装の話を聞き、工事の見積書を依頼された。後日、打ち合わせのために綾香と会った場所は、駅前の商店街にある「アジアン・カフェ」という名の喫茶店だった。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • フーチー・クーチー・マン(サンプル版)

      月刊群雛2015年04月号サンプル&著者インタビュー  もしおれが教師で、女子生徒に強姦されたら吐くと思う。逆に加害者だと思われるから。あとおれの爺さんはかっこよかった。なんでおれはかっこよくないんだろう。二百字ってむずかしいね。こんなんでいいすか。本文読んだほう早いよ。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • 有田満弘 カルドセプト画集

      イラストレーター有田満弘の『カルドセプト』シリーズ関連全作品75点を、「着想・調査・構想」に焦点をあてたコメントと共に収録。創作のバックボーンに迫る。未使用カード「ミラクルコール」も収録。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      2,301円
      購入
    • 現代関西音楽帖

      現代関西音楽帖

      音楽ライター講座in京都 編著

      音楽ライター講座in京都出版発行

      “関西音楽の今”をテーマに100作品+αをレビューした無料電子書籍『現代関西音楽帖』、岡村詩野「音楽ライター講座in京都」講座生が発表! 2014年3月2日(日)、音楽評論家・岡村詩野が講師を務める「音楽ライター講座in京都」は、無料電子書籍『現代関西音楽帖』をBCCKSからリリースしました。"関西音楽の今"をテーマに近年の関西重要100作品+αをレビューしたほか、コラムなど随所に散りばめ、まさに"現代関西音楽指南書"と呼ぶに相応しい内容となっています。 本書は、「音楽ライター講座in京都」の受講生たちによって、選盤、編集、執筆がなされています。既に東京で10年以上続いている、音楽評論家・岡村詩野が講師を務める『音楽ライター講座』の京都版としてスタートしたのが2012年4月。昨春、講師の岡村が京都へ転居したことを一つのきっかけに、"関西音楽の今"を軸に置いたディスク・ガイド・ブック『現代関西音楽帖』の制作に取り組みました。レビューは主に2010年代以降にリリースされた作品が中心です。関西在住、出身、もしくは縁のあるアーティスト、作品に限定し、“今、関西の音楽シーンはどのようになっているのか?”が伝わるように全て受講生が書き上げました。講座内においてレビューの読み合わせを行い、様々な意見を交換後、修正し完成させた原稿がほとんどです。 あれが入っていない、これが抜けている、という指摘もあるかと思います。あくまで20代の受講生たちが選んでいることもあり、どうしても若い世代の作品が軸になっている他、ライター初心者が多数を占めているため、不慣れな記述になっている部分も少なくありません。ですが、自主制作盤しか出していないインディー・アーティストから全国規模の人気を獲得しているバンド、果てはアイドルまで、ジャンルにこだわらず広く関西の今の音楽を取り上げた本として、関西の音楽シーンの今を俯瞰して見ていただけると思います。本書に関わっているのは、監修を担当した講師の岡村を始め、全員が関西、もしくは西日本在住者です。日頃、関西で生活する中で音楽に触れている者ばかりですので説得力はあると思います。また、これを一つの叩き台とし、さらに論考などを中心とした書籍を制作する計画もあります。 関西の音楽に焦点を当てたディスクガイド本としては恐らく初となる本書、ぜひともご紹介いただきたくお願いを申し上げる所存です。 なお、本書は電子書籍での発刊となります。現在、当該ページから無料でDL購読をしていただけますので、どうかお気軽にお読みいただければ幸いです。 (音楽ライター講座in京都講師、本書監修者・岡村詩野 記) レビュー掲載作品(抜粋): くるり『坩堝の電圧』、DODDODO 『ど』、Homecomings『Homecoming with me?』、モーモールルギャバン『僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ』、中川敬『銀河のほとり、路上の花』、T.M.Revolution 『UNDER:COVER2』、tofubeats『lost decade』、10-FEET『thread』、キツネの嫁入り『死にたくない』、丸尾丸子『まわりまわる球体の上』、NMB48『てっぺんとったんで』、Pirates Canoe『Sailing Home』、三田村管打団?『!!!』他 コラム:「関西ヒップホップシーン」「関西の音楽レーベル」「関西ビートシーン」「大阪シーン」「関西 名盤ディスクガイド10選」など。 ・音楽ライター講座in京都について 「音楽ライター講座in京都」は2012年4月にスタート。会場は『100000t』(古本/レコードショップ)、『京都メトロ』(ライブハウス)、『カフェパラン』(カフェ)などで不定期に開催。現在は京都駅付近で月に2度ペースで行なっています。授業では課題原稿を全員で読み合わせをするなどのカリキュラムを軸に行なっている他、これまでにゲストとして奈良在住のバンド=LOSTAGEの五味岳久さん、『snoozer』元編集長、現在『the sign mag』ディレクターの田中宗一郎さんを招き、参加者と意見を交換した回もあります。2013年暮れには京都精華大のゼミの協力を得て、4回生主催のイベント『湯けむり音楽会』をライヴ・レポートを受講生全員で執筆。講座のフェイスブックページでは講座レポート、ライヴレビューなどを掲載し、積極的な情報公開を行っています。 講師・責任者 岡村詩野 (音楽評論家) 朝日新聞、ミュージック・マガジン、VOGUE NIPPON、FUDGE、CDジャーナル、bounceなどで執筆中。 音楽ライター講座in京都 Facebookページ https://www.facebook.com/kyotomusicwriterschool 本書、音楽ライター講座in京都へのお問い合わせ先 山田 慎 (sweet music) info@sweetmusic.jp http://www.sweetmusic.jp/blog/index.html

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入