幻舎

幻舎

冊数 9

紙本 0

更新 2018.08.31

ジャンル 文芸9

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『たしかなこと』

    安井一彦著

    幻舎発行

    文芸

    2018.08.31

    d本:174㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『若いということは つまり あおいということで…… 社会とは常に がんこな老人のような世界である そこで若者たちがその時を どう すごしたかではなく どう 生きるかが常に問題になる』 かつて、永島慎二は青年たちの生き方をかくも決然と定義づけた。 いかなる時代にあっても、青春とは未熟と無謀の謂である。おのれの稚拙さに些かも気付く気配はあらぬ。ただ、その青い時代は郷愁の貌を持ち、あまりにも瑞々しくそして美しい。 だからこそ、 「それでも、全く無いというわけじゃない。すくなくとも、ゼロではない。たとえば、そう、いいかい? 僕はいまここに生きている」 こう言い切ることから、青い時代は始まりを告げたのである。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『たしかなこと』

    安井一彦著

    幻舎発行

    文芸

    -

    『若いということは つまり あおいということで……
    社会とは常に がんこな老人のような世界である
    そこで若者たちがその時を どう すごしたかではなく
    どう 生きるかが常に問題になる』

    かつて、永島慎二は青年たちの生き方をかくも決然と定義づけた。
    いかなる時代にあっても、青春とは未熟と無謀の謂である。おのれの稚拙さに些かも気付く気配はあらぬ。ただ、その青い時代は郷愁の貌を持ち、あまりにも瑞々しくそして美しい。
    だからこそ、
    「それでも、全く無いというわけじゃない。すくなくとも、ゼロではない。たとえば、そう、いいかい? 僕はいまここに生きている」
    こう言い切ることから、青い時代は始まりを告げたのである。

    データ本:無料

  • 『青橙の春』

    安井一彦著

    幻舎発行

    文芸

    2018.08.30

    d本:266㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    あの頃は毎日が祝祭だった。 甘く切ない瞬間の持続が僕たちの時間の正体で、拒むものなど何ひとつなかった。 一切が美しくそして敵意に満ちていて、失望もまた甘い自己陶酔なのだった。 だから、あの頃の僕たちは遠い果てなどではなく、《現在─此処》にこそ執着して、脳裏に幽霊のような女神の貌をなぞる。 ぼくはあのとき、たしかに「季節外れのサクラ」を見た。 だから……と言っていい、最後まで希望を捨てきれないままなのだ。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『青橙の春』

    安井一彦著

    幻舎発行

    文芸

    -

    あの頃は毎日が祝祭だった。
    甘く切ない瞬間の持続が僕たちの時間の正体で、拒むものなど何ひとつなかった。

    一切が美しくそして敵意に満ちていて、失望もまた甘い自己陶酔なのだった。
    だから、あの頃の僕たちは遠い果てなどではなく、《現在─此処》にこそ執着して、脳裏に幽霊のような女神の貌をなぞる。

    ぼくはあのとき、たしかに「季節外れのサクラ」を見た。
    だから……と言っていい、最後まで希望を捨てきれないままなのだ。

    データ本:無料

  • 『美しい夏』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    2018.07.12

    d本:50㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    暑い季節が終りを迎えるころ、私はきまって気怠い郷愁の想いに襲われる。 遠い昔のこと、遙かなる郷愁の念に誘われた私は、懐かしい人々と再会したのであった。しかし、これは私自身のまぼろしの物語……。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『美しい夏』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    暑い季節が終りを迎えるころ、私はきまって気怠い郷愁の想いに襲われる。
    遠い昔のこと、遙かなる郷愁の念に誘われた私は、懐かしい人々と再会したのであった。しかし、これは私自身のまぼろしの物語……。

    データ本:無料

  • 『名づけ得ぬもの』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    2018.07.12

    d本:70㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    非日常的な世界は、日々の小さな日常世界の片隅に、不意に貌を覗かせるものだ。 さて、そうであるとして……、 私たちは正常と異常との峻別をどのようになすべきか。 これは、その端境に打ち捨てられることになった魂の物語である。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『名づけ得ぬもの』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    非日常的な世界は、日々の小さな日常世界の片隅に、不意に貌を覗かせるものだ。
    さて、そうであるとして……、
    私たちは正常と異常との峻別をどのようになすべきか。
    これは、その端境に打ち捨てられることになった魂の物語である。

    データ本:無料

  • d本:242㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    1921年に発表されたダンセイニの長編戯曲である。 95年目を迎えるこの作品は、やはり秀逸のひとことに尽きる。幾度読みなおしても、そのつど新しい感慨にひたることが出来るのだ。 いざ、読まれよ、諸君!

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『もしも、あの時』

    -

    1921年に発表されたダンセイニの長編戯曲である。
    95年目を迎えるこの作品は、やはり秀逸のひとことに尽きる。幾度読みなおしても、そのつど新しい感慨にひたることが出来るのだ。
    いざ、読まれよ、諸君!

    データ本:無料

  • d本:184㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    発表からすでに125年、さすがに文体の古さは否めないが、その主題は依然として我々のこころを魅了してやまない。 発表当時は、非道徳であるという非難が浴びせられたが、非道徳的なるは、まさに当時の道徳観そのものであった。 かつて、本邦でも多くの出版社から刊行されたが、昨今ではことごとく絶版である。 この不本意な結末こそ、この国における出版界の限界なのであろう。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『春の目ざめ』

    -

    発表からすでに125年、さすがに文体の古さは否めないが、その主題は依然として我々のこころを魅了してやまない。
    発表当時は、非道徳であるという非難が浴びせられたが、非道徳的なるは、まさに当時の道徳観そのものであった。
    かつて、本邦でも多くの出版社から刊行されたが、昨今ではことごとく絶版である。
    この不本意な結末こそ、この国における出版界の限界なのであろう。

    データ本:無料

  • 『愚者の螺旋劇場』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    2016.06.11

    d本:362㌻ A5変形版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    夢は、有益だ、そいつは想像力を働かせる。そのほかはすべて失望と疲労を与えるだけだ。僕の旅は完全に想像のものだ。それが強みだ。 それは生から死への旅だ。ひとも、けものも、街も自然も一切が想像のものだ。これは小説、つまりまったくの作り話だ。リトレもそう定義している。まちがいない。 それに第一、これはだれにだってできることだ。目を閉じさえすればよい。 すると人生の向こう側だ。 (ルイ=フェルディナン・セリーヌ『夜の果てへの旅』)

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『愚者の螺旋劇場』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    夢は、有益だ、そいつは想像力を働かせる。そのほかはすべて失望と疲労を与えるだけだ。僕の旅は完全に想像のものだ。それが強みだ。
    それは生から死への旅だ。ひとも、けものも、街も自然も一切が想像のものだ。これは小説、つまりまったくの作り話だ。リトレもそう定義している。まちがいない。
    それに第一、これはだれにだってできることだ。目を閉じさえすればよい。
    すると人生の向こう側だ。
    (ルイ=フェルディナン・セリーヌ『夜の果てへの旅』)

    データ本:無料

  • 『パンタレイ奇譚』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    2018.07.10

    d本:300㌻ 10inch版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    忘れたことさえ忘れたならば、私たちにはなにが残されているのだろうか。忘却の世界で、指の隙間からこぼれ落ちる砂の流れを、私たちはただ凝っと虚ろに眺めるだけなのだろうか……。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『パンタレイ奇譚』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    忘れたことさえ忘れたならば、私たちにはなにが残されているのだろうか。忘却の世界で、指の隙間からこぼれ落ちる砂の流れを、私たちはただ凝っと虚ろに眺めるだけなのだろうか……。

    データ本:無料

  • d本:222㌻ 10inch版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    私たちとはだれか、どこからきたのか、どこへゆくのか、私たちはなにをまちうけているのか。なにが私たちをまちうけているのか……。 徒労の青春を過ごした、かつての青年たちに捧ぐ

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『友よ、我が郷愁を撃て!』

    香田波都著

    幻舎発行

    文芸

    -

    私たちとはだれか、どこからきたのか、どこへゆくのか、私たちはなにをまちうけているのか。なにが私たちをまちうけているのか……。

    徒労の青春を過ごした、かつての青年たちに捧ぐ

    データ本:無料

香田波都

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店