KAYIE Japan 出版社

ボリューム0の声

KAYIE Japan 出版社

冊数 1

紙本 1

更新 2019.02.01

ジャンル 教育1

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『ボリューム0の声』

    昊之佑著

    KAYIE Japan出版社発行

    教育

    2019.02.01

    d本:220㌻ 文庫版

    紙本:224㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 425

    レビュー 0

    データ本

    702円

    紙本

    1,317円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    ボリューム0の声

    昊之佑著

    KAYIE Japan出版社発行

    一歳の時、急性脳症になり、自由を失った少年。筆談で綴る作品集。 Amazon電子書籍 新作 哲学入門 第27位! 海が舞台のファンタジー短編小説。「黄色い箱の物語」主人公の黄色い箱。美しい箱の哀しみ。人間の身勝手の振る舞い。八歳で書き下ろした作品です。 サバンナの大自然で生きる動物たち。弱肉強食の世界。友情とは?真の強さとは?理想の地を求め旅をする動物たち。全八章。十歳で書き下ろした作品「LANDランド」。 七歳から十歳までに書いた51の詩。ぼくが「生きる」意味。 「あなたは、どう生きますか?」 大人に。子どもにそう問いかける。ボリューム0の声。 温かい泪をさそう作品です。

    データ本
    702円
    購入
    紙の本
    1,317円
    購入

    『ボリューム0の声』

    昊之佑著

    KAYIE Japan出版社発行

    教育

    -

    一歳の時、急性脳症になり、自由を失った少年。筆談で綴る作品集。

    Amazon電子書籍 新作 哲学入門 第27位!

    海が舞台のファンタジー短編小説。「黄色い箱の物語」主人公の黄色い箱。美しい箱の哀しみ。人間の身勝手の振る舞い。八歳で書き下ろした作品です。

    サバンナの大自然で生きる動物たち。弱肉強食の世界。友情とは?真の強さとは?理想の地を求め旅をする動物たち。全八章。十歳で書き下ろした作品「LANDランド」。

    七歳から十歳までに書いた51の詩。ぼくが「生きる」意味。

    「あなたは、どう生きますか?」

    大人に。子どもにそう問いかける。ボリューム0の声。

    温かい泪をさそう作品です。

    データ本:702円

    紙本:1,317円

toshi

運営

KAYIE Japan 出版社

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • ボリューム0の声

      ボリューム0の声

      昊之佑著

      KAYIE Japan出版社発行

      一歳の時、急性脳症になり、自由を失った少年。筆談で綴る作品集。 Amazon電子書籍 新作 哲学入門 第27位! 海が舞台のファンタジー短編小説。「黄色い箱の物語」主人公の黄色い箱。美しい箱の哀しみ。人間の身勝手の振る舞い。八歳で書き下ろした作品です。 サバンナの大自然で生きる動物たち。弱肉強食の世界。友情とは?真の強さとは?理想の地を求め旅をする動物たち。全八章。十歳で書き下ろした作品「LANDランド」。 七歳から十歳までに書いた51の詩。ぼくが「生きる」意味。 「あなたは、どう生きますか?」 大人に。子どもにそう問いかける。ボリューム0の声。 温かい泪をさそう作品です。

      データ本
      702円
      購入
      紙の本
      1,317円
      購入
    • おはなし手帖

      おはなし手帖

      かくら こう著

      おはなしの喫茶室発行

      〈奇妙で不思議な幻の小片標本〉 ◆2011年5月、Twitter@ohanasitechoでちいさなおはなしの発信をはじめました。 2019年1月までに約800のおはなしをつぶやきました。 この本には206作を選び、「夜を歩く君へ」「月と砂漠へ焦がれる」「そのとき海の音を聴いた」「猫偏愛の」「地図のない町を歩く」「その国へ渡る切符を持っている」「青に捧ぐこと」と、七つの章におさめました。

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      1,091円
      購入
    • アカパナの手紙

      アカパナの手紙

      かくら こう著

      おはなしの喫茶室発行

      2019年2月4日更新 「おはなしの喫茶室 店主の手帖」追加 ………………………… 2019年1月27日更新 表紙・総扉・挿絵改め ………………………… とびきりおいしいパンの秘密は、真っ赤なピエロ鼻。それは犬みたいにするどい嗅覚。アカパナのパン屋に遺伝する特別な鼻。 でも、その鼻のせいで、頑固な父娘は大げんか。 ある夜、娘は家を飛び出して大陸へ渡る船へ乗り込み、一方父親は「娘の鼻をふつうの鼻にしてくれる」っていう〈なんでも可能な存在〉を名乗る正体不明のへんてこなやつと契約を交わして遠い山を目指して旅に出た。 わけもわからないまま残された奥さんともうひとりの娘のもとへ、ふたりから手紙が届き、家族の時間が動いてゆく。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      821円
      購入
    • 王さまとたからもの

      ある国に、宝物がとても大好きな王さまがいました。ほかの国に宝物があると聞くと王さまは、とても我慢ができませんでした。すぐに家来の兵隊たちに命令して宝物を奪ってしまいます。王さまは沢山の宝石や宝物に囲まれて毎日がとても幸せでした。だけど…王さまのために一生懸命働いた兵隊たちは、王さまから少しも宝物を分けてもらえませんでした。そのため、王さまの国の兵隊たちや人々はとても貧しかったのですが、王さまはそんなことは少しも知りませんでした。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      759円
      購入
    • 『捨てられて』山の中・小さな出来事

      2014年11月18日更新 表紙の変更と一部誤字、脱字がありましたので修正しました。 ………………………… 今日も町のどこかでポイポイと簡単に捨てられてしまうペットたち。動物愛護団体、協会等の報告によると、年間約80万匹の生き物が捨てられているといわれます。そして、ペットたちが保健所に持ち込まれ殺処分されてしまうその数が約40万匹以上と報告されています。また新薬、化粧品の開発に数多くの生き物たちが実験台にされ命を失っています。そしてペットショップの店頭に並ぶ生き物たちの陰で、姿見がよくない、生まれつき不都合な体をしている。と判断された生き物たちは選別され遺棄されて決してあなたの目にふれることはありません。ポイと闇から闇に葬られてしまいます。その処分される数、想像もつきません。おそらく年間、100万匹の単位になると推測されます。人間の身勝手な都合でいとも簡単にポイと放り投げられてしまうペットたちは、どうして生きていけばよいのでしょうか。そんな事実を背景に山に捨てられてしまった一匹の子犬の話(寓話)を綴ってみました。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      1,005円
      購入
    • 絡繰隔離

      絡繰隔離

      楓仙子著

      狗尾堂発行

      2018年1月13日更新 著者名の変更及び表紙の調整を行いました。 ………………………… 恋愛、母子愛、友情などをテーマにした闇詩中心の構成です。 とはいえ、根本にあるのは愛情だけです。 だって、好きな子を虐めてしまった経験がありませんか? 誰かを愛しすぎて、食べてしまいたくなった経験はありませんか? そういう事です。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • 夢喰ひ花仙子

      詩集第2弾。 今回は花言葉をモチーフとした作品ばかり。 13作中12作が書下ろしです。 私の文章の性質上、悲恋が中心となっています。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      -
      購入