幻舎

幻舎

冊数 10

紙本 0

更新 2018.08.31

ジャンル 文芸10

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『たしかなこと』

    安井一彦著

    幻舎発行

    文芸

    2018.08.31

    d本:174㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『若いということは つまり あおいということで…… 社会とは常に がんこな老人のような世界である そこで若者たちがその時を どう すごしたかではなく どう 生きるかが常に問題になる』 かつて、永島慎二は青年たちの生き方をかくも決然と定義づけた。 いかなる時代にあっても、青春とは未熟と無謀の謂である。おのれの稚拙さに些かも気付く気配はあらぬ。ただ、その青い時代は郷愁の貌を持ち、あまりにも瑞々しくそして美しい。 だからこそ、 「それでも、全く無いというわけじゃない。すくなくとも、ゼロではない。たとえば、そう、いいかい? 僕はいまここに生きている」 こう言い切ることから、青い時代は始まりを告げたのである。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『たしかなこと』

    安井一彦著

    幻舎発行

    文芸

    -

    『若いということは つまり あおいということで……
    社会とは常に がんこな老人のような世界である
    そこで若者たちがその時を どう すごしたかではなく
    どう 生きるかが常に問題になる』

    かつて、永島慎二は青年たちの生き方をかくも決然と定義づけた。
    いかなる時代にあっても、青春とは未熟と無謀の謂である。おのれの稚拙さに些かも気付く気配はあらぬ。ただ、その青い時代は郷愁の貌を持ち、あまりにも瑞々しくそして美しい。
    だからこそ、
    「それでも、全く無いというわけじゃない。すくなくとも、ゼロではない。たとえば、そう、いいかい? 僕はいまここに生きている」
    こう言い切ることから、青い時代は始まりを告げたのである。

    データ本:無料

  • 『青橙の春』

    安井一彦著

    幻舎発行

    文芸

    2018.08.30

    d本:266㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    あの頃は毎日が祝祭だった。 甘く切ない瞬間の持続が僕たちの時間の正体で、拒むものなど何ひとつなかった。 一切が美しくそして敵意に満ちていて、失望もまた甘い自己陶酔なのだった。 だから、あの頃の僕たちは遠い果てなどではなく、《現在─此処》にこそ執着して、脳裏に幽霊のような女神の貌をなぞる。 ぼくはあのとき、たしかに「季節外れのサクラ」を見た。 だから……と言っていい、最後まで希望を捨てきれないままなのだ。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『青橙の春』

    安井一彦著

    幻舎発行

    文芸

    -

    あの頃は毎日が祝祭だった。
    甘く切ない瞬間の持続が僕たちの時間の正体で、拒むものなど何ひとつなかった。

    一切が美しくそして敵意に満ちていて、失望もまた甘い自己陶酔なのだった。
    だから、あの頃の僕たちは遠い果てなどではなく、《現在─此処》にこそ執着して、脳裏に幽霊のような女神の貌をなぞる。

    ぼくはあのとき、たしかに「季節外れのサクラ」を見た。
    だから……と言っていい、最後まで希望を捨てきれないままなのだ。

    データ本:無料

  • 『美しい夏』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    2018.07.12

    d本:50㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    暑い季節が終りを迎えるころ、私はきまって気怠い郷愁の想いに襲われる。 遠い昔のこと、遙かなる郷愁の念に誘われた私は、懐かしい人々と再会したのであった。しかし、これは私自身のまぼろしの物語……。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『美しい夏』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    暑い季節が終りを迎えるころ、私はきまって気怠い郷愁の想いに襲われる。
    遠い昔のこと、遙かなる郷愁の念に誘われた私は、懐かしい人々と再会したのであった。しかし、これは私自身のまぼろしの物語……。

    データ本:無料

  • 『名づけ得ぬもの』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    2018.07.12

    d本:70㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    非日常的な世界は、日々の小さな日常世界の片隅に、不意に貌を覗かせるものだ。 さて、そうであるとして……、 私たちは正常と異常との峻別をどのようになすべきか。 これは、その端境に打ち捨てられることになった魂の物語である。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『名づけ得ぬもの』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    非日常的な世界は、日々の小さな日常世界の片隅に、不意に貌を覗かせるものだ。
    さて、そうであるとして……、
    私たちは正常と異常との峻別をどのようになすべきか。
    これは、その端境に打ち捨てられることになった魂の物語である。

    データ本:無料

  • d本:242㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    1921年に発表されたダンセイニの長編戯曲である。 95年目を迎えるこの作品は、やはり秀逸のひとことに尽きる。幾度読みなおしても、そのつど新しい感慨にひたることが出来るのだ。 いざ、読まれよ、諸君!

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『もしも、あの時』

    -

    1921年に発表されたダンセイニの長編戯曲である。
    95年目を迎えるこの作品は、やはり秀逸のひとことに尽きる。幾度読みなおしても、そのつど新しい感慨にひたることが出来るのだ。
    いざ、読まれよ、諸君!

    データ本:無料

  • d本:184㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    発表からすでに125年、さすがに文体の古さは否めないが、その主題は依然として我々のこころを魅了してやまない。 発表当時は、非道徳であるという非難が浴びせられたが、非道徳的なるは、まさに当時の道徳観そのものであった。 かつて、本邦でも多くの出版社から刊行されたが、昨今ではことごとく絶版である。 この不本意な結末こそ、この国における出版界の限界なのであろう。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『春の目ざめ』

    -

    発表からすでに125年、さすがに文体の古さは否めないが、その主題は依然として我々のこころを魅了してやまない。
    発表当時は、非道徳であるという非難が浴びせられたが、非道徳的なるは、まさに当時の道徳観そのものであった。
    かつて、本邦でも多くの出版社から刊行されたが、昨今ではことごとく絶版である。
    この不本意な結末こそ、この国における出版界の限界なのであろう。

    データ本:無料

  • d本:246㌻ 10inch版

    -

    レビュー 0

    データ本

    378円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    幻想作家として知られるロード・ダンセイニの戯曲集。 戯曲家・ダンセイニが発表した初期の作品群、「五話集」と「神々と人間」の翻訳。 この馥郁たる読書空間……、さながら稲垣足穂の作品世界を逍遥するかのようである。

    データ本
    378円
    購入
    紙の本
    購入

    『神々と人間』

    -

    幻想作家として知られるロード・ダンセイニの戯曲集。
    戯曲家・ダンセイニが発表した初期の作品群、「五話集」と「神々と人間」の翻訳。
    この馥郁たる読書空間……、さながら稲垣足穂の作品世界を逍遥するかのようである。

    データ本:378円

  • 『愚者の螺旋劇場』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    2016.06.11

    d本:362㌻ A5変形版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    夢は、有益だ、そいつは想像力を働かせる。そのほかはすべて失望と疲労を与えるだけだ。僕の旅は完全に想像のものだ。それが強みだ。 それは生から死への旅だ。ひとも、けものも、街も自然も一切が想像のものだ。これは小説、つまりまったくの作り話だ。リトレもそう定義している。まちがいない。 それに第一、これはだれにだってできることだ。目を閉じさえすればよい。 すると人生の向こう側だ。 (ルイ=フェルディナン・セリーヌ『夜の果てへの旅』)

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『愚者の螺旋劇場』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    夢は、有益だ、そいつは想像力を働かせる。そのほかはすべて失望と疲労を与えるだけだ。僕の旅は完全に想像のものだ。それが強みだ。
    それは生から死への旅だ。ひとも、けものも、街も自然も一切が想像のものだ。これは小説、つまりまったくの作り話だ。リトレもそう定義している。まちがいない。
    それに第一、これはだれにだってできることだ。目を閉じさえすればよい。
    すると人生の向こう側だ。
    (ルイ=フェルディナン・セリーヌ『夜の果てへの旅』)

    データ本:無料

  • 『パンタレイ奇譚』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    2018.07.10

    d本:300㌻ 10inch版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    忘れたことさえ忘れたならば、私たちにはなにが残されているのだろうか。忘却の世界で、指の隙間からこぼれ落ちる砂の流れを、私たちはただ凝っと虚ろに眺めるだけなのだろうか……。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『パンタレイ奇譚』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    忘れたことさえ忘れたならば、私たちにはなにが残されているのだろうか。忘却の世界で、指の隙間からこぼれ落ちる砂の流れを、私たちはただ凝っと虚ろに眺めるだけなのだろうか……。

    データ本:無料

  • d本:222㌻ 10inch版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    私たちとはだれか、どこからきたのか、どこへゆくのか、私たちはなにをまちうけているのか。なにが私たちをまちうけているのか……。 徒労の青春を過ごした、かつての青年たちに捧ぐ

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『友よ、我が郷愁を撃て!』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    私たちとはだれか、どこからきたのか、どこへゆくのか、私たちはなにをまちうけているのか。なにが私たちをまちうけているのか……。

    徒労の青春を過ごした、かつての青年たちに捧ぐ

    データ本:無料

香田波都

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • ポップンルージュ

      一方通行ってバックで走ったら逆走になるのかな? ふと浮かんだつまらない疑問を解消すべく警察に行った主人公。 そこで出会った警部の勘違いから、思わぬ事態に。 これはSFなのか? ※くだらないのでご注意ください。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • ダブルピースで決めっ!

      バイトしている工場について友達に電話で話しているハジメ君。 ハジメ君がしでかすミスから工場はとんでもない事態に陥るが・・・。その工場が作っているものとは? ハジメ君は本当は何者なのか? そして、そこには衝撃の結末が待っていた。 ※ちょっと読みにくいかもしれません。くだらない感じですし。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 魔女喰い モード1

      魔女喰い モード1

      ふぃろ著

      ふぃろ出版発行

      2016年5月10日更新 モード1(非公開)完結しました。 ………………………… 魔女喰い(公開版)の非公開部分をディレクターズカットにて再編集しました。 https://bccks.jp/bcck/129523/info

      データ本
      270円
      購入
      紙の本
      767円
      購入
    • 魔女喰い

      魔女喰い

      ふぃろ著

      ふぃろ出版発行

      2016年3月2日更新 エピローグ追加。そして第一部完結です。ありがとうございました。 ………………………… 2016年1月27日更新 プロローグ:心夜 を追加しました。 ………………………… 2015年12月21日更新 プロローグを追加しました。 ………………………… 2015年11月11日更新 只今第三部完結です。 第三部構成になるよう編集しました。 ………………………… 2015年10月27日更新 9話更新しました。 ………………………… 2015年10月27日更新 Note.muで毎月執筆している公開バージョンを新たに追加しました。 ………………………… これはNote.muで作成した二毛作小説の公開編 Note.muでは有料版に真相編があります。 公開されている情報は氷山の一角の出来事だった。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      810円
      購入
    • 波長

      波長

      竹島八百富著

      Smart JUKU出版発行

      ★★新感覚ホラー★★  突然……見えるべきものではないものが見えてしまった。それがこの世のものではないことを知り、自分に何かを訴えているとしたら?  ある日、部活指導の終わりに、運動場で自校の生徒らしからぬ少年の姿を見てしまった新任教師の木村。  それからというもの、その少年は、思わぬところで木村に姿を見せる。  もし、あなたなら、彼らの訴えを聞き入れますか? それとも……?  この世のものと、この世のものではないものの【波長】が合ってしまったとき、生者は受け身になるだけなのか……?  夢に見る数字、体に残る感触、スマホに録音されたもの……多くの「点」が一気に「線」となり謎が解けたとき、壮絶な結末を迎える。  そして、誰も予想だにしない終結が……。

      データ本
      324円
      購入
      紙の本
      購入
    • 独り雛2014(サンプル版)

      小説家や漫画家などの作家志望、クリエイティブ志望の皆様へ  ほんの一歩の歩みを戸惑っている方にお伝えしたい。自分の脳内の空想が活字や絵となって、他人様に目を通してもらうのは快感です。  この本は、HOW TO本でもノウハウ本でもありません。私、竹島八百富個人の『自分の、自分による、自分のための本』です。 『月刊群雛』で掲載していただいた作品を、出版順に、キャッチコピー、インタビュー、本文を(ほぼ)そのまま(多少変更あり)まとめたものです。またインタビュー記事も、今更再読すると、こっぱずかしくて照れ臭くなりますが、(ほぼ)そのまま掲載致しました。  改めて申し上げます。  本書のコンセプトは、正に記述通り、【自己満足の本】です。  それでありながら、尚且つ、お世話になっている『月刊群雛』へのリスペクト、敬意の表れでもあります。  幾度か作品を『月刊群雛』で掲載していただいて、いつしか創作の世界が楽しくなってきました。こんな自己満足な思いを体験していただきたく出したものです。  この本によって、少しでも『月刊群雛』に興味を引いて頂き、自分も参加したい、と思う方が増えればとの願いから作った本でもあります。  参加するのに、難しいルールはありません。ご興味を頂けたら幸いです。  さあ、自分もなんか書きたい(描きたい)とお思いの方、【日本独立作家同盟】にポチッと参加表明の意思表示をしてみて下さい。そして、『月刊群雛』に作品を投稿してみましょう。ちな、早い者勝ちです。  で、いつか、こうやって自己満足本を出してみましょう。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入