韓国語書籍

韓国語書籍

冊数 2

紙本 0

更新 2017.11.16

ジャンル カルチャー全般1

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『AMAZING PRESENT(놀라운 선물)』

    Paul Kang著

    JOY出版発行

    カルチャー全般

    2016.07.28

    d本:28㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    기독교의 기본 사상에 대한 것으로 주로 복음이란 무엇인지에 대한 해설이며 복음을 모르는 비기도교인이나 또는 믿는 사람중에서도 아직 복음에 대한 확신이 없는 사람을 위한 교육용으로 만든책.

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    -
    購入

    『AMAZING PRESENT(놀라운 선물)』

    Paul Kang著

    JOY出版発行

    カルチャー全般

    -

    기독교의 기본 사상에 대한 것으로 주로 복음이란 무엇인지에 대한 해설이며 복음을 모르는 비기도교인이나 또는 믿는 사람중에서도 아직 복음에 대한 확신이 없는 사람을 위한 교육용으로 만든책.

    データ本:無料

  • 『무지개 복음』

    강 석재著

    JOY発行

    2018.09.22

    d本:54㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『무지개 복음』

    강 석재著

    JOY発行

    -

    복음을 믿는자에게 주어지는 하나님의 축복은 마치 무지개처럼 빛나는 것으로 일곱가지 축복에 대하여 설명한다.

    データ本:無料

paulkan

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 王さまとたからもの

      ある国に、宝物がとても大好きな王さまがいました。ほかの国に宝物があると聞くと王さまは、とても我慢ができませんでした。すぐに家来の兵隊たちに命令して宝物を奪ってしまいます。王さまは沢山の宝石や宝物に囲まれて毎日がとても幸せでした。だけど…王さまのために一生懸命働いた兵隊たちは、王さまから少しも宝物を分けてもらえませんでした。そのため、王さまの国の兵隊たちや人々はとても貧しかったのですが、王さまはそんなことは少しも知りませんでした。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      759円
      購入
    • 生き地獄への誘い

      生き地獄への誘い

      森田浩章著著

      森田書店出版発行

       コンビニ経営をおかんがえのあなたに僭越ながらご忠告申し上げます。  コンビニ経営を夢見るあなた。  あなたはコンビニ経営契約書にサインをした瞬間、あなたは、いやあなただけではありません。あなたはあなたの大切な御家族ともどもコンビニ本部の口車に誘われ常闇の世界に滑り落ちてしまう可能性があります。  いちど黒闇に覆われた奈落の底、地獄の一丁目一番地一番地に転げ落ちたら最後と思われます。  言い辛いのですが、あなたとあなたの大切なご家族には、今後、元のような穏やかで安寧な暮らしが二度と戻ることはない。とお考えになってもよいかもしれません。  くどいようで申し訳ないのですが、地獄の底に突き落とされたあなた、地獄の淵から這い上がるのは至難な業とお考えください。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      1,491円
      購入
    • 改賊版

      改賊版

      北井戸あや子著

      街灯詩舎発行

      街灯詩舎所属、北井戸あや子 短詩集 改賊版 詩を書きはじめた14年12月から15年5月の二十歳までに作られた詩から厳選して掲載。 勢いの隙間にあそびも散らばる、未成年詩集。 また、ごく僅かな発行となった、短詩集「交錯点」も改訂を加え収録。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,490円
      購入
    • 涙のわけ

      2014年9月20日更新 誤字の訂正。 ………………………… 2014年9月20日更新 目次の改定。 ………………………… 2014年9月20日更新 一部文字追加。 ………………………… 2014年9月20日更新 文字の改定。 ………………………… 2014年9月20日更新 一部文字追加。 ………………………… 2014年9月20日更新 版型の変更。 ………………………… 2014年9月9日更新 一部改変。 ………………………… 2014年9月8日更新 増やした ………………………… 2014年9月8日更新 一部修正。 ………………………… 2014年9月8日更新 作品を増やした。 ………………………… 詩のようなもの、あるいは改行文。 本の版型の変更。 本の版型の変更。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,296円
      購入
    • 最後の花摘み

      空想の上澄みを一滴一滴採集したアフォリズムと一行物語の書から厳選したセンテンスを採録。また、随想的な創作と詩的な思索による短文、断章を綴ったノートを再構成。エピグラム、あるいは箴言集の形で綴られたこれらに、今回加筆修正を施し、文庫サイズにまとめました。 --------------------------------------- 「美意識というものが他の感覚と異なり圧倒的に独立した個としての感性でありうるのは、こと美意識に関してのみ言及すれば、その片鱗に至るまで他者の流儀や哲学に一切の影響を受けたり干渉されてはならないというその一点にある。何を美しいと感じるか、という自由こそが貴方を貴方たらしめるのです」 「あなたが素敵であればあるほど、あなたの隣に居てはいけない」 「行き先を告げてから、もう十五年間タクシーに乗りつづけているのだが、いまだに目的地に辿り着く気配がない」 ――本文より抜粋 本文・表紙デザイン  箒

      データ本
      720円
      購入
      紙の本
      1,733円
      購入
    • 雪とストロベリー

      眠れぬ夜に捧げる、希望と絶望の蝋燭に燈された六十一の幻想小篇集。 著者の処女短篇集であり、大部分が詩に近いレイアウトで少ない文字数によって綴られているばかりか、構成や表現などにも未熟さが香っています。これらが最初に書かれてから時間を経た今、もっと洗練された内容に書き直すことができないわけではありませんが、当時書かれた世界観はそこで完結しており、加筆修正は蛇足になるばかりか、物語本来の持ち味や美点までも殺してしまいかねません。ですから文庫化にあたり、ページ数や編集上の都合からいくつかの話を取捨選択するのみとし、最低限の手を入れる以外はほぼ当初のままにしてあります。 孵化前の稚いアイデアたちが可能性を可能性のまま保持して詰め合わされた標本箱のような本です。習熟した巧緻さとは異なりますが、多様に浮かび上がる自由な発想の束をお楽しみください。 本文・表紙デザイン  箒

      データ本
      720円
      購入
      紙の本
      1,636円
      購入
    • かーそる 2016年11月号

      2017年1月13日更新 2017.01.13 誤字修正 ………………………… 知的生産の技術で盛り上がる雑誌「かーそる」の創刊号です。 目次 ■特集1:脱知的生産の技術 ・知的よ、サラバ(倉下忠憲) ・知的はライフの中にある(Tak.) ・「技術」から「技道」へ(ruu_embo) ・技術ということ、生産ということ(いっき) ・自分が他人に 基準は自分に(choiyaki) ・人間の条件?(Go Fujita) ・誠実なステップは利己的なストーリー(Hibiki Kurosawa) ・「知的生産のフロー」を育てる(irodraw) ■特集2:私と知的生産の技術 ・4日間の見取り図をつくる(Go Fujita) ・知的生産の原風景(Tak.) ・名刺サイズの心と言葉 (Hibiki Kurosawa) ・言葉を整えるための “作業ファイル“ をつくる。(ruu_embo) ・書いてから、書く。(choiyaki) ・ノートと共に生きるということ(倉下忠憲) ・自分のスペースを見る/自分とともに見てくれるもの(いっき) ■コラム ・『アウトライナー実践入門』をめぐる風景(Go Fujita) ・アルテさんのブックガイド 『知的生産の技術』(倉下忠憲) ■巻末のあれこれ ≪刺激剤としての読書案内≫ ≪執筆者一覧≫ ≪Editor's sound≫

      データ本
      800円
      購入
      紙の本
      1,728円
      購入
    • インディーズ作家の生きる道

       Do It Yourself.  言うは易く行うは難し。自分で「やる」道も「やらない」道もある。  誰もが「publisher」になれる時代とはいえ、出版へ至る企画・執筆・編集・校正・制作・流通・宣伝などのプロセスすべてを「自分でやる」ハードルはそれなりに高い。時間は誰にとっても平等で、限りのある資源だ。  既存の商業流通を離れたところにどんな道があるのか、なぜその道を選ぶのか。ともに「書く」ことを仕事としながら、いまは「やらない」道を選んだまつもとあつし氏と、「やる」道を選んだ倉下忠憲氏。進む方角は違えど、それぞれの信じた道だ。二人の語る言葉は、きっと道しるべとなる! ●まつもとあつし 『僕がセルフパブリッシングできてない理由』 (初出:『月刊群雛』2014年05月号) ●倉下忠憲『星空とカレイドスコープ ~セルフパブリッシング作家の多様な存在可能性~』 (初出:『月刊群雛』2014年07月号) 伊富魚(『月刊群雛』2014年10月号表紙イラスト担当)

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      908円
      購入