幻舎

幻舎

冊数 10

紙本 0

更新 2018.08.31

ジャンル 文芸10

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『たしかなこと』

    安井一彦著

    幻舎発行

    文芸

    2018.08.31

    d本:174㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『若いということは つまり あおいということで…… 社会とは常に がんこな老人のような世界である そこで若者たちがその時を どう すごしたかではなく どう 生きるかが常に問題になる』 かつて、永島慎二は青年たちの生き方をかくも決然と定義づけた。 いかなる時代にあっても、青春とは未熟と無謀の謂である。おのれの稚拙さに些かも気付く気配はあらぬ。ただ、その青い時代は郷愁の貌を持ち、あまりにも瑞々しくそして美しい。 だからこそ、 「それでも、全く無いというわけじゃない。すくなくとも、ゼロではない。たとえば、そう、いいかい? 僕はいまここに生きている」 こう言い切ることから、青い時代は始まりを告げたのである。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『たしかなこと』

    安井一彦著

    幻舎発行

    文芸

    -

    『若いということは つまり あおいということで……
    社会とは常に がんこな老人のような世界である
    そこで若者たちがその時を どう すごしたかではなく
    どう 生きるかが常に問題になる』

    かつて、永島慎二は青年たちの生き方をかくも決然と定義づけた。
    いかなる時代にあっても、青春とは未熟と無謀の謂である。おのれの稚拙さに些かも気付く気配はあらぬ。ただ、その青い時代は郷愁の貌を持ち、あまりにも瑞々しくそして美しい。
    だからこそ、
    「それでも、全く無いというわけじゃない。すくなくとも、ゼロではない。たとえば、そう、いいかい? 僕はいまここに生きている」
    こう言い切ることから、青い時代は始まりを告げたのである。

    データ本:無料

  • 『青橙の春』

    安井一彦著

    幻舎発行

    文芸

    2018.08.30

    d本:266㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    あの頃は毎日が祝祭だった。 甘く切ない瞬間の持続が僕たちの時間の正体で、拒むものなど何ひとつなかった。 一切が美しくそして敵意に満ちていて、失望もまた甘い自己陶酔なのだった。 だから、あの頃の僕たちは遠い果てなどではなく、《現在─此処》にこそ執着して、脳裏に幽霊のような女神の貌をなぞる。 ぼくはあのとき、たしかに「季節外れのサクラ」を見た。 だから……と言っていい、最後まで希望を捨てきれないままなのだ。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『青橙の春』

    安井一彦著

    幻舎発行

    文芸

    -

    あの頃は毎日が祝祭だった。
    甘く切ない瞬間の持続が僕たちの時間の正体で、拒むものなど何ひとつなかった。

    一切が美しくそして敵意に満ちていて、失望もまた甘い自己陶酔なのだった。
    だから、あの頃の僕たちは遠い果てなどではなく、《現在─此処》にこそ執着して、脳裏に幽霊のような女神の貌をなぞる。

    ぼくはあのとき、たしかに「季節外れのサクラ」を見た。
    だから……と言っていい、最後まで希望を捨てきれないままなのだ。

    データ本:無料

  • 『美しい夏』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    2018.07.12

    d本:50㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    暑い季節が終りを迎えるころ、私はきまって気怠い郷愁の想いに襲われる。 遠い昔のこと、遙かなる郷愁の念に誘われた私は、懐かしい人々と再会したのであった。しかし、これは私自身のまぼろしの物語……。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『美しい夏』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    暑い季節が終りを迎えるころ、私はきまって気怠い郷愁の想いに襲われる。
    遠い昔のこと、遙かなる郷愁の念に誘われた私は、懐かしい人々と再会したのであった。しかし、これは私自身のまぼろしの物語……。

    データ本:無料

  • 『名づけ得ぬもの』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    2018.07.12

    d本:70㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    非日常的な世界は、日々の小さな日常世界の片隅に、不意に貌を覗かせるものだ。 さて、そうであるとして……、 私たちは正常と異常との峻別をどのようになすべきか。 これは、その端境に打ち捨てられることになった魂の物語である。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『名づけ得ぬもの』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    非日常的な世界は、日々の小さな日常世界の片隅に、不意に貌を覗かせるものだ。
    さて、そうであるとして……、
    私たちは正常と異常との峻別をどのようになすべきか。
    これは、その端境に打ち捨てられることになった魂の物語である。

    データ本:無料

  • d本:242㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    1921年に発表されたダンセイニの長編戯曲である。 95年目を迎えるこの作品は、やはり秀逸のひとことに尽きる。幾度読みなおしても、そのつど新しい感慨にひたることが出来るのだ。 いざ、読まれよ、諸君!

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『もしも、あの時』

    -

    1921年に発表されたダンセイニの長編戯曲である。
    95年目を迎えるこの作品は、やはり秀逸のひとことに尽きる。幾度読みなおしても、そのつど新しい感慨にひたることが出来るのだ。
    いざ、読まれよ、諸君!

    データ本:無料

  • d本:184㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    発表からすでに125年、さすがに文体の古さは否めないが、その主題は依然として我々のこころを魅了してやまない。 発表当時は、非道徳であるという非難が浴びせられたが、非道徳的なるは、まさに当時の道徳観そのものであった。 かつて、本邦でも多くの出版社から刊行されたが、昨今ではことごとく絶版である。 この不本意な結末こそ、この国における出版界の限界なのであろう。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『春の目ざめ』

    -

    発表からすでに125年、さすがに文体の古さは否めないが、その主題は依然として我々のこころを魅了してやまない。
    発表当時は、非道徳であるという非難が浴びせられたが、非道徳的なるは、まさに当時の道徳観そのものであった。
    かつて、本邦でも多くの出版社から刊行されたが、昨今ではことごとく絶版である。
    この不本意な結末こそ、この国における出版界の限界なのであろう。

    データ本:無料

  • d本:246㌻ 10inch版

    -

    レビュー 0

    データ本

    385円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    幻想作家として知られるロード・ダンセイニの戯曲集。 戯曲家・ダンセイニが発表した初期の作品群、「五話集」と「神々と人間」の翻訳。 この馥郁たる読書空間……、さながら稲垣足穂の作品世界を逍遥するかのようである。

    データ本
    385円
    購入
    紙の本
    購入

    『神々と人間』

    -

    幻想作家として知られるロード・ダンセイニの戯曲集。
    戯曲家・ダンセイニが発表した初期の作品群、「五話集」と「神々と人間」の翻訳。
    この馥郁たる読書空間……、さながら稲垣足穂の作品世界を逍遥するかのようである。

    データ本:385円

  • 『愚者の螺旋劇場』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    2016.06.11

    d本:362㌻ A5変形版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    夢は、有益だ、そいつは想像力を働かせる。そのほかはすべて失望と疲労を与えるだけだ。僕の旅は完全に想像のものだ。それが強みだ。 それは生から死への旅だ。ひとも、けものも、街も自然も一切が想像のものだ。これは小説、つまりまったくの作り話だ。リトレもそう定義している。まちがいない。 それに第一、これはだれにだってできることだ。目を閉じさえすればよい。 すると人生の向こう側だ。 (ルイ=フェルディナン・セリーヌ『夜の果てへの旅』)

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『愚者の螺旋劇場』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    夢は、有益だ、そいつは想像力を働かせる。そのほかはすべて失望と疲労を与えるだけだ。僕の旅は完全に想像のものだ。それが強みだ。
    それは生から死への旅だ。ひとも、けものも、街も自然も一切が想像のものだ。これは小説、つまりまったくの作り話だ。リトレもそう定義している。まちがいない。
    それに第一、これはだれにだってできることだ。目を閉じさえすればよい。
    すると人生の向こう側だ。
    (ルイ=フェルディナン・セリーヌ『夜の果てへの旅』)

    データ本:無料

  • 『パンタレイ奇譚』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    2018.07.10

    d本:300㌻ 10inch版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    忘れたことさえ忘れたならば、私たちにはなにが残されているのだろうか。忘却の世界で、指の隙間からこぼれ落ちる砂の流れを、私たちはただ凝っと虚ろに眺めるだけなのだろうか……。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『パンタレイ奇譚』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    忘れたことさえ忘れたならば、私たちにはなにが残されているのだろうか。忘却の世界で、指の隙間からこぼれ落ちる砂の流れを、私たちはただ凝っと虚ろに眺めるだけなのだろうか……。

    データ本:無料

  • d本:222㌻ 10inch版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    私たちとはだれか、どこからきたのか、どこへゆくのか、私たちはなにをまちうけているのか。なにが私たちをまちうけているのか……。 徒労の青春を過ごした、かつての青年たちに捧ぐ

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『友よ、我が郷愁を撃て!』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    私たちとはだれか、どこからきたのか、どこへゆくのか、私たちはなにをまちうけているのか。なにが私たちをまちうけているのか……。

    徒労の青春を過ごした、かつての青年たちに捧ぐ

    データ本:無料

香田波都

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 계획된 종말

      2013年2月6日更新 誤文字が確認され修正いたしました。 ………………………… 2013年1月12日更新 계획된 종말 최종 증보판입니다. ………………………… 먼저 깨달아야 할 것은 하나님께서 세상을 창조하실 때 이미 이 지구의 종말을 계획하고 창조하셨다는 것이다.그 해답은 다음 말씀이다. 이사야46:8~10절에“내가 종말(마지막,끝,미래,끝 시간)을 처음(시작, 최초)부터 고하며(예언하다) 아직 이루지 아니한 일을 옛적부터 보이고 이르기를 나의 모략이 설 것이니 내가 나의 모든 기뻐하는 것을 이루리라 하였노라”고 말씀하셨다.즉,이 세상을 창조하실 때 이미 이 지구의 종말을 계획하고 창조하셨다는 것이다.구약성경에 기록된 예언의 말씀에 대하여 더 정확하고 명확한 해답이 신약성경에 기록되어 있다. 베드로후서 3:7절에“이제 하늘과 땅은 그 동일한 말씀으로 불사르기 위하여 간수하신바 되어 경건치 아니한 사람들의 심판과 멸망의 날까지 보존하여 두신 것이니라” 즉,지금 보이는 이 지구 즉,하늘(천)과 땅(지)은 그 동일한 말씀(구약성경에 예언하신대로)대로 불사르기 위해서 간수하고 계시는데,이 지구의 마지막 날은 바로 경건치 아니한 사람들의 심판과 멸망의 날이 될 것이며,그 날까지 보이는 하늘과 땅과 그 가운데 모든 만물을 보존해 두시고 계신다는 것이다.이 말은 실로 엄청난 예언이다.이 세상에 그 어떤 책이나 사람들이 이렇게 정확하게 보이는 이 지구와 그 가운데 있는 모든 만물의 마지막 날에 대해서,그 마지막 날에 어떻게 종말을 맞게 될 것인지에 대해서 기록하고 있으며,말하고 있는가?

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,001円
      購入
    • 計画された終末

      計画された終末

      申玉珠牧師著

      ソロモンの知恵出版発行

      2014年9月7日更新 全世界に来ようとしている大患難、いまだかつてなかったような試練の時が私たちの目の前に来ている。 ………………………… 大患難 マタイ24章21節 そのときには、世の初めから、今に至るまで、いまだかつてなかったような、またこれからもないような、ひどい苦難があるからです。 マルコ13章19節 その日は、神が天地を創造された初めから、今に至るまでいまだかつてなかったような、またこれからもないような苦難の日だからです。 どんなにひどい苦難かな、その日数が少なくされなかったら、この地の上にいるすべての人はもちろん、神を信じるという者たちさえも、ひどい苦難から救われることは難しいであろうと強調している預言の御言葉である。ここで、私たちが今まで見聞きして来た終わりの時に対するあらゆる人々の聖書的でないことばを捨てなければならない すなわち、苦難の前にクリスチャンはみな携挙されるという話や、苦難がないという話、今キリストと共に歩んでいるから天国地獄も否認する人々の話など…そこで、かならず、生きておられる神のことばだけを信じなければならないということである。これに対してよりはっきり預言されている解答の御言葉を探して思い浮かんで見よう 黙示録9章6節 その期間には、人々は死を求めるが、どうしても見いだせず、死を願うが、死が彼から逃げて行くのである。 その日に起こる大苦難は、耐えられないほどの苦しさのあまり、死を求めるが、死が彼から逃げて行くと預言している。言い換えれば、苦しさのあまり死にたくても自ら命を絶つこともできない大苦難であることが含まれた預言の御言葉である。それで、神はご自分が選ばれた者たちのため、その日を少なくされるとすでに預言しておかれたのである。次の御言葉を通じて聖霊の御声を聞こう。 マタイ24章22節 もし、その日数が少なくされなかったら、ひとりとして救われる者はないでしょう。しかし、選ばれた者のために、その日数は少なくされます。 マルコ13章20節 そして、もし主がその日数を少なくして下さらないなら、ひとりとして救われる者はないでしょう。しかし、主は、ご自分で選んだ選びの民のために、その日数を少なくしてくださったのです。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • IN THE PRISON

      IN THE PRISON

      松本弦人著

      天然文庫発行

      囚人番号466番 松本弦人の「獄中デザイン記」。刑務所という完全カンヅメ状態で延べ1000時間、黒・赤・青のボールペン十二本を使い切って描き殴ったうめき声のような三冊のノートは、「デザインの不必要な作家領域」を嫌う松本弦人の「抗いようのない作品集」となっている。

      データ本
      440円
      購入
      紙の本
      1,342円
      購入
    • 愛し、日々

      愛し、日々

      寺尾紗穂著

      天然文庫発行

      透明感あふれる清冽な歌声と類稀な詩世界の鋭さ、美しさで今最も注目されるシンガー・ソングライター、寺尾紗穂の処女エッセイ集。18歳から28歳の現在に至る10年間の時の移ろいを残酷なまでに浮き彫りにする、ワルツのように愛(かな)しい青春の記念碑。

      データ本
      880円
      購入
      紙の本
      1,540円
      購入