人間元気の源はどこにあるのか?

火星人舎

人間元気の源はどこにあるのか?

火星人舎

冊数 5

紙本 0

更新 2018.08.05

ジャンル アート4 写真1

このエントリーをはてなブックマークに追加

黙って火星人舎へおいでください!!

  • 『中国ポルノトランプ』

    黄色収集会 編著

    火星人舎発行

    アート

    2018.07.31

    d本:68㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    605円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    中国、清と民国時代の春画(春宮画)トランプです。 古い歴史ある伝統の春宮画をご鑑賞ください。 貴重な一冊です。

    データ本
    605円
    購入
    紙の本
    購入

    『中国ポルノトランプ』

    黄色収集会 編著

    火星人舎発行

    アート

    -

    中国、清と民国時代の春画(春宮画)トランプです。
    古い歴史ある伝統の春宮画をご鑑賞ください。
    貴重な一冊です。

    データ本:605円

  • 『中国春宮圖』

    春宮子 編著

    火星人舎発行

    アート

    2018.07.19

    d本:60㌻ A5変形版

    -

    レビュー 0

    データ本

    605円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    中国春宮圖

    春宮子 編著

    火星人舎発行

    何といっても春画は中国でしょう!!  中国では春画のことを春宮図といいます。  古くから絵画、彫刻、陶芸などの作品の中に、多くの春宮図が見られます。現在入手できるのは、明の時代の一部と清の時代から中華民国時代のものがほとんどです。民間に出回っていたものは絵描きさんが、ほとんど名の知られた人ではないので、稚拙な表現が見られますが、それはまたそれなりにチャイナの雰囲気を見せています。  一方、宮廷で秘蔵されてきた春宮図は、描写・構図ともにそれなりのものが見てとれます。  中国春宮図の概略を観賞できる内容です。

    データ本
    605円
    購入
    紙の本
    購入

    『中国春宮圖』

    春宮子 編著

    火星人舎発行

    アート

    -

    何といっても春画は中国でしょう!!
     中国では春画のことを春宮図といいます。
     古くから絵画、彫刻、陶芸などの作品の中に、多くの春宮図が見られます。現在入手できるのは、明の時代の一部と清の時代から中華民国時代のものがほとんどです。民間に出回っていたものは絵描きさんが、ほとんど名の知られた人ではないので、稚拙な表現が見られますが、それはまたそれなりにチャイナの雰囲気を見せています。
     一方、宮廷で秘蔵されてきた春宮図は、描写・構図ともにそれなりのものが見てとれます。
     中国春宮図の概略を観賞できる内容です。

    データ本:605円

  • 『歓喜佛 彫刻とタンカ』

    火星一人 編著

    火星人舎発行

    写真

    2018.04.17

    d本:64㌻ A5変形版

    -

    レビュー 0

    データ本

    330円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    インドとチベットの歓喜仏の彫刻とタンカ(密教絵画)。 古くからの性愛芸術の収集写真。

    データ本
    330円
    購入
    紙の本
    購入

    『歓喜佛 彫刻とタンカ』

    火星一人 編著

    火星人舎発行

    写真

    -

    インドとチベットの歓喜仏の彫刻とタンカ(密教絵画)。
    古くからの性愛芸術の収集写真。

    データ本:330円

  • 『印度秘戯画』

    赤松子編著

    火星人舎発行

    アート

    2018.03.11

    d本:52㌻ 10inch版

    -

    レビュー 0

    データ本

    660円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    印度秘戯画

    赤松子編著

    火星人舎発行

    古代インドといえば、性愛論書『カーマ・スートラ』が有名である。約4世紀~5世紀にかけ成立したといわれる。本画集は『カーマ・スートラ』をもとに描かれたインドの絵画が主体である。どの絵も、全体的にはよく表情をとらえ、古代インドの性愛事情を物語る一片の妖艶な絵図となっている。

    データ本
    660円
    購入
    紙の本
    購入

    『印度秘戯画』

    赤松子編著

    火星人舎発行

    アート

    -

    古代インドといえば、性愛論書『カーマ・スートラ』が有名である。約4世紀~5世紀にかけ成立したといわれる。本画集は『カーマ・スートラ』をもとに描かれたインドの絵画が主体である。どの絵も、全体的にはよく表情をとらえ、古代インドの性愛事情を物語る一片の妖艶な絵図となっている。

    データ本:660円

  • 『中国革命のエロスー文革春宮画』

    郜科:絵著

    火星人舎発行

    アート

    2018.03.10

    d本:50㌻ 10inch版

    -

    レビュー 0

    データ本

    605円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    中国では1966年から十年余り、文革という政治家幹部の権力闘争があり、民衆もこれに巻き込まれた。国中が政治運動へ落ち込み、食糧もまともに手に入らなくなった。国は疲弊し民衆は沈黙した。 そんな中で画家の郜科氏は、もちまえの反骨精神で、春宮画(春画)の手法で、文革の中でたくましく生きた人々を描きつづけた。本書はその文革の春宮画と風俗画を紹介し、中国の暗黒時期の一端を見ていくものである。

    データ本
    605円
    購入
    紙の本
    購入

    『中国革命のエロスー文革春宮画』

    郜科:絵著

    火星人舎発行

    アート

    -

    中国では1966年から十年余り、文革という政治家幹部の権力闘争があり、民衆もこれに巻き込まれた。国中が政治運動へ落ち込み、食糧もまともに手に入らなくなった。国は疲弊し民衆は沈黙した。
    そんな中で画家の郜科氏は、もちまえの反骨精神で、春宮画(春画)の手法で、文革の中でたくましく生きた人々を描きつづけた。本書はその文革の春宮画と風俗画を紹介し、中国の暗黒時期の一端を見ていくものである。

    データ本:605円

『印度秘戯画』
赤松子編

元気で想像力豊かな中高年でいるために、自分の作りたいものを電子出版したい。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 阪和間直通輸送の復興計画

      戦前の阪和間は、都市間輸送の激戦区として有名でした。 しかし現在は、南海本線・阪和線ともにかつてのような活気は見られないのが実態です。 本書の姉妹編「京阪神間直通輸送の復興計画」ではJRに対する私鉄各社の対抗策を述べましたが、今回はJRも含めた総合的な復興計画を探っています。

      データ本
      330円
      購入
      紙の本
      770円
      購入
    • 京阪神間直通輸送の復興計画

      京阪間と阪神間の直通輸送においては、かつては私鉄が主導権を握っていたものの、近年はJRの猛攻の前に各社とも劣勢であると言われています。 では、京阪神間直通輸送におけるJR・京阪・阪急・阪神の実際のシェアや輸送量はどうなっているのでしょうか。 これについて具体的な数値を示した資料は驚くほど少ないのが実態です。それを可能な限り掘り起こし、今後の展望を探るのが本書の目的です。 第2部では、阪急と京福、京阪と叡電の連携についても述べています。

      データ本
      330円
      購入
      紙の本
      770円
      購入
    • 消えた線路を走る列車

      人生は線路のない上を走る列車のようにいつ脱線したり、行き先が不明であったり不確実なものである。それでも列車はどこまでも走り続ける。人生の最終目的地はどこなのか、何のためには走り続けるのかを一度考えてください。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      858円
      購入
    • 浪漫の喪服を着たままで

      2020年4月24日更新 表紙デザイン変更 ………………………… 2020年4月24日更新 表紙デザインを変更しました。 ………………………… ドリームは人生初の仕事の勤務地は大阪府吹田市の千里ニュータウン内の小学校であった。万博会場も近くにあり、華やいでいた時代である。ドリームは若い女性教師たちとの、ちょっとしたことにも心がときめいたり、落ち込んだりした。そんな中、人生とは革命とはと真剣に考えながら生きていることに一抹の不安が脳裏を過った!

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      792円
      購入
    • エソラコーヘレト(データ配信版)

      考えるということが内容の主軸となっている冊子をまとめました。身近なところから、やたら小難しいところまでと、考えていることは幅広いですが、私がなにかがむしゃらに考えているという点についてはともかく共通しています。 『楽園のまなざし』(2011.11.3)、『エソラコーヘレト』(2012.11.18)、『大切なことは、そんなに多くない。』(2009.5.10/2009.12.6)、および、未発表の文章をまとめました。

      データ本
      550円
      購入
      紙の本
      購入
    • MOJIの群レ(データ配信版)

      小説は、結局のところ文字の群れなんじゃないの? という御意見をもとに書き上げた作品です。モナドを追いかけたり、野菜が氾濫していたり、不思議な列車に乗ったりします。執筆当時、多和田葉子について研究していたため、その影響がかなりにじみ出ています。過去に作成した『MOJIの群レ』(2008.5.11/2009.8.16)と『紙の束』(2011.6.12)との二冊をまとめたものになります。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入