ポエジーのある本

六角書林

ポエジーのある本

六角書林

冊数 6

紙本 6

更新 2018.05.27

ジャンル 詩歌3 絵本1 文芸1 アート1

このエントリーをはてなブックマークに追加

BCCKSで製作した本を販売する六角文庫の書店です。
その他の紙本、ePubはAmazonなどにも置いています。

  • 『茫茫 男が…泣いている』

    泉井小太郎著

    六角文庫発行

    詩歌

    2018.05.26

    d本:98㌻ 新書版

    紙本:96㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 6

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,188円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

      前世紀から新世紀に移る前後に書かれた、 詩とも何ともつかないジャンル不詳の作品群。  茶碗  ぐい呑  蓬生  蕩児の祭  鬼 男たちの哀愁、哀切のポエトリー・ロマン。  * ロマンとは言っても、掌篇短篇、漫画やアニメにしても味わえそうな、ジャンルのよく解らない作品。 ことに「茶碗」「ぐい呑」「鬼」など。内容も悲しき男たちの風景で、ちっとも浪漫的ではない。 どちらかと言えば、つげ義春の世界にも通う寂寥、ポエトリー・ブルースであるかもしれない。                   ──「あとがき」より

    データ本
    タチヨミのみ
    なし
    読む
    紙の本
    1,188円
    購入

    『茫茫 男が…泣いている』

    泉井小太郎著

    六角文庫発行

    詩歌

    -

     
    前世紀から新世紀に移る前後に書かれた、
    詩とも何ともつかないジャンル不詳の作品群。
     茶碗
     ぐい呑
     蓬生
     蕩児の祭
     鬼
    男たちの哀愁、哀切のポエトリー・ロマン。
     *
    ロマンとは言っても、掌篇短篇、漫画やアニメにしても味わえそうな、ジャンルのよく解らない作品。
    ことに「茶碗」「ぐい呑」「鬼」など。内容も悲しき男たちの風景で、ちっとも浪漫的ではない。 どちらかと言えば、つげ義春の世界にも通う寂寥、ポエトリー・ブルースであるかもしれない。
                      ──「あとがき」より

    紙本:1,188円

  • d本:130㌻ 文庫版

    紙本:128㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 10

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,188円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    ぽとぽとぽと、と きのうから来て、あしたへゆくような、 あしたから来て、きのうへゆくような、 そんな姿と音楽の、無口なサックスマン。 旅をして、サックスを吹いて、花を咲かせて… 花屋なのか、手品師なのか、道楽者なのか、 簡素で美しい文章と線画による、ポエトリー・ロマン。

    データ本
    タチヨミのみ
    なし
    読む
    紙の本
    1,188円
    購入

    『サックスマン』

    -

    ぽとぽとぽと、と
    きのうから来て、あしたへゆくような、
    あしたから来て、きのうへゆくような、
    そんな姿と音楽の、無口なサックスマン。
    旅をして、サックスを吹いて、花を咲かせて…
    花屋なのか、手品師なのか、道楽者なのか、
    簡素で美しい文章と線画による、ポエトリー・ロマン。

    紙本:1,188円

  • 『ピアニッシモ』

    泉井小太郎著

    六角文庫発行

    詩歌

    2018.04.01

    d本:200㌻ 10inch版

    紙本:192㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 11

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    2,160円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    2018年5月5日更新   ………………………… 東日本大震災の前後に書いていた長詩二篇(小詩集二冊)を合冊にしました。共に同じフレーズ11行を含んだ姉妹版です。 「春とピアノ」は不遇な三人のジャズ・ピアニストに寄せた心象。   ディック・ツワージク   ドド・マーマローサ   ユタ・ヒップ 「春と石仏」は謎に包まれた石仏群を詩と写真で綴っています。   謎が立っています。   不思議が立っています。 ともにピアニッシモな群像です。

    データ本
    タチヨミのみ
    なし
    読む
    紙の本
    2,160円
    購入

    『ピアニッシモ』

    泉井小太郎著

    六角文庫発行

    詩歌

    -

    2018年5月5日更新
     
    …………………………

    東日本大震災の前後に書いていた長詩二篇(小詩集二冊)を合冊にしました。共に同じフレーズ11行を含んだ姉妹版です。

    「春とピアノ」は不遇な三人のジャズ・ピアニストに寄せた心象。
      ディック・ツワージク
      ドド・マーマローサ
      ユタ・ヒップ

    「春と石仏」は謎に包まれた石仏群を詩と写真で綴っています。
      謎が立っています。
      不思議が立っています。

    ともにピアニッシモな群像です。

    紙本:2,160円

  • 『孤島』

    泉井小太郎著

    六角文庫発行

    詩歌

    2018.04.14

    d本:194㌻ 10inch版

    紙本:192㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 22

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    2,160円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    孤島

    泉井小太郎著

    六角文庫発行

     孤島は歌う  孤島は遊ぶ  孤島は悲しむ 詩の孤島で創作してきた著者自選の詩集。 ★刊行記念価格 定価(2000円+税)の2割引

    データ本
    タチヨミのみ
    なし
    読む
    紙の本
    2,160円
    購入

    『孤島』

    泉井小太郎著

    六角文庫発行

    詩歌

    -

     孤島は歌う
     孤島は遊ぶ
     孤島は悲しむ

    詩の孤島で創作してきた著者自選の詩集。

    ★刊行記念価格 定価(2000円+税)の2割引

    紙本:2,160円

  • 『妖怪草紙』

    泉井小太郎著

    六角文庫発行

    文芸

    2018.03.21

    d本:98㌻ 文庫版

    紙本:96㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 12

    レビュー 0

    データ本

    324円

    紙本

    999円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    妖怪草紙

    泉井小太郎著

    六角文庫発行

    20世紀末の妖怪詩的目録とも言える「妖怪草紙 2000」。 雀のひなを育てる現代天狗の切ないポエトリー・ロマン。 ★刊行記念価格 定価(925円+税)の2割引(紙本のみ)

    データ本
    324円
    購入
    紙の本
    999円
    購入

    『妖怪草紙』

    泉井小太郎著

    六角文庫発行

    文芸

    -

    20世紀末の妖怪詩的目録とも言える「妖怪草紙 2000」。
    雀のひなを育てる現代天狗の切ないポエトリー・ロマン。
    ★刊行記念価格 定価(925円+税)の2割引(紙本のみ)

    データ本:324円

    紙本:999円

  • 『ふうら春秋』

    泉井小太郎著

    六角文庫発行

    アート

    2016.11.03

    d本:31㌻ 葉書版

    紙本:32㌻ 葉書版 カラー

    -

    販売数 6

    レビュー 0

    データ本

    324円

    紙本

    1,728円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    ふうら春秋

    泉井小太郎著

    六角文庫発行

    春夏秋冬、風と光の中のふうら(風羅漢)陶像写真集です。 ふうらは、さまざまな土、窯から生まれた旅する羅漢たち。 『ふうら春秋』は31枚のカード(裏面は白紙)を束ねてありますが、一枚一枚剥がして絵葉書として使うこともできます。 最後の一枚のみ2016年生誕300年になる蕪村の像です。<たんぽゝ花咲り三々五々五々は黄に 三々は白し…>と「春風馬堤曲」にあるような情景。記念に収めました。

    データ本
    324円
    購入
    紙の本
    1,728円
    購入

    『ふうら春秋』

    泉井小太郎著

    六角文庫発行

    アート

    -

    春夏秋冬、風と光の中のふうら(風羅漢)陶像写真集です。
    ふうらは、さまざまな土、窯から生まれた旅する羅漢たち。

    『ふうら春秋』は31枚のカード(裏面は白紙)を束ねてありますが、一枚一枚剥がして絵葉書として使うこともできます。
    最後の一枚のみ2016年生誕300年になる蕪村の像です。<たんぽゝ花咲り三々五々五々は黄に 三々は白し…>と「春風馬堤曲」にあるような情景。記念に収めました。

    データ本:324円

    紙本:1,728円

六角文庫

詩人・泉井小太郎と、
画家・音座マリカの、
詩と絵と陶像の六角な七色の世界。ポエジーあふれる本を作ってきました。
http://rokkaku.que.jp/

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 手しごと暮らし

      手しごと暮らし

      小松 愛香著

      あいぼん。出版発行

      「ものづくりの国 にっぽん」最近ではそんな声も当たり前になってきたと思いませんか?
でもその”モノづくり”って特殊な技術を持つ企業や、一部の職人さん達だけの話なの? いえいえ、実は生活の中にも手しごとはいっぱい溢れているのです。 
この「手しごと暮らし」は、日々の暮らしの中でモノづくりを楽しむ、日本各地のつくり手の世界をにスポットライトを当て、日本だけでなく、海外の方にも楽しんでいただける写真集のような電子書籍になっています。 全国から61名のつくり手さんの作品を楽しむことができ、一部ウェブショップで作品を購入することもできます。 あなたもぜひ、お気に入りのつくり手さんとの出会い、作品をお楽しみください。

      データ本
      499円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • iBon/愛本

      iBon/愛本

      あいぼん。著

      あいぼん。発行

      いいものや楽しいこと、ちょっとした疑問や地元『三原』のことをみんなと共有したい。同じ価値観で楽しんでもらえる人にだけお届けしたい、そんな偏った視点でつくっています お店の紹介や、一市民として感じるあれこれを書いています。三原に住む方も、そうでない方も楽しんでもらえるよう、個人的主観で、方言そのままの「話しことば」で書いているのも特徴です。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • 無罪のボクが女体化性裁?

      【あらすじ】 「被告人、清須静雄を、『同害刑』に処す」  それは「同害刑」、あるいは、「同害報復」とも呼ばれた。  内容を一言で言うなら「目には目を、歯には歯を」。  つまり、被害と同一の加害によって報復を行う刑罰のことである。  清須静雄の場合は、「強姦には強姦を」となった。  静雄は裁判中、一貫して無罪を主張していた。  かれは義姉・冬美と関係を持ったが、それは互いに同意を得てのはずだった。  しかし、彼女は一転して強姦を主張し、静雄を刑事裁判に追い込んだ。  静雄には、事実上の極刑である「同害刑」が執行されることとなった。  ナノマシン技術の発達により、性転換はより簡便な技術となった。  静雄は自身の身体を、強引に女体化させられた。  そして、行われる刑の執行――。  凄惨を極める、その内容……。  そして、被害者・冬美の真意が明かされる。 【目次】 プロローグ 第一章 女体化 第二章 輪姦 第三章 同害報復 エピローグ 【登場人物】 ●清洲静雄(20)  強姦事件の犯人として「同害刑」の判決を受けた若者。  しかし、実際は合意の上での行いであり、裁判中は常に無罪を主張していた。  判決後、ナノマシンによって女体化され、同害報復を受ける。 ●駿河冬美(22)  静雄の義姉。静雄の兄と結婚し、同居していた。  静雄とは合意の上で寝たはずが、一転して強姦を主張し、刑事裁判となる。  彼女の真意は、物語の最後で明らかとなる。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • ヤンデレ女に魔法で身体を入れ替えられたボク

      以降、彼女はストーカーと化して、英彦につきまとった。 英彦は、友人の弁護士・壬生和也に相談し、裁判所で決着をつける。 だが、魔女を名乗る火魅子は、ついに最終手段に出た。 火魅子は人格転移の魔法を用い、英彦の肉体を手に入れたのだった。 英彦は女の身体に困惑するが、その後は、火魅子の使い魔による「始末」が待っていた。 三人の屈強な男たちになぶられ続ける、女体の英彦……。 そこに、意外な人物が助けにあらわれる。 だが、発情した女体の英彦は、自分の肉欲を抑えることができなくて……。 はたして、英彦は自分の肉体を取り戻すことができるのか? 総文量は20000字以上! 5000字のムフフなシーンが3回以上! そして、格安! これがエッチなラノベの新たなスタンダードです。 今作はオープニングからHシーン! まずは試し読みからチェック! 【目次】 プロローグ 第一章 人格転移の魔法 第二章 理性粉砕の刺激 第三章 制御不能の肉欲 エピローグ 【登場人物】 ●奥瀬英彦:おくせひでひこ(24) 女顔を気にする、普通のサラリーマン。 だが、魔女の火魅子にストーカーされ、終いには身体を入れ替えられてしまう。 さらには、発情した自分の身体を抑えきれなくなって……? ●油川火魅子:あぶらがわひみこ(?) 英彦が合コンで知り合った自称・魔女。 女顔の英彦を気に入り、以降ストーカーと化す。 さらには、人格転移の魔法を使い、英彦の肉体を乗っ取ってしまう。 ●壬生和也:みずかずや(24) 英彦の親友で、ヤリ手の弁護士。 ストーカー事件の解決を一手に引き受け、英彦を救う。 かつて、女顔の和也にキスをした前科がある。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • 戦場のサンタさん。1

      ある時、ある北国。 少年兵の命は銃より軽い。 少女であればなおさら、その運命は過酷をきわめた…。 そんな国で出逢った、戦うサンタさんと少女兵のものがたり。1巻め。 2016年1月のコミティアにて「おはぎ堂」より発行の自費出版誌です。 ※子どもへの軽度の虐待シーンがあります。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      -
      購入